アンドレーエフ、レオニード・ニコラーエビチ
1871-1919

Andreev, Leonid Nikolaevich
Андреев, Леонид Николаевич

アンドレーエフ肖像 小説家、劇作家。

オリョールに生れた。大学卒業後、弁護士事務所の助手として働いている時、新聞社の依頼で裁判記録を執筆し、作家活動に入る。ゴーリキーの庇護のもとに一躍流行作家となった。写実的傾向から表現主義的、象徴主義的な作風に転じ、死と性の問題を基本的なテーマとした作品を発表した。作品に「赤い笑い」(1904)、戯曲「人間の一生」(1907)などがる。


e-mail:svetilnikru@mail.ru