クロスレビュー企画  「もえたん 萌える探偵小説」

 第8回お題
   『本格推理委員会』 日向まさみち (産業編集センター)

 高等部にはいった城崎修は幼なじみの椎とともに強制的に本格推理委員会に参加させられてしまう。 最初の調査として命ぜられたのは、音楽室のある古い洋館<風見鶏>で起きたという奇妙な事件。 事件はやがて関った女の子たちや修自身の心の傷や過去へとつながっていき……。

  8   菊地@SNOW ILLUSION

 いわゆる「人が死なないミステリ」。
後書きにもある通り、ライトノベル的なキャラ造形を意識してる作品になっている。

 ミステリとしてのトリックや仕掛けは、文字通り「ライト」なものだが、この作品に関してはさほど重要な要素ではない。 「何故このような事件が起こったのか」「この事件を通して何が変わったのか(得られたのか)」といった動機や 少年少女達(一部例外あり)の機微の方が生命線。 序盤は明るいキャラ小説なんだけど、心の傷が垣間見えるに従ってシリアスなストーリーに変わっていく。 事件を取り巻く人物たちの心の傷が軸となって紡がれる物語が、痛く、切なく、心に響く。
安易に「萌え」へ逃げるのではなく、ミステリとしてそれなりの体裁を取りながらも、話をまとめている点は高く評価したい。 読後感がたまらなく清々しく、心地良い。 ただし、キャラ小説としての性格を持ってるだけにイラストが表紙絵だけなのが残念だった。

   NAO@エッグ・スタンド

 この作品は、滝本竜彦などがエージェント契約しているボイルドエッグスが創設した、 第1回の新人賞を受賞した作品です。 実は結構、期待して私は読みました。新人で滝本竜彦が誉めている、というのもその一因でした。 ですが、正直なところ楽しめませんでした。つまらないと思いました。 個人的に文章が荒くて読みづらいく、またどこが居心地がいいのかどうしても理解できませんでした。 キャラクター小説、あるいはミステリという点においては、確かに評価できる部分もありますが、 そこを認めてもなお、オススメできる作品だとは言えません。

   トラック@コズミックサーフィン

 まったくと言い切って善いほど迫力のない作品でありました。 一人称で綴られる文章に一寸の魅力も見当たらなかったのが、読み進める上で辛かったです。 個人的にああいった薄さを意識した文体が合わなかっただけだとは思いますが、 それでも各人の罪悪感の描写が浅過ぎでストーリーが陳腐な代物にしか思えず、最後まで全然圧倒されませんでした。 中盤からはページを捲る度にげんなりしていく感覚がしましたね。 キャラの性格が都合良く変わる作中の世界に対して居心地の善さは微塵も感じませんでしたので、 本書の評価は、秀逸なイラストで飾られた表紙へ1点、だけにしておきます。

   田中@蹴りたい田中

 まず「本格推理委員会」というタイトル。かなりのインパクト。 オビに書かれた滝本竜彦の推薦文。素晴らしい。 この二つと本作の内容を比べると、うーんと首を傾げたくなる。 推理小説というよりは青春小説、ライトノベルという印象が強かったし。 とすると、今度はページ数(400ページ)と値段(1100円)が問題なわけで。 なら登場人物を2、3人減らす。→ページ数が減る。→値段が安くなる。バンザーイ!バンザーイ!  そもそも登場人物がやたら多すぎてごちゃごちゃしてるし、主人公のクラスメイトの男子2人はいなくても支障はないだろうし。 すると主人公以外はほぼ全員女子ということで、バランス悪いのかもしれないけど。 あと表紙のイラストがとても可愛いかったのに、挿絵が全くなかったのも残念。むしろ入れとけよ、と思った。 あー、いろいろ文句ばっかり書きましたが、 割り切ってもっとライトノベル寄りに仕上げてたらこの本はもっと面白くなったような気がしました、ということで。 ちなみに自分がよく行く本屋には、「当店のイチオシ!!!」って店頭にドーンと平積みしてあります。 あんまり減ってないですけど。

   海燕@週刊海燕

 新本格の歴史は青春小説の歴史でもある。 古くは綾辻行人、有栖川有栖、法月綸太郎、麻耶雄嵩らがあまたの謎に彩られた屈折した自我の彷徨をえがき、 そして今日、乙一、米澤穂信、西尾維新、佐藤友哉、舞王城太郎たちがさらに捻じ曲がった形でその歴史を継いでいる。

日向まさみち「本格推理委員会」をその種の小説につらなる一作とみても、それほどあやまってはいないだろう。 本書はいかにもアニメ的/記号的なキャラクターが登場する軽快な「ライトノベル」でもあるが、 いっぽうで探偵を務める主人公の(「後期クイーン問題」的な)葛藤を綴る正調青春探偵小説でもあるのだ。

しかしその筆致は過去の名作に比べいかにも甘い。 おそらくここに足りないものは、綾辻の「十角館」や法月の「密閉教室」に横溢していたあの媚びることをしらぬ若さである。 薄っぺらな計算は読者を白けさせる。より挑戦心と冒険心にみちた次回作を期待したい。それこそが本格ではないか。

   リッパー@鍵の壊れた部屋で見る夢

 女の子がたくさん出てくるし、脳天気で賑やかな雰囲気で進む前半部分はたいへんよろしい。 登場キャラたちの抱えている心の傷が次第に明らかになってくる中盤から後半にかけては青春小説のテイスト。 個人的には主人公のそれよりも女の子たちの方に目がいってたりして。 最終的には明るいラストになってて良かった。続編を楽しみにできそうな終わりだったし。楽しく読めました。
 ミステリ部分に関しては、実はメインのトリックは最後まで見抜けずじまい。 たははは(笑って誤魔化す)。ちらとも疑ってもみなかったのはミステリ者としてどうよとか言うんじゃありません。 他にポイントはいくつかあって、どれも単体ではたいしたものではないんだけど、 組み合わせることで一応”本格ミステリ”と呼んでもさしつかえないくらいのものには仕上がってるんじゃないかなあ。 まあ、謎解きやトリックそのものよりも、 事件を通して各人がどう思いどう心の傷に向かい合うのかに焦点が当てられている作品なので、そこを素直に評価したい。 でも、本格ミステリとして読者に差し出したいのであれば、もう少し凝ったものを求めたいところではある。 

平均 5.0




「もえたん」トップにもどる