幼児語・児童語

新明解国語辞典用語の基礎知識C

2004/9/11



 『新明解国語辞典』の用語で、「老人語女性語学生語」のほかに「幼児語」というものもあります。


 例えば、「おてて」。

おてて【御手】
「手」の意の幼児語。(第5版)



 あるいは、


うんち
「大便」の意の幼児語。 (第5版)



 このほかにも「まんま」「ねんね」「わんわん」「だっこ」「おんぶ」「あんよ」「おつむ」「おっぱい」「ちんちん」などが幼児語とされています。



 ここで問題は「ちんちん」です。


ちんちん
[三]「陰茎」の幼児語。(第5版)



 一方、「ちんぽ」を引くと、



ちんぽ
「陰茎」の児童語。(第5版)



 いったい「幼児語」と「児童語」はどう違うのでしょうか?




 実は、幼児語は「幼児が使う言葉」という意味ではありません。


ようじ【幼児】
【幼児語】
言語習得期に在る幼児に対しておとなが、発音しやすいようにとの配慮から与える片言(カタコト)に似た表現。「よしよし」を「ヨチヨチ」、「犬」を「ワンワン」と言うなど。〔意味の実質からは「対幼児語」〕(第5版)



 「幼児語」とは、「幼児に対して使う言葉」という意味なのです。


 一方、児童語は、特に新明解国語辞典には説明はありませんが、「児童が使う言葉」というそのままの意味でしょう。


 新明解国語辞典でほかに児童語とされているものには、「でんでんむし」「まつぼっくり」「パパ」「ママ」などがあります。



 さて、ここでクイズです。次の幼児語・児童語はどういう意味でしょうか?

 1 幼児語
 (1)ぽんぽん おなか →わんわんが犬なので狸かと思いました。管理人)
 (2)ぴりぴり 小型の号笛の成る音 →感電することかと思いました。管理人)
 (3)てんてん 点線 →キョンシー映画の女の子かと思いました。(古い?)管理人)
 (4)ちゃんちゃん おしまい →鮭のちゃんちゃん焼きが思い浮かびました。管理人)
 (5)たまたま  →ツーボールズのことかと思いました。管理人)
 (6)うまうま おいしい食べ物 →お馬さんごっこかと思いました。管理人)

2 児童語
 (7)かんかん 髪の毛・かんざし →空き缶かと思いました。管理人)
 (8)しりっぽ 動物や凧のしっぽ →ビリになることかと思いました。管理人)
 (9)とびっこ 飛びくら →そもそも「飛びくら」の意味がわかりません。管理人)
 (10)ののさま 神仏・太陽・月 →辻希美ではありません。管理人)


 答えは、このページのどこかに書いていますので、探してください。(ヒント:すべて選択)


 

トップページ はじめに  メインページ  管理人日記  掲示板  推薦図書  リンク