五月病雑文祭
 

年度が明けて1ヶ月。そろそろ会社や学校で派閥が出来て冷戦状態になっていたり、いい人だと思っていた友達が化けの皮を脱いだり、ネットを見ていたらキモい奴だとレッテルを貼られたり、いつまで経ってもトイレ掃除以外の仕事をさせてもらえなかったり、自分の名前だけ入っていない連絡網が出回っていたり、誰もが理想と現実のギャップに悩んでいることと思います。

そんなわけで五月病をテーマにした雑文を募集します。以下の「縛り」をふまえた文章を自サイトにアップした上で、掲示板かメール(if@mm.neweb.ne.jp)で作品のURL・サイト名・管理人名・雑文のタイトルを教えて下さい。参加者リストにアップします。みんなで頑張って鬱と戦って負けて心中しましょう。

●応募期間

2003年5月1日〜5月31日。フライング禁止。

●縛り

1.五月病をテーマにしていること。タイトルは自由。形式(小説・日記・コラム・詩など)も自由。1人何点でもOK。
2.「鬱だ」で始まること。
3.最後は「死のう」で締めること。
4.作品中に、最近3日以内(書いた時点で)に自分が実際にやった行動を入れること。

●備考
1.「鬱だ」「死のう」の語尾は変えてもOKです。
 (例:鬱だ→鬱です)
2.応募作品には全て私、ifの1行コメントを付ける予定です。ポジティブなコメントとは限りません(「死ね」とか書くかもしれません)のでご了承下さい。
3.強制ではありませんが、2000字以内推奨。2000字を越えると、読むのが面倒になってコメント付けないかもしれません。
4.感想欲しけりゃまず自分が感想を書こう。

●掲示板

→掲示板へ

●参加者リスト
→リストの一番下へ

5月1日 開式の挨拶にかえて(「if→itself」if)
自分の文章にコメントなんて付けられません。質より量で誤魔化してごめんなさい。生きていてごめんなさい。

鬱だ(「Enui」ぬーさん)
動物たちに弄ばれています。好かれていていいじゃないですか。今日、野良猫と目があった途端に奴は血相を変えて逃げていきました。何か私が悪いことをしたのでしょうか。鬱だ。

5月2日 日記(「気分屋」友紀さん)
17文字という文字数最少記録を達成してくれました。

短歌日記 五月病(「水彩日記」id:watercolorさん)
今度は短歌です。つか、これ普通にどこに出しても恥ずかしくない短歌として成立してるよ! 上手すぎ! 死のう。

5月1日 五月病雑文祭(「上を向いて歩こう」篠原さん)
前日の日記でネゲット相手の女性を募集していたという前提知識をもって読むとものすごくリアリティがあります。

5月2日 ギンレイオフ(「ワキゲ.com」エントーさん)
そうやって、「魔」というのは淋しい心に付け入って誘惑し、世界を浸食していくものなのです。その時メールしてきたのが怪しげなカルト宗教団体じゃなかったのがせめてもの幸運というところでしょうか。まあ、個人的にはカルト宗教団体と同じようなものだと思っているのですが。

5月1日 しずか(「Number なにわや」Numberさん)
またリアルなこと書いてるよ! 生臭いよ!

5月2日 やっぱり(「秩序なき脳細胞」とーやさん)
一体どの部分がノンフィクション(縛りその4)なのか非常に気になります。どれだとしても、けっこう洒落にならない事態なんじゃないですか? ざまみろ

早すぎた夏(「Pillows&Prayersミカヂリさん」)
読んでいて涙が止まらなくなりました。で、ノンフィクションなのはセミのほうですか自分のほうですか。

あああああああ(「六甲コンビニウォーカーまぎぃさん」)
ニセ乳の見分け方を見て、思わず鏡の前で確認してしまったのですが、そこに映っていた曲線がホンモノもニセモノも判別不可能なほど微かなものであることを再認識しただけに終わりました。死のう。

