「もうひとつの青春」 代表として著者が安岡章太郎氏となっています。