フレーブニコフ、ベレミール
1885-1922

Khlebnikov, Velimir
Хлебников, Велимир

詩人。

本名はKhlebnikov, Viktor Vladimirovich。アストラハン県に生まれ、カザンとペテルブルグの大学で数学、言語学などを学んだ。マヤコフスキーとともに1910年代の未来派を代表する詩人の1人である。超意味言語や新造語を駆使した実験的作風によって、ロシア前衛芸術の成立に大きな役割を演じた。 「笑いの呪文」(1910)は文学史上とくに名高い。「鶴」(1910)、「シャーマンとビーナス」(1912)に代表される初期の作品はおおむね原始主義的傾向を示しているが、中期から晩年にかけては、激動期のロシアの現実を壮大な叙事詩に描きあげた。代表作にはソ連社会の未来像を描いた「ラドミール」(1920)ほか、 劇詩「ザンゲジ」(1922)や「運命の板」(1922)がある。


e-mail:svetilnikru@mail.ru