喜多嶋作品といえば夏!
夏のスポーツといえばマリンスポーツ!

ということで作品中に登場するスポーツはサーフィン、ボディボード、ヨットなどが中心です。


スポーツフィッシング?じゃあ釣りはスポーツか?


鱒もバスもルアーでバーブレス、当然キャッチ&リリース(キャッチ&ストマック)の窯猫ですがそうは思いません。

生き物が相手である以上いくら綺麗事をならべようが逃がそうが、釣りは血みどろの遊びです。




爽太郎のロケ地もだいたい南の島、マリーの本拠地もハワイイ
日本での舞台も湘南、葉山となればこれはもういたしかたなし。。。

では喜多嶋氏の得意スポーツはというとなんとスキー!しかも競技スキーと書いてあるんですね。
(インタビューでもそう答えています)
となるとウインタースポーツを題材として使った作品はないのか?



 ウインタースポーツ ―喜多嶋作品から考える― 



冬の雪山、スキー、出会い、事件、悪くはないですね。
またバブル期に爽太郎のS&WにスキーやボードメーカーからCF依頼はなかったのでしょうか。


「キープ・スキーイング」― CFギャングシリーズ ―




「流葉くん、この板の特徴はずばり、カーブしやすいことだ」

俺はその板を手にとった、異常に短い。また本来シャープなはずのトップが丸く広がっている。

「短いな・・・・。俺の板は195だがこの板は170あるなしだ。ビンディングは付いてないがジュニアスキーじゃあないんだろう」

担当はニヤリと笑った。日焼けした肌に白い歯、相当やるのだろう。自身満々で説明した。

「短くすること、そして君も気付いたようにトップとテールを広くしてサイドカーブをきつくした」


「何故だか解るかね?」

俺は答えなかった。

「このサイドカーブによって初心者でもひざを倒すだけで容易にカービングターンができる」

「この板でスキーの歴史が変わるんだよ」

俺はサーフィン、スキーをやる人間を認めている。
なぜならどちらも最初はただただ辛いだけだからだ。最初から楽しくスイスイというわけにはいかない。
その一線を越えなければバランス系のスポーツは楽しくならない。
だからこそ認めるのだ、根性や努力という言葉はきらいだが。

「・・・あまり認めたくない商品だな。何でもかんでも手軽に容易にというのは性に合わないんでね。変わらなくてもいいというものはある」

氷山はオイオイという表情だ

「誰も君にモニターになってくれとは言っていない。意見も聞いていないし商品を気に入れとも言わない。売れるCFを作ってくれと言ってるんだ」


「そいつは出来ない相談ですね」




おおお!物語が始まりましたね。

でもね。カービングスキーの登場でスキーの歴史は変わったんですよ、流葉くん!!


とは言うもののまぁ厚着した爽太郎やリョウは見たくないですね。


しかし本当にウインタースポーツを題材にした作品はないのか?

ファンクラグ会員の方なら気付いたことでしょう。

ココナッツクラブに中に1編ありました(窯猫は認めたくありませんが文庫にもなっています)


スノーボード

しかもアルペン男前です。

フリースタイルではなくハードブーツのアルペンという男前さ。

タイトルもズバリ


「恋はスラローム」




ここで多くは語りません。ファンクラブに入会すれば過去のバックナンバーも購入可能です。

気にはなっていたがまだ入会していないという方は。。。




是非、入会を!!!!!



「なぁん〜だ、要はファンクラブ入会の勧誘か」と思った方





正解です!







ぜひこちらから



KITAJIMA TAKASHIFC(喜多嶋隆ファンクラブ)




    TOP