第二次お値段大戦
第二次お値段大戦

大日本帝國編
海軍兵器
大和型戦艦1億4770万円
翔鶴型空母1億 117.5万円 (航空隊込みお値段)
妙高型重巡    2400万円 (大正13年、新造時)
阿賀野型軽巡    2640万円
大淀型軽巡    3116万円
夕雲型駆逐艦    1060万円
秋月型駆逐艦    1209万円
占守型海防艦     321万6528円
零式艦上戦闘機      18万円


     陸軍兵器
九七式中戦車(除武器) 14万7000円 ※
九五式軽戦車   7万8660円 
九七式軽装甲車   5万 700円
九六式二十四糎榴弾砲  32万5800円 ※
機動九〇式野砲  20万 650円 ※
九八式高射機関砲   1万8900円 ※
九七式自動砲     6300円 ※
九二式車載十三ミリ機関砲     5350円 ※
九四式軽迫撃砲      4600円 ※
装甲艇用機関銃      3750円 ※
九二式重機関銃      2140円 ※
九九式軽機関銃(騎兵用)     1310円60銭 ※
九九式軽機関銃(歩兵用)      1200円 ※
九一式車載軽機関銃      1265円 ※
九六式軽機関銃      1000円 ※
九九式小銃       105円
十年式信号拳銃       125円 ※
三八式騎兵銃        71円 ※
三八式歩兵銃        80円 ※
四四式騎兵銃        92円 ※
十四年式拳銃        86円 ※
九五式軍刀騎兵用        75円20銭 ※
九五式軍刀一般用        36円 ※
三十年式銃剣        10円70銭 ※
鉄兜         8円55銭※
スーサイド南部        80円

※…昭和十六年十月の臨時兵器価格表より

(1旧円≒2000新円 と考えると、何気に良いようです。



◆参考文献◆
 ソノラマ航空戦史「北欧空戦史」 
 戦史叢書 『海軍戦備(1) (2)』 
 光人社NF文庫「小銃・拳銃 機関銃入門」

お値段のトップへ戻る