3月23日 土曜日 平成十三年度 萩原小学校卒業式

入場 入場。在校生が指揮棒を振っているよ。 証書の授与 証書を受けて席に戻るところ
卒業生が合唱している この鉢花は、会場をぐるり囲んでいた 卒業生が在校生に歌っている 袴の女性は担任だろう。順に退場するところ。
在校生が先輩に向けて合唱している



卒業生式歌        
 未来へ


ほら 足元を見てごらん
これがあなたの歩む道    ※
ほら 前を見てごらん
あれがあなたの未来


母がくれたたくさんの優しさ
愛を抱いて歩めと繰り返した
あの時はまだ幼くて意味など知らない
そんな私の手を握り
一緒に歩んできた


夢はいつも空高くあるから
届かなくて恐いね だけど追い続けるの
自分の物語だからこそ諦めたくない
不安になると手を握り
一緒に歩んできた


その優しさを時には嫌がり  ※
離れた母へ素直になれず


  ※  繰り返し


未来へ向かって
ゆっくり歩いて行こう 




 素敵な友達


ひとはみんなだれでも
ひとりでは生きていけないから
いつもすてきな友達と
この手をつなぐのさ


悲しいときも
仲間がいればつらくはない
苦しいときも
仲間がいればつらくはない


僕も君も時には
暗やみに落ちてとまどうから
いつもすてきな友達と
ほほえみ交わすのさ


愛と仲間
それさえあればつらくはない
愛と仲間
それさえあればつらくはない


在校生・職員式歌


歌よ ありがとう


歌は 僕たちの 心の中に
ともだちのようにやさしく
いつでもそばにいるよ


時は 流れて 心の奥に
いつまでも忘れられない
ひとつの歌がある


 シング ア ソング
  歌おう
 シング ア ソング
  あわせて     ※
 シング ア ソング
  ひびけ
 歌声 いつまでも


今は もう涙 忘れたけれど
あのときに歌った歌が
勇気をぼくにくれた


だから いつの日も 心をこめ
この歌を君に贈ろう
僕らの歌声を


  ※ 繰り返し



   全校の歌(退場の歌)


  ベスト フレンド


もう大丈夫心配ないと 泣きそうな私の側で
いつも変わらない笑顔でささやいてくれた
まだ まだ まだ やれるよ だっていつでも輝いている
時には急ぎすぎて 見失う事もあるよ 仕方ない
ずっと見守っているからって笑顔で
いつものように抱きしめた
あなたの笑顔に 何度助けられただろう
ありがとう ありがとう ベストフレンド


こんなにたくさんの幸せ感じる時間は 瞬間で
ここにいるすべての仲間から 最高のプレゼント
まだ まだ まだ やれるよだっていつでもみんな側にいる
きっと今ここでやりとげられること どんなことも力に変わる
ずっと見守っているからって笑顔で
いつものように抱きしめた
あなたの笑顔に 何度助けられただろう
ありがとう ありがとう ベストフレンド


時には急ぎすぎて 見失う事もあるよ 仕方ない
ずっと見守っているからって笑顔で
いつものように抱きしめた
あなたの笑顔に 何度助けられただろう
ありがとう ありがとう ベストフレンド


ずっと ずっと ずっと ベストフレンド



三、
 あすなろ あすなろ
 大きくなろう
 風さわやかな すわの森
 ふたばすくすく 健やかに
 のびよう 萩原小学校
 明日の日本が まっている
二、
 あすなろ あすなろ
 よい子になろう
 益田の流れ 清らかに
 心正しく 美しく
 みがこう 萩原小学校
 楽しい夢が みちている

校歌 (昭和四十三年二月制定)

 一、
  あすなろ あすなろ        
  かしこくなろう
  緑の山にかこまれて
  みんな楽しく ほがらかに
  学ぼう 萩原小学校
  若い希望が おどっている