クロスレビュー企画  「もえたん 萌える探偵小説」

 第5回お題その1
   『桜色BUMP シンメトリーの獣』 在原竹広 (電撃文庫)

大型の肉食獣に切り裂かれたような惨殺死体が発見され、それは連続殺人へと展開する。 女子高生の高山桜子は周囲の騒動を冷静に見つめながら、その謎を考えていく。 謎のアンティークショップ、おまじない、妖しげなアイテム、超常的な力、影。犯人と不可解な殺人に対する答えは…?

   菊地@SNOW ILLUSION

 うーん、いわゆる「超自然的な力」が実在するミステリなんですが、超自然要素というギミックがミステリ的な面白さに繋がっていないのが気に食わない。 超常現象を単なる「警察に証拠を掴まれない凶器」としか扱えてないのは芸が無さ過ぎるかと。 伏線の提示もストレート過ぎるし、犯人・真相も素直過ぎる。もっと捻りが欲しい。 正直、物語の謎が超自然要素に集約されている時点で、個人的にはミステリとして分類するには抵抗を感じるんですけどね…。 確かに広義の上ではミステリと言えるんだろうけど、コレをミステリと言うなら「ジョジョ」のスタンドバトルも「ミステリ」だと言える気がする。

 他には、語り手役の連中(桜子、浅子)の妙に淡々とした文体が気になる。 もうちょっと感情の起伏の激しいキャラが居た方が全体的なバランスが取れると思うんだけど。こう冷めた連中だけだと鬱々としてくる。 桜子というキャラ自体は嫌いじゃないですが。

   キセン@D4D

 淡々とした筆致でつづられるのは好みだが、あまりっちゃあまりな人物描写と紋切り型の比喩その他、 ちょっと話にならないミステリ要素などは減点要素。 逆にいえばそれらを含めてこの点数なので、結構評価しているのかも。 こっちは絵師上手。

   NAO@エッグ・スタンド

 読み終えた直後、私は日記に「普通につまらない」と書いた。その評価は今でも変わっていない。 「カタルシスがない」とも書いた。それも変わってない。 『桜色BUMP』は非常に薄っぺらい……そう思うのだ。文章も、キャラクターも。 ――淡々とした文章で描かれる物語は、ボルテージを上げるはずの場面でも起伏に乏しい。 あるいは、そのことを意図しているのかもしれないし、特に考えるでもなくそのようになったのかもしれない。 ただ、最後まで読ませる力がある程度あるのは、認めなければならないと思った。

   秋山真琴@雲上回廊

 期待の裏には必ず失望がある。 例えば「本格ミステリです」と言って「ファンタジィ」を渡された場合と「SFです」と言って渡された場合では、同じ「ファンタジィ」であってもその失望の度合いがまるで違う。 本書は疑う余地なく「現代ファンタジィ」であるけれど、「新感覚ミステリー」として売り出されている。
 一冊のライトノベルとしては、面白かった。淡々とした筆致に、一風変わった登場人物たち。 けして悪くはないが、やはりまだまだ挑戦できるし、追求できるところが多いように感じられた。

  4   トラック@コズミックサーフィン

 平坦な文章と淡々とした流れの構成で物語られるものに えも言われぬコクがあればなにかしら好い印象が残る、と個人的に考えているのですが、 本書は、うーん……始終まで味気なかったな、という感想しか残りませんでした。 また、女学生の客としか話そうとしない店主や真偽が混ざって陳列されている物品といった、 あるものすべてが胡散臭気な雰囲気を醸し出している<不思議屋>の設定から 目を引くような飛び切りの出来事が一度として起こらなかったのは残念です。
 主人公の桜子やモトコさんを描いてくれたイラストは善かったです。 次巻以降はイラストを目的として読んでいることでしょう。

   近田鳶迩@ざ・ねば〜・えんでぃんぐ・みすてり〜

 上遠野浩平『ブギーポップは笑わない』をもちっと柔らかくした印象。 面白かったことは面白かったんだけど、困ったことにあまり書くことがありません。 デビュー作にして既に安定してしまっているというか、サスペンスホラーの雰囲気なんかはそれなりに出ているんだけれど、 この手の話にしてはちょっと突飛さが足らない感じ。 何かひとつ、これは他のライトノベルにない特徴が欲しかったですな。

   リッパー@鍵の壊れた部屋で見る夢

 事件の真相をつかむための伏線は一応きちんと提示されていて、ミステリともとれる作品になっているような…。 でも、ミステリとしてはかなり微妙と言わざるをえない。 小道具とか設定はそこそこ興味を惹くものだっただけに、真相をもう一捻りするか、あるいはロジックを強化できればなあ…。
 やや淡々としすぎるきらいはあるものの、ヒロイン・桜子のキャラクタはなかなかどうして悪くない。 脊髄反射な萌えとは違う意味あいで、興味を惹かれる人格でした。 それと、作者がプロレスファンだというのはよーくわかりましたよ。いくぞー、ノーフィアー。

平均 3.9


 第5回お題その2
   『さよならトロイメライ』 壱乗寺かるた (富士見ミステリー文庫)

藤倉冬麻はある日いきなりお嬢様・巫城都によって拉致され全寮制の私立学園に無理矢理編入させられてしまう。 しかも何の因果か<トップ3>の1人にさせられ、後輩の女の子がパートナーにつくという。 冬麻の生活も落ち着いてきた頃、寮の一室で事件が…。 それは密室状況下の殺人事件なのか? 果たして友人たちの中に犯人がいるのだろうか?  …屋上に響き渡るトロイメライに冬麻は何を想う。

