一等戦艦「朝日」
「朝日」は、日清戦争後の第一期拡 張案で計画された新鋭戦艦「敷島」に次いで、第二期拡張計画で準同 型艦として建造され、その後「初瀬」「三笠」が完成し、巡洋艦6隻 と共に六・六艦隊を編成した。
 平成24年1月8日制作

明治33年、竣工時の一等戦艦「朝日」


要目 新造時の「朝日」を示す

ネームシップ「敷島」   準同型艦  「敷島」「初瀬」

  計 画 第二期拡張計画(明治30年度予算)
  建造所 英国 ジョン・ブラウン社クライド・バンク
  起 工 明治30年8月18日 進水 明治32年3月13日
  竣 工 明治33年7月31日 喪失 昭和17年5月25日
  除 籍 昭和17年6月15日

要  目

艦  種    一等戦艦
排水量     常備排水量     15,200トン
        基準排水量   
        公試排水量   
主要寸法    長さ  全 長   129.62m
            水線長    
        幅   水線最大幅  22.92m
            水線下最大幅  
        平均吃水        8.31m

主機主罐  主機械 3気筒3段膨張レシプロ蒸気機関  2基
      主 罐 ベルビール式石炭専焼缶     25基
      軸 数 2
機関出力     15,000馬力  速力 18.00ノット
燃料搭載量  重油 ―――― トン  石炭 1,549トン
航続距離(Kn-哩)  10−7,000浬
乗 員 836人

兵装  主 砲 30.5cm40口径 年式 号連装砲 2基(4門)
    副 砲 15.2cm40口径     単装砲 14基(14門)
         7.6cm40口径     単装砲 20基(20門)
         4.7cm  口径     単装砲 12基(12門)
            cm  口径     単装砲  基( 門)
    高角砲  ―― cm――口径 ―― 式――砲  基( 門)
    機 銃     mm     ―― 式装機銃  基

    発射管 45.0cm ――式水上魚雷発射管 ―― 基
        45.0cm ――式水中魚雷発射管   4門
    魚 雷 ――式魚雷 ――本  
    飛行機 ――機
    射出機 ――基

装甲  HS(ハーベイ・ニッケル鋼)
    水線部甲鈑最大厚 229mm  防禦甲板最大厚 102mm
       主砲塔天蓋 203mm  主砲塔前盾   254mm
    ケースメイト前楯 152mm  司令塔前面   356mm

備考  大正14年2月より潜水艦救難設備を設置、呉に在って潜水艦
    事故に備えたていたが、日華事変の勃発により中国方面での
    損傷艦が増加した事で急遽、呉海軍工廠で工作艦に改造され
    昭和12年8月16日、工作艦に類別変更された。


         工作艦時の要目は以下の通り。

    基準排水量:11,141噸  垂線間長:122.10m
      最大幅: 22.94m   吃 水: 6.93m
      主 缶:ロ号艦本式缶4基
      主 機:3気筒3段レシプロ機関2基2軸 15,000馬力
      速 力:12ノット 燃料搭載量:石炭1,722噸
    計画乗員数:286名   兵装:7.6cm単装高角砲2門
 


一等戦艦「朝日」の概要

 日清戦争が終結し間もなく、第11回拡張案が立てられたが、それは
第一期拡張案と、第二期拡張案から成っており、第一期拡張案では、
戦艦「敷島」が既に建造され、第二期拡張案で最初に建造されたのが
戦艦「朝日」である。本艦は英国のジョン・ブラウン社で、明治33年
7月31日竣工し、先の「敷島」と異なり二本煙突であるが内容的には
ほとんど同一であり、これに後で就役した「初瀬」を加えた3隻は、
実質的に同型艦とみなして差支えないであろう。
註、詳細は「敷島」を参照
 本艦は明治33年3月公試運転の帰途に座礁、据付け済みの主砲塔を
はじめ多数の重量物を陸揚げ、船体を軽くして離礁させるという事故
により、予定より約3ヵ月遅れて明治33年7月31日の竣工となった。
艦の就役前の事故は、艦の将来に不吉とされていたが、本艦はそれを
撥ね返すかのように、日露戦争および第一次大戦に参加し、その後は
一等海防艦、特務艦(練習特務艦)に艦種変更されたが、更に工作艦
兼潜水艦救難艦としても使用され、太平洋戦争緒戦では工作艦として
従事、わが海軍に40年艦以上もあって、戦力に大きく貢献した。
 日露戦争に参加したわが戦艦6隻中、本艦を含め4隻が2本煙突艦
であったが「朝日」は缶配置の関係から前部煙突が円形断面で細く、
後部煙突は横幅が大きい長円形断面を成しており、更に両者の間隔が
著しく狭くなってているので、他艦との識別が容易であろう。本艦は
明治37年8月10日の黄海開戦の戦訓に基づき、前後檣のファイティン
グ・トップを廃止し、大正期初めには前檣上に射撃観測所が設けられ、
主砲塔上に 7.6cm子砲が装備されるなどの、改装が加えられたので、
大正期の本艦は、完成時の姿とはかなり異なった印象を受ける。

戦艦「朝日」の艦暦

明治33年7月31日 竣工後直ちに引き渡し、当日に英国を出発。
(1900年)    同年10月23日、横須賀に到着。
明治36年12月28日 対露戦に備えた艦隊の編成で、第一艦隊第一戦隊
(1903年)    に所属。
明治27年2月6日 日本政府はロシア政府へ国交断絶を通告。同10日
         宣戦布告、日露戦争勃発。
  同年2月9日 から旅順口攻撃、旅順港閉塞作戦に参加。
  同年8月10日 黄海海戦に参加。
明治38年5月27日 28日の日本海海戦に参加。
大正7年     第一次大戦によるシベリア出兵では、第3艦隊
(1918年)    第5戦隊の旗艦としてウラジオストック方面の
         警備に従事。
大正10年9月1日 一等海防艦に類別変更。
 同12年4月1日 ワシントン軍縮条約により、兵装、装甲を撤去し
         特務艦籍に編入、練習特務艦となる。
大正14年2月   横須賀工廠で潜水艦救難設備を設置、翌年の7月
         から呉工廠で潜水艦救難設備を改造その後、呉に
         在って潜水艦事故に備えたていたが、昭和6年頃
         簡単な工作設備を設置し、工作艦兼潜水艦救難艦
         として運用されたが、工作艦への改造が決まり、
         潜水艦救難艦として使用される機会はなかった。
昭和3年     試製呉式一号射出機を仮装備、日本海軍初の射出
(1928年)    実験を行う。
昭和12年8月16日 日華事変の勃発により中国方面での損傷艦が増加
(1937年)    した事で急遽、工作艦に改造を決定、呉海軍工廠
         にて突貫工事により8月15日に工事完了、16日に
         工作艦に類別変更。
昭和15年5月29日 から11月7日、中国方面へ進出、主に上海方面で
(1940年)    修理任務および警備に従事。
昭和16年11月28日 太平洋戦争開戦前、南方作戦支援のため第2艦隊
         に配属されカムラン湾に進出。
昭和17年3月13日 シンガポールに進出、セレター軍港に入港。
         工作艦「明石」と共に損傷艦修理に従事。
 同 年5月22日 北方方面移動のため、日本へ向けシンガポールを
         出港。
 同 年5月25日 南シナ海を航行中に、米国潜水艦「サーモン」の
         雷撃を受け左舷に2発が命中し、翌26日午前1時
         過ぎに転覆、沈没した。
 同 年6月15日 除籍。


戻る