Last Up Date 2003/01/03
第2章 文章構成
第4条 句読点の使い方

 ここで第二章は終了します。ここまで書いてきたことが文章を書く上で、もっとも根本的な作法であり、基本中の基本で す。この第二章さえマスターできれば文章なんて簡単に書けてしまいます。
 しかし、それはあくまで「正しい文を書ける」だけのことです。「綺麗で、人目を引く文章」ではありません。確かに意味は通じますが、あまり見た目の良い 文章とは御世辞にも言えません。そういった「綺麗な文章」を書くためには、次章「修辞学」の技術が必要となります。

 それでは、「句読点(符号)」の使い方に入りましょう。句読点、厄介です。本当に厄介です。段落同様、よく理解できて いないのが現状でしょう。まったく日本の国語教育は何をしているのでしょう、と憤慨したいくらいです(苦笑)。
 冗談はさておき、句読点の種類をご存じでしょうか? 私は知りません(笑)。いや、石は投げないでください。句読点はそれほど数が多いのです。日本語を 使っている以上、いくつかは知っているでしょう。また、なんとなく使えています。でも、それが本当に合っているのか、それを確信している人は少ないはずで す。だからこそ、符点の使い方は知るべきなのです。
 次にあげる句読点は、おそらくその代表的なものでしょう。

(1) 句点 「。」「.(英文)」
(2) 読点 「、」「,(横書き、英文)」
(3) 中点 「・」
(4) 波ダッシュ 「〜」
(5) 矢印 「→←↑↓」
(6) 三点リーダー 「……」
(7) 棒ダッシュ 「──」
(8) 一字ダッシュ 「─」
(9) ハイフン 「‐」
(10) 二重ハイフン 「=」
(11) 疑問符 「?」
(12) 感嘆符(エクスクラメーション・マーク) 「!」
(13) ひとえかぎ 「」
(14) ふたえかぎ 『』
(15) ノノかぎ ノノカギ
(16) ダブルコーテーション “”(横書き、英文)
(17) パーレン ()
(18) ブレーズ {}
(19) 山パーレン 〈〉
(20) きっこう 〔〕
(21) ブラケット []
(22) コロン 「:」(横書き、英文)
(23) セミコロン 「;」(同上)

 以上が句読点(符号)の一部です。実に多くの符号があります。パソコンを使っている方ならご存知だと思いますが、パソ コン内に収録されている記号は多種多様です。その数は把握している人がいるのか疑問になるほどです。もっとも、その中で実際に使用するのはごくわずかしか ありませんが。
 このほかにも、「傍点・傍線」「くりかえし符号」があります。傍点・傍線はその名の通り、文字の脇につける点や線のことです。繰り返し記号とは、「我 々」「淡々」など文字を繰り返すとき、省略文字として使う記号のことです。

■傍点・傍線(文字の上や右端に書きます)
(24) わき点……「ヽヽ」
(25) 傍点……「・・」
(26) 傍線……「||」(本当は縦書きのみ。なので、こんな形になってしまいました)
(27) 二重傍線……「‖‖」(同上)
(28) 下線……「__」(横書き。文章の下に書く)
■くりかえし符号
(29) 「々」……漢字を繰り返す時に使用。
(30) 「ヽ」「ヾ」……平仮名を繰り返す時に使用。後述の記号は濁音の場合。
(31) 「ゝ」「ゞ」……片仮名を繰り返す時に使用。
(32) 「〃」……同一の語句全体を繰り返す場合に使用。ただし、文中では使用せず、表などで使用する。

 簡単にあげて、これだけの数が出てきます。実際はもっとあり、パソコンでは表示できないものもあるので、パソコンで利 用できるものだけを挙げてみました。
 くりかえし符号について、気をつけていただきたい点があります。たとえば、「我々」「切々」といった使い方はいいのですが、「民主主義」を「民主々義」 とは書けません。それは民主主義は「民主・主義」と二つの言葉の複合語だからです。いえ、たぶん間違いはないと思うのですが、世の中には電子レンジに猫を 入れる人や冗談で広告した「応募シール10万枚集めた方に戦闘機をプレゼント」を真に受けて裁判沙汰にする方もいますので。
 しかし、色々ありますね。でも、この中で「句点」「読点」「感嘆符」「疑問符」、かぎかっこ類しか習っていませんよね、多くの場合。これすべてを解説す るのは面倒ですし、実際はほとんど使わないものばかりです。必然的に使う頻度の高いものは決まってしまいますし、ほかを使うことはまずないでしょう(特殊 例を除いて)。
 全部説明してもきりがないので、特に使うであろうものを四つ──「句点と読点」「リーダーとダッシュ」「感嘆符と疑問符」「かぎかっこ」に分けて説明す ることにします。おそらく、これから説明する記号さえ分かっていれば、文章を書く上でなんら問題はないはずです。

*このページに書かれていることは、壬桜華の私見であり、必ずし も絶対とは言えません。
最終的には、ご自身で判断してください。


次のページへ

トップページへ

Copyright(C)2002, Kankodorido All Rights Reserved.