俺たちが生きることに価値なんかあるのか(「そんでノコの歯見てた。」ビダさん)
価値などあるわけないので死ぬといいと思います。

鬱だ左脳(「ラウド」トツカさん)
わはは、そうだそうだ。web日記なんて書いても何も伝わらない。ハイパーリンクは絆なんかじゃない。ついでに多分、言葉を伴わない右脳の感覚だって人を繋げてなんてくれやしない。鬱だ右脳。

5月3日 せめて、駄目人間らしく(「テキストコンテスト」TAKEXさん)
あのテキコンまでが五月病になっている模様です。というかテキコン個人サイトじゃないし! 私物化していいのか! なんか6月2日にロフトプラスワンでイベントするみたいです。「これからのテキストサイトコンテスト」をテーマに…って、めちゃ前向きじゃん。もっと後ろ向きに生きたほうが楽になると思うよ。ほらほらこっち側においで。

カレー(「自虐系」KAIさん)
私の人生曲線の頂点も今じゃないかと密かに思っています。今後、この雑文祭よりも大きなイベントが自分に開けるとは思えません。人生のピークが五月病雑文祭! もう死ぬしかない。

5月4日 売り切れと理由(「くろめも」yukiさん)
それは普通に犯罪です。この犯罪者め。人間、下には下がいるんだなって安心しました。(実は誰もがお互いにそう思っているという罠)

5月4日(「POPSCENE」松尾さん)
まだ死んでないことを除けば私の日常と大差ありません。

晴れた5月(「Jubileeの日記」Jubileeさん)
私は学校に行かなくなってから2年ですが何か。ああいい天気だなあ(薬箱を探りながら)。

ろうはい(「ぞうはな」ぼささん)
ただでさえ鬱なのにこんな長い文章を読まされる読者の身にもなってください(自分が企画したという事実は棚に上げて)。あと私は中央線ユーザーなので、飛び込む時は中央線以外にして下さい。

GW夜明け前(「Pandora Elements」なぎささん)
GWは五月病雑文祭の更新をしてたよ! ていうかなんか彼氏とか書いてあるの気のせいですか。彼氏のいる人が鬱とか言うな。死ね。

大家族での疎外感(「反抗期」siraさん)
独り暮らしの部屋に独りで閉じこもって外に出ないでいれば割り算の悩みなんてすぐに消滅しますよ!

昔抗鬱剤を処方されそうになったこともありました(「breeze」bugyoさん)
こんな、一欠片の利益もない文章を書くのに貴重な時間を消費していたなんて笑いが止まらない。ついでに貴重な時間を費やしてそれを読みコメント付けて更新している自分に対しても笑いが止まらない。

五月病?(「ハラポネット」はらぽんさん)
大丈夫、男は30になってからですよ! と、企画の趣旨に反して思わずマジレスフォローさせてしまった事実を重く受け止めて死んでください。

GW中に何があったのか(「NG」shubiさん)
不覚にも「理想だけじゃ食っていけないけど、理想が無くちゃ飯がおいしくないんだよね」という言葉に感動してしまいました。鬱だ。というかすごくさりげなく流しているけどメイド喫茶て。

サイトばれ(「ふん。わし。」やくさん)
私はリアル友人にサイトを見せたら「サイトのほうが現物よりまとも」と言われました。それもどうかと思います。

5月6日 鬱粉末(「Sugarless Soul」mimiさん)
日本の不況も私の留年も私の部屋が汚いのも謎の粉末のせいであって私のせいではないのだと思いました。

5月7日 泣きたい理由は(「if→itself」if)
今日も元気に数個の〆切に潰されています。

5月7日 (σ゚ω゚)σリストカッツ!(「scanty」りくさん)
綺麗事を言えない体質の人間は、常に迫害を受ける運命として肉体的・精神的な痛みが絶えないので、生きている感がバッチリですが、果たして良いことなのかどうかわかりません。あとタイトルが酷い。

5月6日(「みあげてごらん夜の星を」コウジさん)
そして綺麗な部屋を認識できるようになるためにも普段から部屋は汚く! ありがとう、私の部屋はこのままでもいいんだって思えてきました。

五月病(MESSYさん)
こういう人が増えるっていうのは本当なのでしょうか。でもその気持ちは分かります。「お前の行動と論理は全て間違ってる! お前の存在は無意味だ!」と私を罵倒しながら全身を眼鏡攻めしてくれるご主人様が欲しいです。

