ベールイ、アンドレイ
1880-1934

Belyi, Andrei
Белый, Андрей

ベールイ肖像 詩人、作家、批評家。

本名ブガーエフBugaev, Boris Nikolaevich。モスクワ大学の数学教授の家に生まれ、みずからもモスクワ大学数学科を卒業した。早くからニーチェ、V.S.ソロブヨフなどの影響を受け、詩人として出発し、ブローク、V.I.イワーノフとともに後期ロシア象徴派の中心的存在として活躍した。

初期の詩集には「るり色の中の黄金」(1904)、「灰」(1909)など、評論集に「象徴主義」(1910)などがあるが、並行して、ワーグナー、グリーグの影響の下に音楽の技法を文学に取り込もうとした「北方交響楽」(第1、英雄的1903)をはじめとする4篇の、いずれも「交響楽」と名付けられた野心的長篇散文詩が書かれた。この試みは、ロシアにおける東洋と西洋の対立を扱った、ゴーゴリの影響著しい「銀の鳩」(1909)、最大の傑作「ペテルブルグ」(1913-14)などの小説作品に受け継がれたこととなった。このころからR.シュタイナーの人智学の運動に対する関心が強まったが、1917年の十月革命に対してはメシアニズムの立場から共感を寄せ、長詩「キリストは甦りたまいぬ」(1918)を発表した。シュルレアリズム的自伝的小説「コーチク・レターエフ」(1922)、自伝的長詩「最初の出合い」(1921)などを書いた後、一時ベルリンに亡命したが、まもなく帰国し、孤立した中で、「モスクワ」(1926)などの小説、「二つの世紀の境にて」(1930)などの回想記、「弁証法としてのリズムと「青銅の騎士」」(1929)、遺作「ゴーゴリの創作技巧」(1934)などの批評作品を相次いで発表した。壮大な実験精神に貫かれた散文作品群は、ザミャーチン、ピリニャーク、「セラピオン兄弟」をはじめ多くの作家に強い影響を及ぼし、また、綺想と数学的・具体的例証に満ちた批評の仕事は、フォルマリズムの成果を先取するものとなっている。


e-mail:svetilnikru@mail.ru