464.【や】 『柳の下にいつも泥鰌(どじょう)はおらぬ』
『柳の下にいるも泥鰌はおらぬ』
柳の木の下で一度泥鰌を捕らえたことがあったとしても、いつもそこに泥鰌がいるとは限らない。一度まぐれ当たりの幸運を得たからといって、再度同じ方法で幸運が得られると思うのは間違いである。偶然の幸運は何度もあるものではないということの喩え。
類:●二匹目の泥鰌
*********


つづく