ようこそ!Silk World へ…

☆★ ご挨拶 ★☆  『シルクワールド』へのお誘い。ギャラリーINDEXへご案内!


 はじめまして、私は千葉市在住の舩後(ふなご)と申します。

 
私は今、両手両足が殆ど動きません。ALSなんです。
さらに物も食べられず、呼吸さえ出来ませんし、勿論喋れません。でも、それでは死んでしまいますので、息をする為に、喉に穴を開けて人工呼吸器をつなぎました。また食事は、胃に開けた穴より、栄養剤を注入しています。まるで仰向けのミノ虫といった様子で、生活を送っております。

 
でも人生楽しくて仕方がありません。理由は無数にあります。
その中でも私のお気に入りの訳は、好きなだけ好きなことを考えてても、誰にも怒られないことです。だから詩を書きました(My best friend who name is Kazuyo,suggests to write the poem for me!)。自由に思いつくまま。

 実は、廻りの人は知りません!妻さえも。
創作の師匠noriさんをはじめ、ほんの数人の方にだけ紹介をしてきました。勿論稚拙です。でもnoriさんが、全く別の私の顔を映し出す場を、与えて下さいました。
本当に感謝です。そこで私は、私の新たなる一面を、全く別のフィールドでご披露致します。
名付けて『シルクワールド』です。宜しくお願いします。【舩後】

noriさんより

 舩後さんは1957年10月生まれ。42歳の時noriさんと同じ難病ALSを発病。現在は人口呼吸器を装着しパソコンと発声装置を駆使し、同病の方の相談に乗ったり、メンタルケアをされたり、講演活動をしたり、海外の国際会議に参加するなど超人的な活躍をしておられます。

 舩後さんとのお付き合いは、今年一月にNHKテレビに出られたのを見ましてメールを差し上げてからになります。それからは毎日の様にメールをやり取りしております。
舩後さんの生き方は多くの患者さんたちに勇気と希望を与えてくれています。noriさんも其の内の一人ですが果たして舩後さんの様な勇気ある生き方が出来るか分りません。

 noriさんの事を“創作の師匠”などと呼んでいますが恥ずかしい限りです。
『みんなの歌』『薫風歌会』を通じて投稿頂いた詩歌を改めてご紹介し、今後舩後さんからのものをupして参ります。ご愛顧の程、お願い申し上げます。

 尚、舩後さんのホームページにもお立ち寄り頂ければ幸甚です。

ギャラリーINDEXへご案内!