さんの短歌(19)

一月の歌

平成15年 
歌会始御歌

天皇陛下

   我が国の旅重ねきて思ふかな       
      年経る毎に町はととのふ


皇后さま

ひと時の幸(さち)分かつがに人びとの  
         佇
(たたず)むゆふべ町に花ふる


皇太子さま

オックスフォードのわが学び舎に向かふ時    
        ゆふべの鐘は町にひびけり


同妃雅子さま

いちやう並木あゆみてであふ町びとに  
         みどり児は顔ゑみてこたふる

2003.1.31 444

月暦十二ひと重も今日限り十一ひと重となる睦月の晦日
ひと月は早いものだなァー、月めくりも明日には11枚となる。

2003.1.30 443

底冷えの厳しき朝は堪へたり草木芽吹く春を待ちわぶ

2003.1.29 442

大寒波襲来とゆふ凍える日ネッ友より雪の便り多し

2003.1.28 441

北風はひと日吹き荒れ樹々鳴らしまだ実も熟れぬ夏蜜柑落つ

2003.1.27 440

夕闇の迫り来る頃雨風は激しく窓打ち何をか告げむ

2003.1.26 439

昼下がり妻と二人の静かなる言葉少なきひと時のあり

2003.1.25 438

公約を破ることなど「大したことない」と云える大した首相あり
国会の答弁で「問題を処理するためには、この程度の約束を守らなかったというのは大したことではない」との小泉さんの発言には日本中の人が驚いた。

2003.1.24 437

流氷を見たき願いも叶わずにその情報をパソコンで見る

2003.1.23 436

雨上がり夕暮れの街潤いて勢いを増すネオン眩しき

2003.1.22 435

頻繁に起こる凶悪犯罪に眉を顰めてワイドショー見る

2003.1.21 433-434

横綱の清し引き際笑みの有り安堵の面を涙して見る

横綱の批判する人数あれど「不惜身命」見事貫く
1月20日、横綱貴乃花引退す。

2003.1.20 432

風止みて大寒の夜は沈々と更けて上がるや十六夜の月

2003.1.19 431

久々の雨に空気も湿るらしインフルエンザの治まり願う

2003.1.18 430

付き添いし皇后の心思う時夫婦の愛はわれ等と同じき
天皇陛下、前立腺癌手術

2003.1.17 429

見た目には分かぬ心の傷跡は八年(やとせ)過ぐとも思い新たに
阪神淡路大震災から八年の歳月が流れた。しかし、町は復興を遂げたものの、被災された人々の心の復興はまだまだです。献灯に訪れる人達の涙が物語っている。

2003.1.16 428

北風が樹々を揺らせるその音に身は縮まりて家に篭れり

2003.1.15 427

粛々と宮中歌会進みゆき陛下の御歌平たき言葉

2003.1.14 426

ピラカンの実を啄ばみし小鳥たち窓を開ければパッと飛び散る

2003.1.13 425

陽光を浴びてうねりは静かなり遠州灘は荒波忘れて
今日は愛知県の蒲郡市に有る、貝の館ファンタジア館に皆で行った。貝の芸術に触れ、世界の貝の展示や化石は見るべき物が有る。孫達も大喜び。エビせんセンターでは試食も有りこれまた大満足。

2003.1.12 424

久々に桜が池を訪ぬれば水面に浮かぶ鴨の群れ見ゆ
気も良し、久しぶりに浜岡町の桜が池に連れて行ってもらった。何時もは鯉が餌を求めて群がってくるのに、冬のせいか姿は見えない。鴨が群れ遊んでいる。

2003.1.11 423

穏かに快晴の空広がりて小鳥が一羽吸い込まれゆく

2003.1.10 422

金柑を煮つめて風邪の薬にと火加減を見る妻居て嬉し

2003.1.9 421

何処にか迷いていたか年賀をば手に取り見れば母となりしと

2003.1.8 420

真白なる富士の高嶺も遠く見ゆ住めば都よわがふる里は

2003.1.7 418-419

ほとけのざすずなすずしろせりなずなはこべらごぎょう七草の粥

七草の謂われも知らで粥を食み

七草粥セットを買ってきて頂きました。

2003.1.6 415-417

小寒の朝孫娘に誘われてカーテン開くれば初雪の有り

雪ありて我が家の庭の風情かな

初雪や庭の草々隠しをり


「じいちゃん、外白くなってるよ」の声に友莉子と廊下に出て見れば薄っすらと雪化粧していて暫し眺める。

2003.1.5 414

昨夜より西風強く今も尚吹き荒れ狂ふ小寒前夜

2003.1.4 413

教え子の失踪有りて心労に倒れし義姉逝きて幾年

2003.1.3 412

小雪舞う中継所には人溢れ襷を繋ぎ倒れ込むあり

2003.1.2 411

児等の居ぬ正月二日は静かなり駅伝見つゝ妻と語らう

2003.1.1 410

仏前に病の治癒と家族等を守り賜えと祈る元朝


noriさんチ 玄関 へ   next   back   indexへ