十一 源大納言雅俊、「一生女犯をしない」という鉦を打たせた事

 

 これも今より昔、京極に源大納言雅俊という人がいた。

 大納言が、不淫戒という仏教の戒めを保って一生女犯しない事を誓える

者を集めて、経を講ずる法会を行なう事にした。

 そこで、それを選ぶ為に僧たちに仏前で鉦を打たせる仏事を開いた。

 ある僧が鉦を打つため、仏を礼拝する座床にのぽったのだが、少し顔色

がおかしい。鉦を打つ為の撞木を取ったまでは良かったが、その撞木を回

しながら打とうか打つまいかしばらく考えているのだ。

 それで大納言も『どうするのだろうか』と思って様子を伺っていた。

 どれほどか時間が立っても、ちっとも物も言わないで考え込んでいるの

で、他の人々も心配していると、この僧、突然わなわな震えた声で、

「手淫はどうなるでしょうか」

 と問い掛けた。そこで皆々大笑いしている所へ、

「手淫はいつ頃なさったのか」

 一人の侍が聞いたのに対して、この僧、首をひねって、

「ちょっと昨夜もいたしました」

 という答えに、またも大爆笑となった。

 この僧、そのどさくさに紛れて、全速力で逃げ出したそうだ。

 

戻る 宇治拾遺INDEXへ 次へ