そばを使った料理  ■ いくらのぶっかけそば


ぶっかけ”はかけそばのはじまり。
もともとかけそばは冷たい汁をかけたもので冬は暖かいものを食べたいので区別するため冷たいのを「ぶっかけ」暖かいのを「かけそば」となった。

うんちくおわり
今が旬の「生筋子」を買ってきて「いくら」を仕込んで贅沢にたっぷりのいくらをのせた「いくらのぶっかけ蕎麦」をつくる。

ikurabukake.JPG (28607 バイト)ikurabukake2.JPG (22671 バイト)
いくらのぶっかけそば(かまぼこ・かいわれ大根・三つ葉・大根おろし・海苔)

▲いくらの仕込み

ikura.JPG (25470 バイト)
いくら(塩)

用意するもの
1.生筋子
2.ボウル
3.ざる
4.餅網
5.茶漉しか小さなすくい網

6.スプーン
7.塩
8.醤油(醤油漬けの場合)

作り方
↓1.ボウルに水2リットルと塩大さじ1を入れ0.8%の塩水を作る。
↓2.ボウルの中で生筋子の血筋をスプーンでなぞって血をだす。(皮ははがさない)
↓3.ざるに上げて水を切っておく。
↓4.空のボウルに餅網を置いてその上からなぞって粒をおとす。
↓5.また1.の塩水をつくりその中に4.を入れて皮のかけらやゴミを茶漉し等ですくう。
↓6.再びざるに上げて水を切る。

調味1(塩)
↓1.ボウルに水1リットルと塩大さじ6を入れて9%の塩水を作る。
↓2.水を切ってあったいくらを入れて手でやさしく7分間まぜる。
そのとき残ったゴミを茶漉し等で取り除く。
↓3.ざるに上げて,そのまま冷蔵庫で2時間休ませれば出来上がり。

調味2(醤油)
↓1.醤油をひたひたに注ぎ,ざっとかきまぜて15分置く。
↓2.ざるで醤油を切って出来上がり。

1.2.とも冷凍庫で保存すれば3ヶ月もつ


▲いくらのぶっかけ蕎麦の作り方

蕎麦(生めん) 150g


トッピングの素材
1.いくら
2.かまぼこ
3.三つ葉
4.かいわれ大根
5.海苔
6.そばつゆ(同割り) 160cc

▲作り方

↓1.茹でた蕎麦を器にひろげる。
↓2.麺の上に三つ葉,かいわれ大根,1cm角に切ったかまぼこを散りばめる。

↓3.中央に拍子木に切った海苔を置きその上にたっぷりのいくらを乗せる。
↓4.脇から同割りを注いで出来上がり。

▲コメント

同割りとはもりつゆ(ざるそばのつゆ)とかけじる(種物のつゆ)を半々に割ったもの。




トップ活動記録そばを使った料理


Copyright (C) 2004-2005 Hayakawaan. All Rights Reserved.