一〇式艦上偵察機(C1M)


備 考  大正11年2月、三菱が招聘していたイギリス人
    技師スミス氏の設計により完成した。10年式艦上
    偵察機(C1M)はイスパノスイザ 300HP発動機
    を装備、実用的に優れ、昭和5年までに約 160機
    が生産され、後には、複操縦式の練習機としても
    使われた。

 
戻  る