昭和17年3月、南鳥島に海軍第7根拠地隊から派遣された350人の人を探しています。
どんな情報でも結構です。ご協力お願いします。

メールはこちらへ

  TOPへ

 

昭和十七年三月四日、米第八機動部隊が南鳥島を空襲した時、空母エンタープライズから

SDBの通信員として出撃し、日本軍の対空砲火で撃墜され、捕虜になったジャック・リーミング氏

(83歳、ラス・ベガス在住)が、当時同島におられた次の方々を探しています。

非常に人道的な取り扱いを受けたことを感謝して、ご本人、またはご家族の方に連絡したいとのことです。

日本軍の残酷さを聞いていたので、いつ射殺されるかと怯えていましたが、海軍の監視兵たちは非常に

親切にしてくれ、彼らとすっかり仲良くなりました。

その5日後に日本本土へ移送される時には、お互いに別れを惜しみ、住所を交換しあい、戦争が終わ

ったらぜひ再会しようと約束しました。

その後彼は、横浜、大船、大阪、富山の収容所を転々とし、辛い捕虜生活を送ったのですが、戦後数

十年経っても南鳥島での親切が忘れられず、ぜひ彼らと再会したいと、切望しておられます。

当時、南鳥島に駐留していたのは、小笠原・父島のです。

ジャックリーミング氏は次のメモを持っておられます。

横浜市鶴見区市場191
勲八等 市ヶ谷 三郎
(住所に該当者なし)
東京市足立区本木町一ノ三
六七 森田 太郎
(住所に該当者なし)
星 文平、
高橋辰三(たつみ)、
Masao Sakisaka

    TOPへ