ノンフィクションで見る戦後犯罪史


 戦後の日本犯罪史です。ただし、ノンフィクション、ルポルタージュ、ノンフィクション・ノベルなど、本に取り上げられた犯罪のみを取り上げていく予定です。事件そのものを取り上げた作品だけではなく、事件のその後、例えば収監時の事を書いた本なども取り上げます。年表程度でしか書かれていない事件については取り上げていません。そのため、あの有名事件がないじゃないか、などという疑問もあるでしょうが、ご了承下さい。
 経済事件、痴漢冤罪など一部事件は取り上げていないので、ご了承下さい。
 また著作物より事件概要を書いているため、著作物自体に誤りがあった場合、こちらでも誤りが生じることがあります。事実誤認がありましたら、ご指摘ください。


 日付は発生日を基本としておりますが、事件によっては発覚日、犯人逮捕日にしていることもあります。
 被害者はイニシャルか職業のみで名前は出しません。犯人は仮名を原則としていますが、著書がある場合などについては一部実名としています。誘拐事件などで被害者の名前が出てしまう場合は、名字は出さず、名前のみ出させてもらいます。


【What's New!】

 2015.8.2  新刊情報、一部裁判結果を追加。朝倉喬司『19歳の連続射殺魔 永山則夫事件と60年代』(文庫ぎんが堂)一橋文哉『宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオ』(新潮文庫)の感想を追加。

 2016.3.6 新刊情報、一部裁判結果を追加。豊田正義『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件』(新潮文庫)鹿島圭介『警察庁長官を撃った男』(新潮文庫)の感想を追加。追加した事件は2014年12月「名古屋大学女子学生・殺人事件」、2007年6月「つくば市パチンコ店長殺人事件」、1989年9月「白いマンション殺人事件」、2013年3月「江田島カキ打ち実習生殺人事件」、1971年11月「埼玉タクシー運転手殺害事件」。

 2016.4.18 新刊情報、一部裁判結果を追加。横川和夫『仮面の家 先生夫婦はなぜ息子を殺したのか』(共同通信社)久能靖『浅間山荘事件の真実』(河出文庫)中島岳志『秋葉原事件 加藤智大の軌跡』(朝日文庫)の感想を追加。

 2016.7.2 新刊情報、一部裁判結果を追加。河村啓三『こんな僕でも生きてていいの』(インパクト出版会)矢田喜美雄『謀殺 下山事件』(祥伝社文庫)の感想を追加。新たに追加した事件は1976年3月「徳島上那賀母子強盗殺人事件」。


【年  表】

【1945〜1950年】(昭和20〜昭和25年)
【1951〜1955年】(昭和26〜昭和30年)
【1956〜1960年】(昭和31〜昭和35年)
【1961〜1965年】(昭和36〜昭和40年)
【1966〜1970年】(昭和41〜昭和45年)
【1971〜1975年】(昭和46〜昭和50年)
【1976〜1980年】(昭和51〜昭和55年)
【1981〜1985年】(昭和56〜昭和60年)
【1986〜1990年】(昭和61〜平成2年)
【1991〜1995年】(平成3〜平成7年)
【1996〜2000年】(平成8〜平成12年)
【2001〜2005年】(平成13〜平成17年)
【2006〜2010年】(平成18〜平成22年)
【2011〜2015年】(平成23〜平成27年)




【参考資料】

 各事件で取り上げている文献の他に、以下を参考にした。

『明治・大正・昭和 事件・犯罪大事典』(東京法経学院出版)
朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、読売新聞、東京新聞、北海道新聞、中日新聞、共同通信、時事通信、中国新聞、西日本新聞、京都新聞、埼玉新聞、河北新報、福島新聞




【「犯罪の世界を漂う」に戻る】