透析導入後


2003.9.23更新


透析導入後は、23才から27才迄は体のためにスポーツクラブに通いました。 今では考えられないのですが、エアロビクス上級のクラスに週4日、 休むことなく通いました。途中、苦しくなっても最後まで参加していました。 行きたくない日も多々ありましたが行ってしまえば楽しく、ストレス発散できて いたような気がします。(ちょっとやりすぎた日もありました・・・)
 そしてある日、突然家を出たくなり自分でアパートを探し始め、 実家から歩いて15分程の所にアパートを借り、一人暮らしを始めました。 この時も両親は反対することなく家を出る準備を手伝ってくれました。
しかし、家を出たのはいいのですが、「洗濯機がないから・・・」などと理由をつけ、 週末は実家に帰り、夕飯をごちそうになってからアパートに帰って寝る。という 生活でした。(これでは一人暮らしの意味がないですよね・・・)
不思議なことに、オシャレをする事も忘れてしまっていました。 毎日どうでもいい服装で、仕事とスポーツクラブの往復をしていました。
一番オシャレをしたい年頃のはずなのに、 私は洋服には全く興味がなかったのです。
今考えると”もったいない!” もっともっとオシャレをすれば良かったのに・・・若い内に着られる洋服は この頃にしか着られないのに・・・と、とーっても後悔しています。
その反動でか、現在は洋服大好き!ちょっと若作りな洋服ばかり買っています。
自分の好きなことをするのに、早いも遅いもないんだなぁ。
いつでもいいんですよ。きっと今が私のオシャレをする時期なんだなぁ。
と思っています。
だからこれからも、思いっきりオシャレを楽しみま〜す!

 話は25才くらいの時に戻りますが・・・
ついに友達に話す日が来たのです。
専門学校時代から、毎年夏、一緒に沖縄旅行をしている友達がいるのですが、 透析になってからは「日にちが合わないから・・・」などと口実を 言って、ずーっと断っていました。
何歳の時か忘れましたが(25才くらいの時かな?)
ある日、その専門学校時代の友達が、 一人暮らしをしている私の家に遊びに来ることになりました。 とても仲のいい友達だったので、「きちんと話して、沖縄旅行中、 私が病院で透析をしている間の4時間、待っててもらうことができれば、 また昔のように一緒に沖縄に行ける!よし、今日こそ話してみよう!」という 気持ちになったのです。
その日が来ました。
ドキドキしながら友達に透析の事を話したのを覚えているのですが、 友達がどんな反応をしたのか、あまりよく覚えていません。
後から聞いた話だと「ビックリした。今まで全然気づかなかった」と言っていました。
でも、勇気を出して友達に話した事によって、2人の沖縄旅行が復活した事がとても嬉しかったです。

29才の春頃、再び悩みがやって来ました。
6年間、週2日透析をしていたのですが、「そろそろ週3日にした方が良いのでは?」という話が 出てきたのです。「体のためには週2日より、週3日の方が良い。」という事は、私もよくわかっていました。 しかし、1週間の内、「2日」自分の時間が拘束されるのと、「3日」拘束されるのとでは気持ちも、生活も全く違うのです。
現地透析なしの旅行で考えると・・・3泊4日ができなくなるのです。
私は週3日になるのがとてもとても嫌でずーっと逃げていました。
わがままを言い、先生方にもご迷惑をおかけしてしまいました。
でも自分のデータを見て、「あー、そろそろ週3日にしないとなぁ。」と思う時が来ました。
最後に大好きな”沖縄”に行ってから週3日透析になりました。
今では週2日の時のように食事に気を遣う事も少なく、
ほどほどに好きな物を食べ、水分を取っています。
拘束時間は増えましたが、制限が低くなったので気分的にも楽になりました。
もちろん体も楽になりました。
もし今、週2日透析をしていて、「そろそろ週3日」という状況の方がいらしたら、
とっても嫌だと思いますが、これから先の事を考えると週3日の方がいいと思います。
今よりいっぱーい、好きな物が食べられますよ。水分も取れますよ。


            【この頃悩んでいたこと】(透析導入後)

@周りの友達の何もかもが羨ましく思え、イライラする事が多くなり、
 またもや親に当たってしまっていた。(恥ずかしいです・・・)
A何がやりたいのか、何をしたらいいのか、自分の居場所が見つからず
 焦ってイライラしていた。
B生体移植をするか、悩んでいた。
C週2日透析から週3日透析になりたくないと逃げていた。
D自分に自信がなくなり、人と話をする時
 人の目を見て話をすることができなくなっていた。

この頃が一番辛かったです。
23才〜27才くらいって、お年頃じゃないですか。
「周りの友達は彼氏がどーだの、結婚だのと、浮かれた話をしている。
私も皆と同じ年齢なのに、病気の事で悩んで、苦しんでいる」と思うと自分の人生が嫌で嫌で、 どうにもならない気持ちになりました。 その度、また親に当たってしまう自分がいて、 こんな自分が嫌で嫌で、パニックになることもありました。
どうしたらいいのか、自分の感情をコントロールすることができず、 夜中に車を走らせ、気持ちを落ち着かせたこともありました。 車を走らせることにより、気持ちは少し落ち着きますが、 これでは全然解決にはなっていなかったんですよね。
イライラする時期が来ると、また同じ事の繰り返しです。
自分の気持ちをごまかしていたんだと思います。
周りの幸せに対しても、結局「僻みだったんだなぁ。」と今になって思います。

 又ある時には、むくんでいる私の顔を見て、「太ったね〜」「足太いね〜」などと、 体の事に対して、ズバズバ言われることがあり、それ以来私は 人と目を合わせて話をするのが怖くなってしまった時期がありました。 この時も辛かったぁ〜。
「別にむくみたくてむくんでるんじゃないのに・・・ なんで人の心を踏みにじる事をズバズバ言うんだろう」と思うと 悔しくて、悲しくて、なんとも言えない気分でした。
今は年をとったせいか、何を言われても「はいはい」と聞き流せるように なっている自分がいます。若い頃って、ちょっとした言葉に傷付くんですよね。
もし今、周りの人に心ない事を言われてしまっている人がいて、 傷付いている人がいたら、どうか、そんな人の言うことは放っておいて下さい。 相手にしてはダメです。あなたはあなたです。堂々としていて下さい。 いつか笑って話せる日が来ます。
でもあなたは人を傷付けるような言葉を発しないように心がけて下さい。
(なーんて、私に言われなくても、人の痛みのわかる皆さんならば、 こんなことわかりきっていますよね。すみません・・・)

 そして移植の悩み。
母や兄との移植も考えました。(父は心臓が悪いのでできません)
検査もしてもらいました。私なりに考えて、生体移植はしない事に決めました。
これ以上、親兄弟に痛みを与えたくないのです。(ちょっとカッコ良すぎたかな?)
今は登録をしているので、自分に合った腎臓を待っている状態です。




目次へ戻る