氷の花束
りんく
小説
初めに





       

                                      
          



                                        

since2002/10/5


 


9/30   駆け込み更新。。鉄の腕輪と黒い剣五十四話「火種」更新。
8/31   駆け込み更新。鉄の腕輪と黒い剣五十三話「語られない思い」更新。
     7/31   駆け込み更新。鉄の腕輪と黒い剣五十二話「フェルマータ」更新。あんまり話動いてなくてすみません。
     9/21   謎の短編。「パーソナルスペース」
    12/31   ウェブ拍手に苦し紛れ更新。




 黒歴史でも、歴史だろ!!



 ・葉山さんこんにちは!ジオのサービス終了でジオのサービス終了でお引越しをされると聞いて人質を読み返しました!最初に読み始めたのがもう15年ほど前で最初の方は忘れていることも多く新鮮に感じました。PCで読んでいたものが今ではスマフォで楽に読めるので本当に時間はながれましたね。。。これからもお子様ともにお身体に気をつけてサイトを続けていただけると幸いです。ありがとうございました。



 こんにちは! いつまでもありがとうございます。私もどんなページあったっけ、と古い作品をちょいちょいのぞいてるんですが、その流れでちょっと読んじゃうと「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひ」となります。


 いやー、話が進んでくると地の文が突然何か疑問を投げかけてきて、それにたいして自分で(地の文で)勝手に結論出して回答してはい決着な流れがもう……! 突如挟まれるポエム、ポエムも相当辛いけど、三人称一番つらい!!



 人質の一章も相当なもんですが、まだミリアさんの一人称だから「わ、わたし知りませんよミリアさんが言ってんですよ…」という斜め上をかたくなに見つめる姿勢でなんとか精神を保っていられるけど三人称は過去の自分が全面に出てポエム顔面に叩きつけてくる…!



 まあでもなんか楽しそうなのでいいと思いますよ……。





 ……まあでも、最新作の黒い剣添削していると、いや、今と変わらん…という気になります。






 ・ついていきます!!!


 ・どこまでも。


 ・引っ越し大変ですが。



  流れ流れて


  安住の地へ


  引っ越しがんばる!





 ・読者としてもこのサイトデザインに馴染みすぎて大好きですよ。社会人となって昔ほど頻繁にアクセスしなくなりましたが(失礼ながら……)、個人サイトどころかお題箱サイトやらウェブリングやら小説検索サイト・エンジンまで「404」となった御宅が多いなかで、『氷の花束』さんはいつうかがっても馴染みの空間がひろがってくれるので、とても安心感があります。連休で時間ができたときに長編をガッツリ読もうと「お気に入り」から飛ぶ時なんて、ちょっとした里帰り気分です。わたしいがいにも、きっと同じ思いの人はたくさんいると思います。「このクッソダサいTOPページじゃない『氷の花束』なんて『氷の花束』じゃない!」という同志たちがいっぱい。


 クッソダサさが売りです。中二が真面目に「いい感じのが出来た」と思って保存して掲載したところに真価がある。一周まわったらワンチャンスがあるかもしれない歴史の流れを楽しみにいきたいと思います。私も通ってたサイトがなくなると寂しいです。更新しないのは仕方ないにしても、残っているだけで嬉しかったなあ。ジオシティーズさんの数々のサイト消失がほんと寂しいです。


 ・冗談はさておき、『小説家になろう』読者でもある身としては、あそこに投稿される作品はお話も文体もさまざまなんで、「カラーとか気にせずドカドカ保管庫的に利用するのもアリなのでは?」という気がします。
 

 なるほどー。『レタスになった男』はタイトルを『通りすがりの性悪魔導士にレタスにされた冒険者の俺がその弟子のうさぎ美少女に身体を狙われています』に改めて投稿しようかなと思っていましたが。

 
 冗談はさておき、保存というのは先方の本来の使い方ではないので、せめて先方のカラーにあうような話がいいかなあと思ったのですが、主流がそうなっているだけでサイト経営側からすればそうでもないかな?


