「回想 開高健」 谷沢永一氏による人物像。
まさに近しい人だけに書ける本です。
特に葬儀についての章は複雑な気持ちで読みました。