午前の仕事もひと段落し、昼食に行く途中、金券屋の看板が目に入った。
「あれ?今晩のTOYOTACUPのチケットが定価割れであるじゃん」今回の組み合わせはACミラン、レアル、マンUと比べると「華やかさ」は確かにに欠けるかも。 でもメンバー的にはバイエルンはカーン、エウベル、リザラズ、ハーグリーブス、対するボカはリケルメ、デルガドとなかなか渋い。早速定価割れのチケットをGET。
 この大会も早いもので22回目。
TOYOTA・CUPと言うと吹雪の中から聞こえる
「マジェール、マジック・マジェール、」の叫び声。
 サッカーボールが破裂したのも、こんとき初めて見たぞ
 手に入れた席はゴール裏。TOYOTA・CUPは全席指定だからギリギリに行っても席確保は当然、ラクチン。
 さぁ、熱戦に注目!
 前半はある程度、ボカが攻め込む場面が。反対に後半は一方的にバイエルンが攻める展開・・・がっ!これが入らない!
 対するボカは
デルガドが退場になってからは一発カウンターを狙い・・・がっ!これまた形にならない〜
 結局、延長後半にDFクフォーの得点でバイエルンが1−0で勝利。
 個人的にはボカのデルガドが退場になった後は夜の寒さが身に染みる試合となってしいました・・・
 欧州の過密日程を緩和しないと、TOYOTA・CUPでベスト・パフォーマンスはなかなか拝めないのかな?
 ただ
ヤンカーはやはりデカかった。
定価割れ
01/11/27 at National Stadium