カフス(「気分屋」友紀さん)
予告通りポジティブ解釈来たー。はん、何を格好つけてやがる。行動したって運は開けないんだよ。新しい扉だと思って開けたら実は地獄への扉だったりするんだよきっと。自己暗示なんて信じられないね。……で、そのカフスはどこに行けば手に入るんですか?(真剣な目で)

スネ夫(ヤプース)を殺して、ぼくも死ぬ!(「インベンティブマニア」トツカさん)
ヤプーズはかなりの長期間鯖メンテ中だったに関わらずちっとも軽くなってないし。ほんと使えない。かなりの長期間引きこもっていてもちっとも腰が軽くならない私と同じくらい使えない。ああ、なんだか書いていてヤプーズに親近感が。

人は、生まれ変わるために死ぬのだ。(「ピンクの象ハウス」J.Remmyさん)
いや、全然つまらなくなんてありません。むしろ感動した。「5月になる前に挫折してるから」って句は衝撃的だった。負けました。何にだ。

ハラスメント(「神戸組」platanusさん)
長くてウザかったので読んでませーん。と、中途半端にスルーするのが一番ダメージを与えられるんじゃないかと考えつつも一応最後まで読んでやったのでありがたく思え。大量のゴキブリの幼虫に睾丸を食い破られて緑色のドロドロした液体を垂れ流しながら死ね。

転換(「奇啓示」rougeさん)
全インターネットの無職・フリーターの皆さん、ケンカ売られてますよー。1年後の無職予定としては黙っちゃいられねえ。阿鼻叫喚の地獄に引きずり込んでやる。次にオフで会うことがあったらrougeさんだけビールじゃなくて発泡酒にするからな!(せこい)

素直(「めけめけ@DC」ぽよさん)
脳内での行動が「実際に3日以内にした行動」という縛りに合致しているのかどうか私には判断できません。えーと、多分、本人的には実際の行動だと思いこんでいるっぽいので、その、みんな近づかないほうがいいよ!

死刑宣告(「KALEIDO SCORPION」おかしゅんさん)
一瞬ちょっと親近感を感じたのですが、学園祭で企画やったり「長」のつく役職についたり出来るほどの人望と協調性は自分にはないという違いに気づきました。むしろ私が死ななきゃいけないみたいなので代わりに雑文祭の管理やってください。

自己陶酔(「dollhouse」姫畑サキさん)
ここで一句。「大丈夫下には下がいるのだと互いに安心する雑文祭」。

サイト名(「匙を投げる」鰆さん)
私のお薦めサイト名は「匙を投げる?」です。ちょっと不安げに首を傾げて眼鏡を直しながら言うと萌えだと思うのですがいかがでしょうか。

5月10日 五月病(「星屑のギャンブラー」なおさん)
心底可哀相な人だと思ったので何も言えません。過去ログざっと読んで2年前にタイムスリップしたような錯覚を覚えました。

5月10日 終わりなき旅(「BLUE」三上さん)
数分で消されたほうの日記があらゆる意味で凄かったです。鬱というかむしろPTSDになるんじゃないかそれ。

5月10日(「湯具銅鑼汁」干将さん)
日記の日付を間違えただけで死ねる感性は新しいと思いました。箸が転がってもおかしい年頃みたいな。

5月11日 現世(「堕天使 fallenangel」みっき〜♪さん)
むしろ彼がその状態になる前に別れていて良かったと思うべきでは。久しぶりに再会したら結婚して子どもまで作ってたってほうが鬱になりますよ。あの頃は一晩一緒にいても手を出さないようなヘタレだったくせに!(妙に感情がこもっているのは気のせいということで)

その人の見ていた世界は常にモノクロだった(「やさぐれメガネ」マルヤマさん)
分かります。たとえば私は狂言自殺する人が大嫌いです。死の本当の重みに気付かず、死を匂わすことを何かの手段にしてしまうのは許されない行為だと思います。安易に死をオチにした文章を書いて祭りにするなんてもってのほかです。あれ?

