YAHOOオークションと楽天

日本で最大のネットオークションサイトYAHOO。
なかなか探している本が手に入らず古書店巡りにも疲れた時、表紙画像は見ているものの欲しくてたまらない時…。 たしかに一般市場ではあまり見かけない本が出品されます。
しかし一般では安値で取引されている本にとんでもない高値が付いている場合が多く、注意が必要です。
また楽天ですが個人だけではなくショップによる出品もあり価格も固定されています。しかし最初に指定された価格を相場と勘違いしやすいのも否定できません。そこできわめて個人的な意見ではありますが参考にしていただければ。。。


オークションについての個人的考察
オークションでは入札競争に熱くなりすぎ高値となる場合と、どう考えても欲しいという心理に付け込んでいきなり高値をつけ価格をあおる場合があります。
これは、YAHOOに限った事ではなく、一般のオークションでもよくあることですが特に最近の喜多嶋本についてひどい状況が見られます。

はたして相場とは存在するのか

本の蒐集は始めてみると最初は楽しく、揃える喜びに浸ることができます。BOOK OFFなどは作家別に陳列されており喜多嶋本もまとめ買いできるでしょう。
しかし喜多嶋本に限らず一人の作家にしぼって集め始めると当然手に入りにくい本の存在が目の前に立ちはだかります。一流の本には、一流の価格が付いて当然だとも思い、
特にゴールが見えはじめたころの1冊はまさに貴重です。 他人には100円の価値でも、己には1万円の本に見えることも当然あります。
市場に姿を見せない本は、幾らかかっても手に入れたくなるのが人情というものです。
私も「ALOHA BOOK」でつまづき約2年間探し続けました。
それでもなかなか見つからず 2000円までならと思い探しておりました。
「ALOHA BOOK」は最近の作家の書くワンパターンの旅行”滞在記”ではなく、
ハワイ滞在、ハワイを感ずるためのバイブルとして昇華した作品だと思っております。
これが結局は前出のBOOK OFFにて「100円」でみつかりました。

嬉しさ反面寂しさつのり、自分相場というのものの空しさを感じました。


最近気になった喜多嶋本の価格

◆「パイナップル巨人軍」:単行本:講談社 1986.4.10初版   

文庫もあり作品としてもすばらしいがBOOK OFFでも時々100円コーナーにでる。
楽天に6000円で出品され購入者あり。


◆「アロハガール物語〜ヒロコよ銃をとれ」

異色の写真作品で古書店ではあまり見かけないがネットで検索すれば1500円くらいで入手可能。
YAHOOに2000円で出品され最終5200円で落札。

◆「喜多嶋隆のALOHA BOOK」

ご存知ファンの間でもレア本とされるがBOOK OFFで8冊入手の実績あり。

YAHOOに6000円で出品され落札。

確かに今、この本は市場から姿を消しています。しかし全くないわけではなく、ましてや喜多嶋氏は現役の作家です。
異常な高値はむしろ失礼だと思いますし蒐集も楽しみとして欲しい数少ない作家です。またこういう状況が続けば必ず「アオリ」や「ヒネリ」が入り価格は高騰し、ファンにとってますます入手困難となるでしょう。



TOP     探求者のためにへ