自己紹介

とんとこはどんな人でしょう?

ほとんどの人は、とんとこが「私、ADHDなんです。」というと、「信じられない」といいます。
とんとこの一面しか知らない人は、とんとこのことをこういいます。
「なんの悩みもなさそうで、面白い人だね」「すごくまじめな人に見える」

では、ここで自己紹介をさせていただきますので、みなさんでとんとこってどんな人物か想像してみてください。


 

ハンドル とんとこ 名前からとってます。
居住地 大阪市内 大阪の中心近く
生誕地 大阪市内 北東部の端っこ・・・今は生まれた病院はないらしい
お仕事 OAインストラクター
(開店休業中)

美容と健康系

転職してからずっとしてます。当初、この仕事につくときには「あんたにゃ向いてない」みたいなことも言われましたが、なんとかこなしていました。

現在は姉の経営する美容と健康系のサロンでお手伝いしています。

家族 だんなさんの
つとむん
とんとこよりお年は上です。とても頼りになる、
楽しい人です。

つとむんの作ってくれるカレーと野菜炒めが大好きです。

お料理が上手なんですよ。

年齢 想像に任せます。 知ってる人は黙っていてね。みなさんがここにきて感じてくれる年齢がとんとこの年齢ということで・・・

別に年齢コンプレックスはあんまりないと思うど・・・秘密のほうが面白いかな・・・と思うから

一応、30代です。(笑)

趣味 読書(Part1) 村山由佳さんが好きです。でも、とんとこ実は活字を読んでたら頭の中が「カチカチ」って・・・硬いプラスティックがぶつかるような音がするんです。
だから、非常に苦労するけど・・・でも好きです。
作風で一番好きなのは村山ゆかさんです。でも、長野まゆみさんの宝石箱をひっくり返したような文章も好きです。

最近では『精霊の守人』をはじめとする「守人シリーズ」を書いている、上橋菜穂子さん。
それから、2001年の年末に私をはめたJ.K.ローリング女史(ハリーポッターシリーズの原作者)。
最近になってようやく手に入れて読みはじめた「ゲド戦記」。これは今私の人生の書の列に加わりました。
人生の書・・・といえばはずせないのは小野不由美さんの「十二国記」シリーズです。このシリーズの『図南の翼』が好きです。
それからコバルトシリーズで書いている金蓮花(きんれんか)さんの切ない文章もいいです。この人のような文章を書きたいなぁと思います。

ところで今一番のお勧めは歴史小説家の築山桂さんです。彼女の『禁書売り』『北前船始末』は時代小説とは思えない、若き日の緒方洪庵が主人公の軽快な青春グラフティです。(笑)

この他にもいろいろ読んでますが、読むのが遅いから冊数は少ないと思います。
読書(Part2) マンガです。いろいろ読みます。
でも、最近のマンガはあまり読んでないと思う。

最近連載してるもので読んでるのは「風光る」(渡辺多恵子)「原獣文書」(なるしまゆり)「彼氏彼女の事情」(津田雅美)「頭文字D」(しげの秀一)
それから、ドラマがきっかけで読むようになった「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ)です。
あと、妙にハマっているのが「あひるの王子さま」それから、最近見つけた「僕と彼女の×××(ペケ3つ)」(ともに森永あい)
この2冊は美形の主人公(♂)とことんイジリ抜いた作品です。男性の方も笑えますよ。きっと。(^^)

雑誌では「週間マガジン」「週間サンデー」(以上、つとむんが買ってくる)「花とゆめ」「メロディ」・・・「週マガ」の「ゴッドハンド輝」は今後どうなるのでしょう? それからリアクションがどんどんおかしくなる「週間サンデー」の「焼き立てじゃパン」・・・(*^^*)

アニメ スカパーでキッズステーション、アニマックス、アニメシアターばっかり見てます。だって昔のアニメとかやってるから・・・

問答無用で観てしまうのは「サンライズアニメ」・・・つまりガンダムとか・・・
よく聴く曲 THE ALFFE、Kinki Kids、ドリカム、松任谷由実、竹内まりや、ポルノグラフティ、ELTが最近のローテーションに入っています。そそ、ボンジョビも復活しました。
・・・水木一郎(笑)も好きです。出てる番組は見てしまう。
最近Kinkiのファンクラブにも入ろうかと悩んでいる。 けど・・・どうしよう???

二年連続で年末はKinkiとTHE ALFFEの二日連続ライブというスケジュールです。
カラオケ ストレス解消にはもってこい・・・でも仕事の都合上控えています。
歌うのはELT、ドリカム、松任谷由実など・・・あと、当然のようにアニメソング。

TOPに戻る