逃避(「JET戦兵 」ケノさん)
珍しくフィクション度の高いSFショートショートによる参加です。しかし最近の世界情勢を見るに、そのうち実話になりそうで鬱だ。

D(ダメな)V(ビデオ)D(ディスク)(「駄目人間」ヤスダさん)
雑文1つ書き終わるまでも耐えられないんでしか貴男は。DVD-R買う前に早漏を直せ。それから1ヶ所伏せ字し忘れてますよ。

馬鹿に鬱の資格なし(「Self service」向坂紘さん)
試してみたのに誰も同情してくれませんでした。死ねって言われました。普段の行いって大事だと思いました。

人間失格パスティーシュ(「それぞれひとつのIFE。」せもしさん)
多かれ少なかれみんなそういうものです。自分をくだらない人間だと思うのも特別な人間かもしれないと思うのも全てナルシズム故。最低の人間の集うこの世界に万歳。

5月のパンドラボックス(「プロジェクトF」ふじぽんさん)
不覚にも感動してしまいました。自分及び他人の鬱の嵐で澱みまくっていた心が洗われるようです。すいません、私が全て間違ってました。

心の風邪、五月の風(「THE PERFECT IN CIDER」さとうとしおさん)
3句目が巧い! 思わずこのアイディアをパクれないかといろいろ擬音語を考えてしましました。死苦死苦泣く、誤死誤死洗う、鬱ら鬱ら眠る……ただ余計に鬱になっただけでした。

尽くす女VS尽くされる女(「ウラチェリ。」ユッカさん)
尽くそうとすると逃げられ、珍しく尽くされそうになると逃げたくなる私はこれからどうやって生きていけばいいのか教えて下さい。

5月25日Part3 空元気(「星屑のギャンブラー」なおさん)
空元気する元気もなくなってきたので、鬱だ鬱だと叫んでみたんだけど、何かしてくれた人はいませんでした。やっぱり死んだほうがいいですか。

5月30日 消毒の匂いと雨(「casual75」時雨さん)
大切な人を亡くした悲しみを、募金活動みたいなポジティブな力に変えることができる人って尊敬します。鬱は何かポジティブな力には変えられないのでしょうか。えっと、ほら、ヤケ酒力とか、現実逃避力とか(全然ポジティブじゃない)。

健康診断のおもひで(「炸裂グレイシー呪術」平成ガンテツさん)
そこまで悪いとネタにできるのでいいですね。逆に清々しい、気がします。多分。

六月が来ても恐らく五月病 (「」フリスクさん)
「鬱」縛りの処理の仕方が上手いです。2首目が非常にテキストサイト的。

薬の名前を日記に明記し始めたら末期症状(「オールアバウトビゴ」二号さん)
そこに「ネットの人と一緒だった」と付け加えると更に薬が増えたと思います。「現地からもサイトを更新してた」なんて言ってしまった日には青酸カリとかが処方されたような気がします。処方されたら私にも半分分けてくれると社会のためだと思いました。

或アンポンタン・ポカンの一生 〜去りゆく五月〜(「たそがれSpringPoint」滅・こぉるさん)
超駆け込みセーフで間に合った、最後を飾るのにふさわしい作品です。何だこれは。読んだ私に私自身の文章力のなさを思い知らせて鬱にさせようという魂胆か。ところでクワインの論文を読み、ウィトゲンシュタインの『論考』を愛読書の一つに挙げるような人があっさりと死んでしまうのは別におかしくないと思いました。そして我が愛読書の一つは『論考』です。さてこれで雑文祭も無事終わったことだし死のうかな。

●本企画を紹介して下さったありがたい方々
(敬称略。抜けがあるかもしれませんので、他にもありましたらぜひ教えてください)

HAGAKURE理論
est
迎賓館裏口
寝ぼけ屋
てらにゅ
極東症候群
ワキゲ.com
踊り子新URL
桜の樹の下には
めけめけ@DC
とりとめない日記
デイリーフォーカス
自虐系
NG
幻燈稗史
たそがれSpringPoint
テキコンのぞき
 
>>back to if→itself