つりたくにこ
(1947〜1985)


 

 三人姉妹の長女として、兵庫県の高砂市の漁師の家に生まれたつりたさん。
 幼い頃から読書が好きだった彼女は、漫画を読むのも好きだったそうで、SF小説を読む傍ら「少年マガジン」「少年サンデー」「少女フレンド」のような大手漫画雑誌も、貸本漫画も読んでいたそうです。

 そして読むだけでなく、自分でも創作を始めていました。
 文章や詩なども書いていたのですが、特に力を注いでいたのが漫画の執筆でした。中学で知り合った漫画好きの友人と共同で漫画を描いたり、個人で作品を仕上げて新人まんが賞に応募したり、漫画の編集部へ原稿の持ち込みのために上京したこともあったそうです。

 そんな中、1964年(昭和39年)に漫画雑誌「ガロ」が創刊されるのですが、白土三平さんによる「ガロ」誌上での新人募集の呼びかけに応えるべく、つりたさんは原稿を片手に上京し、編集部へと持ち込んだのでした。

 その結果、採用となり、同じく採用となった3名の方の作品と共に「新人入選作品」として、1965年(昭和40年)9月号で発表された作品が「人々の埋葬/神々の話」です。
 当時、彼女は高校3年生でした。




 高校の卒業式翌日に友人と上京したつりたさんは、アルバイトで得た収入で質素に生活をしつつ、「ガロ」にざくざくと作品を発表してゆきました。

 その傍ら「はざまくにこ」の名義を用いて、若木書房から発行されている貸本や「少女フレンド」で少女漫画なども描くようになり、一時はアルバイトを辞めて漫画に専念していたのですが、水木しげるさんのアシスタントとして水木プロで短期間アルバイトをしたり、喫茶店のウェイトレスのアルバイトをするなど、再び、アルバイトで収入を得ながらの執筆生活に戻りました。

 しかし、出来上がった作品が不採用に終わることも多くなり、一時は帰郷することになるのですが、自分自身が特集される増刊号の作品を執筆するために、再度上京したのでした。

 絵の通信教育を受けたり、絵本作品の製作を手掛けはしたものの、漫画の方は1971年(昭和46年)12月号以降、しばらくは遠ざかることになりました。




 1973年(昭和48年)頃、原因不明の高熱が続くようになったつりたさんが病院で検査を受けた所、膠原病の中では最も症状が重いとされる不治の病・SLE(全身性エリテマトーデス)と診断されました。

 翌年の4月号で、およそ2年半ぶりの登場となり、再び作品を発表してゆくのですが、緩急を繰り返しながら病状が悪化してしまったつりたさんは入院生活を送ることとなり、1976年(昭和51年)12月号での発表以降、「ガロ」から遠ざかることになります。




 1979年(昭和54年)3月に作品集「六の宮姫子の悲劇」が刊行され、1979年(昭和54年)4月号以降の「ガロ」にも再び作品が掲載されるようになりました。

 病気のために、漫画を描くことも困難だったので、掲載された作品は発病以前に描かれた作品が多かったのですが、悪条件の中でも少しずつ新作を描きためていたつりたさんは、今まで使っていた名義とは全く別の名義「風木 繭(かぜき まゆ)」にて執筆した作品「フライト」を青年漫画大賞に応募し、佳作入選を果たします。

 「フライト」が「ヤングジャンプ」に掲載される一方で、「ガロ」の方にも少しずつ作品を発表してゆくのですが、病状が更に悪化したため、新作の構想も多数練っていたにも関わらず、1981年(昭和56年)11月号での発表が最後となりました。

 1985年(昭和60年)6月、つりたさんは37才の生涯を閉じました。



 参考文献
「彼方へ つりたくにこ未発表作品集」(青林工藝舎)

 
追記
名義
 
愛知県にある、漫画本を中心に取り扱っている古本屋の
MK企画が公式サイトで公開している「貸本漫画リスト」によりますと、つりたさんは「かざまくにこ」の名義の他にも「角田まき子」名義などを使用していたそうです。

(2003.5.26更新)


 館長の挨拶 ”長いので どうぞ楽な姿勢で” 

