■ 傾城水滸伝 席次表・其の一 ■

『傾城水滸伝』とは?
文政八年(1825)〜天保六年(1836)に
曲亭馬琴(←言わずと知れた『南総里見八犬伝』の作者)によって書かれた、水滸の性別逆転物パロディ。
時は鎌倉時代、紀州熊野の寺院の地中から解き放たれた万葉の傾城(遊女)たちの亡魂が
女豪傑として転生し、琵琶湖北岸・賎ヶ岳にある江鎮泊に集結するというストーリー。

ただ、あの凝り性の馬琴作な割には、水滸で言うところの関勝・董平にあたるキャラクターが登場しなかったり、
また初登場と再登場で名前・渾名が変わってしまっているキャラクターがいたりと結構適当…。(汗)
今回一覧にするにあたり、その辺は私の趣味で「いい」と思った方の渾名を採用させていただきました。
そんなこんなで実は不完全な一覧だったりします。スミマセン…。

参考文献 : 「古典叢書 滝沢馬琴集II 第13・14巻」(本邦書籍


No. 宿星名 水滸伝 傾城水滸伝
托塔天王 晁蓋 夜叉天王の小蝶 やしゃてんのうのこちょう
1 天魁星 呼保義 宋江 春雨の大箱 はるさめのおおはこ
2 天罡星 玉麒麟 廬俊義 麒麟閣のお俊 きりんかくのおしゅん
3 天機星 智多星 呉用 智計海呉竹 ちえのうみくれたけ
4 天間星 入雲龍 公孫勝 指神子蓍 さすのみこめとぎ
5 天勇星 大刀 関勝
6 天雄星 豹子頭 林冲 虎尾の桜戸 とらのおのさくらど
7 天猛星 霹靂火 秦明 迅雷の秦名 ときいかづちはだな
8 天威星 双鞭 呼延灼 二鞭の芍薬 ふたつむちのしゃくやく
9 天英星 小李広 花栄 女弓取の花的 おんなゆみどりのはなまと
10 天貴星 小旋風 柴進 折滝の節柴 おりたきのふししば
11 天富星 撲天G 李応 上不見鷲の巌居 うえみぬわしのいわい
12 天満星 美髯公 朱仝 篠芒の朱良井 しのすすきのあからい
13 天孤星 花和尚 魯智深 花殻の妙達 はながらのみょうたつ
14 天傷星 行者 武松 女行者竹世 おんなぎょうじゃたけよ
15 天立星 双鎗将 董平
16 天捷星 没羽箭 張清 十町礫の清香 じゅっちょうつぶてのきよか
17 天暗星 青面獣 楊志 青嵐の青楊 あおあらしのあおやぎ
18 天祐星 金鎗手 徐寧 槍梅枝除夜 やりうめがえとしのよ
19 天空星 急先鋒 索超 向不看の索城 むこうみずのなわしろ
20 天速星 神行太保 戴宗 韋駄天の夏目 いだてんのなつめ
21 天異星 赤髪鬼 劉唐 赤頭の味鴨 あかがしらのあじがも
22 天殺星 黒旋風 李逵 旋風の力寿 つむじかぜのりきじゅ
23 天微星 九紋龍 史進 浮潜龍衣手 ふせんりゅうころもで
24 天究星 没遮欄 穆弘 天地金の末広 てんちきんのすえひろ
25 天退星 挿翅虎 雷横 直蜚の稲妻 ひたとびのいなづま
26 天寿星 混江龍 李俊 都鳥の琴樋 みやこどりのこととい
27 天剣星 立地太歳 阮小二 大歳麻の二網 おおとしまのふたあみ
28 天平星 船火児 張横 丸木船の横鯛 まるきぶねのよこたい
29 天罪星 短命二郎 阮小五 気違水の五井 きちがいみずのいつつい
30 天損星 浪裏白跳 張順 掻頭の下貝 かいつむりのしたかい
31 天敗星 活閻羅 阮小七 鬼子母神の七曲 きしぼじんのななわた
32 天牢星 病関索 楊雄 病葉の夏楊 わくらばのなつやぎ
33 天慧星 弃命三郎 石秀 命不知の岩[木屠] いのちしらずのいわひば
34 天暴星 両頭蛇 解珍 山又山の幸女 やままたやまのさちめ
35 天哭星 双尾蝎 解宝 十万里山の狩倉 とまりやまのかりくら
36 天巧星 浪子 燕青 百荻の青海 ももおぎのあおみ

←TOP ■ 其の二→ ■ 其の三→