ザミャーチン、エヴゲーニイ・イワーノヴィチ
1884-1937

Zamyatin, Evgenii Ivanovich
Замятин, Евгений Иванович

ザミャーチン肖像 小説家。

タンボーフ県レベジャーニに生れた。ペテルブルグ理工科大学在学中から革命運動に参加し、追放・流刑の生活を送る。1912年「ある地方の物語り」、つづいて「地方の果てで」(1914)を発表して、ネオ・リアリズム派の作家として注目を集める。1915年には造船技師としてイギリスに派遣され、その体験をもとにイギリス紳士の偽善を暴いた中編小説「島の人々」(1918)を発表する。10月革命後にはゴーリキーブロークらと精力的な創作・評論活動を行い、共産主義を批判した小説「われら」を国外で出版したため激しい非難を浴び、1932年にパリに亡命した。


e-mail:svetilnikru@mail.ru