 私が、初めて「つりたくにこ」さんの名前を知ったのは、内田春菊さんの著書「今月の困ったちゃん(マガジンハウス)」を読んだ高校生の時でした。1990年代前半です。春菊さんと紫門ふみさんの対談も掲載されているのですが、「ガロ」談義に入った時に、「古い”ガロ”の人って、結構亡くなってるそうですね(中略)”つりたくにこ”? さんとか(by 春菊さん)」「つりたくにこさん、すごく好きだった(by 紫門さん)と、お二人が「つりたくにこ」さんの名前を出していたのです。

 この対談で紫門さんがコメントしているのですが、紫門さんはデビュー当時に「つりたさんに似ているんじゃないですか」とよその方に言われたことがあるそうです。
 紫門さんのコメントから私が判断するにその方が「似ている」と指摘したのは「人物自体」ではなく「作風」だと思われます。
 
 また、「つりたくにこ」さんが亡くなっていると話を振った春菊さんが「吉田戦車さんの近況報告で”つりたくにこさんの御冥福をお祈りします”と書いてあったような気がしたんですよ。でも、わからないから、だれかにちゃんと聞いてみます。」とコメントされていたので、彼女の作品に全然触れていない時点で、私は「つりたくにこ」さんが故人なのかもしれない、と言うか、故人ではないのかと思ったのでした。

 そんな私が、彼女のファンになったのは、1997.8年の頃です。結構最近ですね。
 最初に、長井勝一さんの著書「ガロ編集長(ちくま文庫)」に掲載されている「人々の埋葬/神々の話」の原稿を拝見して、「格好良いなあ」と素朴に感動しておりました。そこには、私が勝手にイメージしていた「昭和40年代の漫画の絵」とは、まるっきり違った絵がありました。
 
通して読むとその「絵」も伏線にもなっているし、冷静に見つめると、充分「昔の漫画」の雰囲気を感じるのですが…。

 興味を抱いた私は、ガロ史編纂委員会が編纂した「ガロ曼陀羅(TBSブリタニカ)」で彼女の作品が掲載されている「ガロ」のバックナンバーを調べて、そのうちの何冊かを古本屋さんで購入しました。
 初めて拝見したのは「狭き門」。キャラクターグッズになっても悪くないような、間の抜けた可愛らしい死神3人組が繰り広げるシニカルな作品に、私は微笑ましさを覚えました。
 次に拝見したのが「極寒」。臨場感ある吹雪や桜吹雪の描写に心を奪われ、「氷河期」と報道される異常な環境下での柚木さんと春香さんの恋物語(?)に胸を打たれてしまいました。「狭き門」が昭和40年代の作品で、「極寒」が昭和50年代の作品であることを除いて考えたとしても、全く違うタイプの作品を描くことの出来たつりたさんに惹かれてゆくばかりでした。

 どんどん彼女の作品に触れ、「ガロ」の他にも膠原病関係の文献を読んでゆくうちに、私はつりたさんが病のために亡くなられたこと、床の中でも作品を完成させようとしたこと、そしてその病が当時はかなりの難病であったことを知りました。
 そんなにしてまでも漫画を描きたかったなんて・・・。 写真を拝見する限りではクールな印象を受ける彼女ですが、その内に秘めていた情熱に思いをめぐらす度に私は、そこまでに情熱を傾けたものが今までの自分にはあったのだろうか、現在情熱を傾けているものに対して自分はどこまで傾けられるのだろうかと考えてしまいます。
 それと共に、彼女がそこまで情熱を傾けた「漫画」に対しても、これほどまでに人を引き付ける威力のある芸術なのかと考えさせられてしまうのです。

 このコンテンツを御覧になっている方に、つりたくにこさんの作品の魅力を少しでも理解して頂けたら、感激です。
(また、このコンテンツに触れることで「漫画とは何なのだろうか?」と考えてみるのも、
「自分にとって、漫画とは何だったのだろう?」と漫画との関係を振り返ってみるのも面白いかもしれませんね。)

 長くなりましたが、「つりたくにこ記念文書館」来館御礼の挨拶と代えさせて頂きます。

 南部ぽてこ@「つりたくにこ記念文書館」館長