ブリューソフ、ワレリー・ヤーコヴレビチ
1873-1924

Bryusov, Valerii Yakovlevich
Брюсов, Валерий Яковлевич

ブリューソフ肖像 詩人、批評家。

ベルレーヌやマラルメらの影響をうけ、1894年《ロシア・シンボリスト》3巻を出版し、1904年ロシア象徴派最大の雑誌《ベスイ(天秤座)》誌を創刊し、実質的主幹として活躍する。1917年革命が文化遺産を擁護すると信じて共産党に入党し、文学理論の研究に大きな役割りを果たし、高等文学専門学校を創設する。天性の詩人ではないが、驚異的な学識と方法論的探究によりロシア詩の革命に貢献した。作品に詩集「都市と世界に」(1903)、小説「炎の天使」(1907)などがある。


e-mail:svetilnikru@mail.ru