 ただ規約読むと童話パロディの扱い方がちょっとどうしていいのかわからなくて。自分の中で童話パロディは二次創作ではない気持ちがあるんですが(オマージュとかパスティーユにして欲しい)、二次創作で投稿しなきゃならないのかなあと。シンデレラとかはもういくらなんでもいいと思うんですけど、マイナーどころがはっきりしないなと。




 ・気になるのはむしろ、作品数も読者数(アクセス数)も巨大なサイトだからか、テキストサイトなのにもかかわらず回線がかんなり重たいときがあるという点ですね。


 おお、そうですか。テキストサイトだと結構軽いんですけどね。ジオシティーズさんも一応データー制限あるんですけど、この通りテキストサイトなおかげか十何年も地味に増殖しつづけても結局データー使い切らなかったですし。


 そういやレタスの挿絵(食物連鎖ピラミッド図)もそのままページにおきたいんだけど、あれは難しいか…。






 ・ジオシティーズのサービス終了で、「氷の花束終了か…」とこっそり(勝手に)絶望してましたが、引っ越し!ものすごくうれしいです!!レタスを筆頭にたまにものすごく読み返したくなるんです…。なにもできることないですが、順調な移行作業をお祈りしておりますm(_ _)m

 いや、「たまに読み返したくなる」は、凄く嬉しくて励みになるお言葉です。ありがとうございます。その言葉を励みに引っ越し頑張ります。



 ・お引越し頑張ってください。引き続き連載をお待ちしています

 ありがとうございます。連載はなんとか全部終わらせたいです。



 ・サイト移転をお考えとのこと有難うございます…!!作品大好きなので嬉しいです…。大変な作業かと思いますが、応援しております。

 こちらこそ、いつまでもお付き合いいただきありがとうございます。頑張ります。




 ・移転を考えておられるとのことで安心しました。これからもご無理はせずにがんばってください

 温かいお言葉ありがとうございます。この年齢、この環境だから出来る何かをこれからも探していきたいと思います。





 



 ・葉山さんが面白いと言ったので、私も全く知らなかったのですが、旦那とカメラを止めるな見て来ました。【悲報:開始10分で酔う】とにかく死にそうになりながらうずくまりながら見ました。(……以下ネタばれなので省略…)あそこまで手ブレ演出しなくて良いんだよ…とマジで思います。


 あー……。確かに。例の手ぶれは私はちょっと「…」くらいですんだんですが、手ぶれダメな人はあれほんとだめみたいですね。クローバーフィールドみたい(見たことないですが)に手ぶれ注意…!って言っておいた方が親切でしたね。ごめんなさい。


 ・あと気になったところが葉山さんの感想に全面賛成なので、ああ自分は葉山さんを見て育ったんだなぁと感慨深くなりました(笑)。××ネタバレなので省略××気になりますよね!!


 ユーお幾つ!? ミー ついに今年で直木三十五と同じところにいきますが、わしが育てた(ドヤァ)の域にすでに!?

 説明不足ですみませんでした。でも面白かったなら良かった。


 

 


 「隠蔽捜査」今野敏


 「大人になれよ、竜崎。どこの国のどの組織だってそれくらいの秘密は抱えている。世の中はな、きれい事じゃ済まないんだよ」
 その物言いに怒りが募った。原則を曲げるときに、人は大人という言葉を使う。だが、その言い方はごまかしに過ぎない。



 「忘れられるものか」  竜崎は言った。「人間は、一度やったことは二度三度と繰り返す。そうして腐っていくんだ」


 図書館の返却棚にあったのを何気なくとって借りたのですが、面白かった面白かった。でも読んだ後に他の人の感想も読もうかと調べたら、めっちゃシリーズ出ていてげえっ!?となりました。エンダーズシャドウの続編もぞっくぞく出てるというのに…。

 今野敏さんは藤原竜也さん目当てで見たドラマの原作の方で、一見堅そうなのに読んでみると非常に読みやすく登場人物も魅力的だなと思い、全部読むぜと意気込むほどではないにしろ図書館の棚で見かけたらちまちま読んでた方なんですが…。仕方ないからこの隠蔽捜査シリーズ、二作目予約するかと作者名で検索かけたら






 宇宙海兵隊ギガース 6 今野敏






 ……





 だめだ、猛烈に気になる……。



 隠蔽捜査なんて固いタイトルの警察小説で吉川英治文学新人賞とっときながら、宇宙! ギガース! しかも六巻まで出してる!



