T・Kとの邂逅 ―― 開高健 ――  ――― FESTINA LENTE ―――


【開高健−Takeshi Kaiko】
開口一番
 1930年(昭和5)、大阪市生まれ。大阪市立大学法学科卒業。  寿屋(現サントリー)の勤務を続けながら、新日本文学に「パニック」を発表。さらに組織と人間の問題を描いた「裸の王様」で芥川賞を受賞した。ベトナム戦争に従軍記者としてカメラマン秋元啓一と同行、その体験を生かしてルポルタージュ「ベトナム戦記」、長編「輝ける闇」を発表。  釣魚に関するルポルタージュも多く、アメリカ大陸縦断の釣記「もっと遠く!もっと広く!」ブラジルでの「オーパ!」などが有名。行動派作家として 知られる。1989年永眠。
【開高健関連本】 

「文學界」2月号      

2012/2/1発行

「文學界」2月号
未発表原稿「食卓と寝台」を掲載。 

―最新更新情報―
T・Kとの邂逅―開高健― ―06月03日―
― 特集・追悼本 ―を更新しました。
―邂逅記―    ―単行本―    ―全集―   ―文庫本―    ―関連本―     ―特集・追悼本―     

―雑誌―  ―翻訳本―    ―遅雪豆本―   ―探求本日記―      ―特装本―   ―コレクシオン―    

    ―開高健記念館―    ―開高健記念館 2 ―    ―眼ある花々―LINK―      


Copyright©2001-2012, TUSK Akimura All rights reserved.

E-mail :tk_kaiko@yahoo.co.jp