古書店探索について

喜多嶋本に限らず本の収集を始めると当然のごとく作者の昔の本も探さざる得なくなります。
所詮、新刊本屋で手に入る本など最新ばかり。絶版 や初版のみで増刷されなかった場合注文したところで「在庫なし」の冷たい返事しか返ってきません。新刊本といえど、これだけ出版物が多い時代1年もたてば店頭から消え去るのが現状です。

そこで古書店巡りが必要となります。古書に抵抗がある方には全くお勧めできませんがハマルと深い魅力ある世界です。ここではあまりディープな話はしませんが「古書店に興味はあるが・・・」という方は参考にして下さい。



古書店について個人的考察
古書店と一口に言っても非常に敷居の高い店(稀観本や原稿などこれみよがしにショーケースに展示してある。または専門書店)から管理人お勧めの「BOOK OFF」のように気軽に入れて探索も楽な古書店もあります。
まあ前者のような店には100%喜多嶋本はありませんので除外します。

ここからはあくまで管理人の独断で偏見に満ち溢れています。気をつけましょう。



街の「ふるほんや」について


よく店頭に均一本がワゴン積してあり奥のカウンターに気難しそうな親父かお婆さんが店番している店があなたの街にもあるはずです。
たいてい店内は薄暗く古書独特のにおいがしています。(それが嫌なんだという人もいるはず)慣れるとそれが堪らないという人もいますが。。。
こういう店の場合、いきなり店主に「喜多嶋隆の本を探してるんですが・・・」などと言ってはいけません。ほとんどの店主が喜多嶋隆を知りませんし「あぁぁ、何だってぇ?」で終わってしまうでしょう。そこでまずは店頭のワゴンに目を走らせます。単行本の場合まずこの段階で大体の期待度が判断できます。「森遥子」「村上○○」の小説があれば期待して下さい。ここで「帯付」が見つかればラッキー、即買いです。
店内は目的の本が探しづらいと思います。ごちゃごちゃの中でも大体の分類はされているはずですので最近の小説が集まっている棚を探しましょう。全く見当もつかない時は出来るだけ丁重に「最近の小説はどこですか?」

これでだめなら諦めましょう。たまにスポーツの棚に「パイナップル巨人軍」があったりしますが。。。文庫は「ダウンタウンエンジェル」揃いなど掘り出し物もあります。当然、帯もそのままで新古本などもありますので眼をギュッと凝らしましょう。「光文社」の文庫は背が鮮やかなブルーですのでチェックしやすいと思います。

「BOOK OFF」「BOOK  ○○」について


管理人も常連で古書初心者にも抵抗が少ないと思います。店内は明るく、分類も細かく一人の作家に絞って探索するには最も親切な店でしょう。
特に文庫本の場合にはここでほとんどが入手可能、価格も100円で揃うと思います。プレミアなどといういい加減な価値はここにはありません、まとめ買いできます。
しかし買いのコツというものはあります。まず帯は諦めましょう。店頭に並べられる段階で排除されます。あとは下の引き出し。こまめに補充している店は別ですが、店の人に断って見せてもらいましょう、「おぉぉぉぉ」ということがあります。また初期の「コバルト」や集英社は少し勇気を出して買いましょう。大抵少女コミックのとなりに位置しています。
単行本は新書コーナーも要チェック。時々いいことがあります。「殺しのヒットパレード」とか。

ネット古書店について


「アロハガール物語」これが曲者です。管理人が唯一ネットで入手した本です。(エッチなサイトでヒットしました)こまめに検索しましょう。意外な掘り出し物があるかもしれません。
まぁオークションも含め、現役作家の本を入手するには邪道でしょう。金が物言う世界です。「ALOHA  BOOK」に5000円出せる人には天国だと思います。




TOP    オークション考へ