 まあ見てたドラマは確かになかなか飛んだ設定ではあった警察小説でしたけどね。その次に読んだタイトルはこれまた「同期」だったしなあ…。




 それはともかく、仕事してると清濁とまでは言いませんがグレーな部分や自身の判断に迷う事態やずばり保身がかすめるときもあるんですよね。これは完全に想像ですが、明らかにおかしいことを上に押し付けられたり強制されたりした時に自分はどちらに進むのかと。そういう心に突き付けてくる。保身のため不正に走る周囲の「大人になれ」の言葉に、一人徹底抗戦する主人公。


「正論が通用しないなら、世の中の方が間違っているんだ」



 ノブレス・オブリージュの精神ここにあり。









 ジオシティーズサービス終了のお知らせ



 ……(顔を覆っている)





 ……(顔を覆っている)




 ジオ…! なぜ、なぜ、俺を置いて逝く……! 共に前世紀の遺物として新元号の世も生きぬこうと(勝手に)思っていたのに……!








 嘆いていると委員長が「もう個人サイトの時代じゃないんだよ」と言ってきましたが、うっせー! そんなことは何年も前からわかってた! 個人サイトじゃない時代に個人サイトを貫くのがかっこいいって「ばらかもん」の半田先生も(似たようなことを)言ってたし!



 ってか、古いものが好きなんだよッ!! 好きなものは古いものなんだ! 自分が古いものになるのもやぶさかじゃないんだ!! マザーグースだって「なにか一つ古いもの♪」って歌うじゃないか! 







 う、うう、ジオシティーズ。数々の無料サイト運営が消えていく中でひたすら存続してくれたので、当時はよくもわからず決めたけどジオシティーズにして本当に良かったなあと思っていたのに。「Bookend-Chrisite」って区画と番地貰ったりして、訳がわからないまま手探りで、あの頃はサイト作るのが楽しくて楽しくて。元々、中学時代ぐらいから家にあったパソコンのホームページビルダーで使い方も満足に知らずに適当に作って「なんか素敵なのが出来た!」って中学生らしい感性で思って保存したのが今あなたが見ているトップページ。多分、ソースとか見ると滅茶苦茶な作りをしているんでしょうけど、通ってたサイトがトップページ変えたときに寂しかった気持ちがあってずーっとこれで通すこと16年。ここまで来たら共にしようと。




 リンクしてない色々不思議なページがたくさんあって(私自身も把握しきれてない)、ネットで知り合った方が突然亡くなってその方の追悼ページもまだあったりします。どのページからもリンクはしていませんが、ネットで知り合った方だからネット上にひっそり置いておくことが自分なりの追悼のように思えたり。(一回しかお会いしたことがないので、現実でお参りする関係性とも言えなかった)




 他にも小説の保管場所としても重要だったんです。何度かなくしたことがあるから、自分が持っているだけでは信用ができなくて。パソコンも保存データーも。ネット上にあるならなくそうと思ってもなくせないしひとまず安心だなあ、と思っていただけに。





 そんなわけで、今住んでいるとこは定期借家であと三年くらいで出て行かなきゃいけないので地味に新居探してたり引っ越しのことを考えているんですが、その前にサイトの引っ越しです。






 急いで考えた今後の予定としては。


 ・引っ越し先はとりあえずジオシティーズが推してるどれかを検討する。(なるべく長い間運営してくれそうなところ・有料でも可・データー吹っ飛ぶ例とかがないところがいい)


 ・それなりに誘導期間を設けたいので年内くらいには完了させたい。


 ・データー保存の意味もこめて、ここに載せてる小説をいくらか外部に投稿しようかと思います。アカウント持ってるし、人気あるからしばらくは閉鎖とも無縁だろうし、今のところは「小説家になろう」さんにしようかと。レタスとか置かせてもらおうと思います。人質は色々あって無理だし他にもあんまり古いのとか向こうのカラーにあわないのは無理かなあ。レタスも新サイトにももちろん置きます。置かないのはない。黒歴史もみんな持っていきます。






 急いでぐるぐる考えたのはこれくらいで。ジオシティーズさんは私は一度もデーター が吹っ飛んだとかもないし、お金もかからないのに小説を余裕で置かせてもらったり、感謝しかないです。その感謝もこめてジオシティーズさんが後押ししてくれた自分の分は全部持っていこうと。




 というわけで引き続き、何も変わらない「氷の花束」にお付き合いいただければ幸いです。










  とりあえずゲーム感想いっぱいたまったのでまとめてみました。

ペルソナ5感想 


うたわれるもの感想



 とりあえずアニメ感想もまとめてみました。 うたわれるものアニメ











 





 ここから下は妊娠出産育児の話が出てきますので苦手な方は回避してください。     

















 




 管理人へのメール(コピーして貼り付けてお使いください)→honkuibana@hotmail.com


 ブログ


              






copyright (c) 2002- hayamaiku ALL RIGHT RESERVED


キリ番next停止中
頂き物