水曜どうでしょうが好き。
はじめに。。。

2002年9月、おいらは引越しをしました。
今まで視聴することの出来なかった、地元のテレビ局が映ることに気づきました。
その時、ある、元道民の方がワタシにあるテレビ番組を教えてくれました。

”おもしろい番組があるよ。”

全てはそこから始まってしまいました。
その番組は「水曜どうでしょう」
あまりにもバカバカしく、あまりにも面白く感じるのに
・・・多少時間はかかりましたが、「ぷっ」と笑ってしまったが最後
タイミングよくDVDコンポを買ってしまっていたこともあって
水曜どうでしょうDVD第一弾「原付ベトナム縦断1800キロ」を
購入してしまったら、、、面白さにどっぷりとハマってしまったのでした。

どうでしょうの企画者であり、出演者である鈴井貴之さんは
creative office cueというタレント事務所の社長でもあります。
ここにはどうでしょうのもうひとりの出演者、大泉洋さんも所属しています。

ワタシはこの二人のことが大好きになってしまいました。
そしたら二人の廻りにいる人たちのことも大好きになってしまいました。
とても愉しくなってきちゃいました。
そして
水曜どうでしょう、という番組を知ってから、芋づる式に興味の幅がひろがりました。
どうでしょうのディレクターがお芝居を作った、ということから興味を持った舞台観劇。
スズイさんが映画監督になったことから、他のドラマや映画を見るのも愉しくなってきました。
どうでしょうのエンディングテーマを歌っていた樋口さんのライブに
気楽に行ったことから音楽生活が復活したり
やたら愉しくなり始めました。

そんな、さまざまなことを気楽に書いてるブログでございます。





special thanks BataBata



”どうでしょう”をめぐる人々

樋口さんについての補足。



へなちょこちょこな日々





specialthanks BataBata