日本代表の2002W杯の初戦。
 赤い悪魔と呼ばれる欧州の古豪ベルギーとの対戦の日がやって来ました。
 当日スタジアムへ向かう道は妙〜な雰囲気。これから行われる試合への期待と不安と少しのお祭り気分が交じり合う、今まで味わった事の無いものでした。
 遠目でもベルギー代表はデカさには驚いた。ユニフォームカラーの赤の見事な鮮やかさにもビックリ。ありゃと言うよりオレンジだわね。

日の丸一色のスタンドはまさに壮観。
もうこのあたりからボルテージは上がりっぱなしで・・・・
 たしか1996年の6月1日かな?W杯開催国が決定したのが。
 あれから「長かった」のか「あっと言う間」だったのかは判らない、でもとにかく「待ちに待った」のだけは確か。
 このスタジアムに足を踏み入れる事が出来てホントに幸せで、夢のようでした。
チケット入手してくれた後輩にはこの場を借りて感謝・感謝・感謝
 貴賓席に皇室関係者が並ぶ中で両国の国歌斉唱。君が代が終わった瞬間にスタジアム上空を戦闘機が爆音を響かせながら超低空を通過。
(ナイス・タイミング!航空自衛隊!)
 今まで数多くの代表戦に足を運んだけど、この日のスタジアムの雰囲気は別格! 
 試合は2−2の引き分け。
 ・鈴木隆行の同点ゴールに狂乱!
 ・稲本潤一の勝ち越し弾には錯乱

 
・不利な判定には荒れ狂い・・・
 こんなに気持ちは入り込んだゲームは後にも先にも無いかも・・・
 W杯で初めての勝ち点1をゲット。
 欲を言ったら切りが無いけどホントにナイス・ゲーム。
 ただ隣国のテーハミングの初勝利に少々複雑・・・だったりする訳で。
 さぁぁぁぁ!遂に2002W杯トルシエ・ニッポンの戦いが始まる。
 スタジアムは狂喜乱舞でアイーダ行進曲が響きわたる
02/06/04 at SAITAMA

夢見ごこち