Contents 
更新履歴
当サイトと免責事項について
[IwD日本語化プロジェクト]
今までの歩み
導入方法と問題点
HoWオープニングムービー
ダウンロード
[リンク]
[掲示板]
[メール]
 
 
 

更新履歴


■21/03/2004

・Neverwinter Nights日本語拡張版が出たばかりだというのに、案外プレイされてる方も多いようですね。随分前から期待して頂いた方もいたりして…ありがとうございます(涙)

・BBSでなにやら需要がありそうなコメントを頂きましたので自作のポートレートをあげときました。
こちらからどうそ。


■17/03/2004

・公開に備えて掲示板追加。まあ連絡用にでも使ってください。

・ファイルアップ。翻訳自体はまったく進んでませんが…。今振る帰ると結構酷い棒訳の部分もあったりするんですが。まあ現状の私生活を振り返るにこれ以上手をかけられないっぽいのが現実ですかね。

・ああ…よくよく考えれば某OFF会での約束から三ヶ月も経っちまいましたね。関係者諸氏に深くお詫び申し上げます。酔っ払って大口叩くだけの自分でごめんなさい…ナギャーノ(笑)


■25/11/2003

・サイトのデザインを少しいじる…。ちょっとは変わったか?

・最近の進捗その2…

〜11/07
不明NPC用STRING解明→完了。

〜11/12
サイニキズム…喋る剣の正体はこいつだった。そして剣の文句が完了…。(HoW追加アイテム)

*-*-* 21490
834 DR、賢者リジデインと呼ばれるウィザードが自分のタワーに侵入した有名なシーフを捕らえた。シーフはイルファイン・ブラックフェザーと名乗る冷たい男だった。リジデインは老いて虚弱になった自分の身体に嫌気が刺していた。状況を改善するため、彼は壺に魔法をかけジェムにイルファインの魂を封じ込め、リジデインは若いエルフの身体に自分の魂を移し、ジェムは手近の棚にしまった。そして100年後、リジデインはそれを何かに使ってみる事にした。彼は、横柄な護衛であるガンダックのために剣を作り、ジェムから剣へイルファインの魂を移した。絶えず際どい人生を送ってきたイルファインは、戦闘になるとガンダックを罵り始めた。ガンダックは2週間にわたってその剣に悩まされることになり、ついには通りに投げ捨てた。それを拾い上げた一連の戦士等はみな、わずかな時間でその剣を捨てることを繰り返したようだ。そして時と共にその武器は現在の名前で知られるようになった。

〜11/19
「Contact Another Plane」呪文発動時会話完了…IwD部で活用しても、HoWの受け答えしか出ないのは、バグっぽい。ていうかヨールダーと一回でも話してしまうとIwD部でのサポートが一切受けられなくなる。

・残りは…?

○HoW追加アイテム、解説文
*女バージョンdialog作成のため、オカマ台詞の修正→PC会話部のチェック。


■04/11/2003

・最近の進捗など…

〜10/26
HoW噂+トラッキング部翻訳完了

〜10/29
IwDトラッキング部翻訳完了

〜11/01
HoW追加アイテム、解説文を除く情報(含効用である「特殊」事項)翻訳完了

・残りは…?

○「Contact Another Plane」呪文発動時会話…これIwD部で活用しても、HoWの受け答えしか出ないんだけどバグ?
○一部噴出し不明NPC用STRING
○HoW追加アイテム、解説文


■23/10/2003

・IwD日本語化プロジェクト公開のためのHPを作成してみる。内容はいたって非公開前の以前のものと変わらず…(^^;

今年もアイスウィンド・デイルの季節がやってきました!(オイ)

 著作権による公開の断念と、RtFDの開発により長らく凍結していたInfinity Engine製D&Dゲームの日本語化翻訳プロジェクトですが、RtFD開発メンバーとのOFF会で得たサントラを機になぜか再びやる気が再燃!Icewind Dale: The Ultimate Collectionの発売も追い風となり、こなりゃ、Ultimate Collection全てを完訳してしまえ!(日本語万歳(笑))のノリの元にプロジェクトを再開させました。(ホントかよ…。)

 進捗としては、以前訳したテキストを元に拡張追加呪文の翻訳が完了といったところっす。この後、HoWで拡張となったトラッキングの考察分を終わらせひと段落。その後、追加アイテムの翻訳と微調整を済ませて完全日本語版公開としたいと考えております。(年内完成目標)今までの翻訳時の経緯なんかは
こちらをご覧くださいませ。以下は最新のスクリーンショット。

▲TotLM突入直後。 ▲美しい雪景色と氷の構図はIwDシリーズ共通の特徴 ▲追加呪文も日本語化

 IwD2については…誰かやってくれい(笑)

All infomation contained within this site are
Copyright (c) 2003 Norakuro all rights reserved.