この狭い飴のビンの中か

きっといつかこっそり逃げて

あなたにみつけてもらいたい

たとえ口の中にイチゴ味が満ちても

わかってくれますか

それがあたしだと いつか気がついてくれますか

あなたがあたしだけを見つめてくれる日

いつか来るといいのに