   菊地@SNOW ILLUSION

 文章はかなり癖がある一人称で、随所に「きみとぼく」系のネタが挿入されているため、この時点でかなり人の好みは分かれると思う。

 正直、ミステリとしてはどうかなぁ、と思った。 作中で事件が隠匿されたせいか、こちら側に提供される事件の情報は信用できるか分からない伝聞情報が多過ぎて、情報自体に懐疑的なまま推理を進めないといけないのが何とも……。 まあこの作品に関しては、事件のトリックとかよりは、事件が起こった背景・目的の方が重要なんでしょうかね。 ホワイダニットものとして考えるとしっくり来るかも。

 キャラ小説としては上々。 主要登場人物が多い割には、各キャラはそれなりに立っているし勢いがある。 終盤の主人公と都や泉などの間に流れるクソラヴい空気が何ともたまらない。首吊り泉嬢も何か好きです。ハイ。 個人的には、主人公・泉・都の三角関係を主軸にしたラヴコメ展開をちょっと期待したいかも。

   キセン@D4D

 勢いのある文章が徐々にパワーダウンしていくにつれ、 作品がもっていた、ある意味王道というか、スタンダードな青春小説風味な要素が剥き出しになる。 その独特の空気に戸惑い、あまり高い評価はできないと思っていた。 しかしオチは個人的に高評価なり。 あと絵師下手。

   NAO@エッグ・スタンド

 井上雅彦が「薦」と題した文章で、本書が<理>より<美>の小説だと言っている。 だが、果たしてそうだろうか。確かに、作者の文章における「癖」は、読者によっては大変魅力的なものになり得る。 けれども、私はこの作品に<美>を感じることは到底できなかった。 個性、独特、自己流……と言えば、聞こえはよいのだが。 なんといえばいいのだろうか、私の読み方は、何か根本的な部分で本書と乖離していたような気がする。 ――『さよなら〜』を『桜色〜』より高い点数を付けたのは、相対的に考えて、こちらのほうが「本格ミステリしていた」からである。 少なくともその心意気は評価できるのではないだろうか。

   秋山真琴@雲上回廊

 第五回の課題本はどちらもその文体に特色があるが、こちらのアクの強さは類稀なほど。 しかも、それだけかと思いきや、実は何気にミステリしているのだ。 狙っているようだけれど、見事に滑っていたり外していたりする萌えポイントも魅力的だ。 ポルノグラフィー描写が濃厚だったオリジナル版というのもかなり気になるところ。 記憶に残らないという点に目を瞑れば、概ねライトノベルらしいライトノベルだと思う。

   近田鳶迩@ざ・ねば〜・えんでぃんぐ・みすてり〜

 兎にも角にも文章が凶悪すぎ。壊れたテンションで突っ走る陽気な暴走機関車ですな。 この無闇な勢いを許容できるか否かだけで作品の評価が決まってしまいそなところですが、 一歩引いて全体を俯瞰してみると、幻想ミステリとしては結構悪くないように思えてしまうのが不思議。 プラスマイナスが入り乱れた結果、何とも中途半端な点数になってしまいました。 期待はするけど現時点ではこんなもんかと。 萌え要素を本格ミステリの枠組みに取り入れたという点では 西尾維新『きみとぼくの壊れた世界』に通じるものがある……いや、ないかも。

   NITRO@ジェット機・リー

 「密室、なんて考え方、くだらないと思わないか?」

 作者自らあとがきで書いている通り、「癖のある」文章です。 でも読みにくくはないですね。リズムよく読めました。 ストーリーは主人公の過去にまつわる謎を中心に進んでいくわけですが、 密室とかトリックより、舞台となる私立御城学園の<トップ3>というシステムが存在する本当の理由が興味深かったです。 なるほどね、みたいな。
 登場人物それぞれが他人のことを思いやることですれ違ったりこんがらがったりしながら、 それでも最後はもっとも望むべき形におさまるというところにとても好感が持てました。 読んでる最中、どうなるんだろうってすごくわくわくしましたし。面白かったです。

 しかしトーンぺたぺた貼って手抜き感まるだしのイラストはほんとにいただけないと思いますよ。 小説の魅力を半減させるなんてライトノベルとしてあるまじき行為です。 こんなんで萌えられるかいな。

   リッパー@鍵の壊れた部屋で見る夢

 イラストが好みでないぶんキャラ萌えに全然ツイストがかからなかったのがなんとも困りもの。 あーあ、和服とかお嬢さまとかえっちな眼鏡っ娘とか惜しかったなあ…。勿体無い、もったいない。 あ、泉ちゃんはわりとどうでもいい感じです。<ヒロインなのにヒドイ。いや、だってさー。お嬢様の方が萌えんべ?
 不可能状況、見取り図、容疑者たちの動きを踏まえて推理が組みたてられ、提示される論理と回答。 ミステリとしてはなかなか良い所をついてて面白い。 特に終盤にトーマ君が語る真相にはかなりの説得力があって感心。 また、そこに至るまでのトーマ君の熱気が、青春ミステリっぽくていいんだよなあ。何気にちょっぴり感動しちゃってたりして。 ただ、ラストには脱力。最後から二番目の真実が良かっただけに、わたし的には残念な終わり方でした。

平均 5.9


「もえたん」トップにもどる