『ドアの向こうのカルト』の目次


■はじめに―三五年前の八ミリビデオ

■小学生時代―カルト生活の幕開け

  ドアにやってきたエホバの証人
  両親は絵に描いたような健全な夫婦であった
  「お母様」は理想が高かった
  楽しみにしていたハローウィーン
  家庭聖書研究が子供たちにも始まる
  楽園で永遠に生きられる!
  神父さんの顔がサタンのような顔に
  知らないうちに誕生日、クリスマスが無くなる。
  愛に包まれた兄弟姉妹たち
  懲らしめのムチは愛のムチ
  世の終わり、ハルマゲドンがやってくる!!
  会衆を僕する長老と奉仕の僕
  エホバの証人は何の証人なのか?
  立っている間に足が腐る恐怖
  緊張のドアベル
  母親が感動のバプテスマを受ける

■中学生時代―自己アイデンティティの上書

  冷戦の足音
  葬式とお墓参りと親族からの反対
  メッカ巡礼のような地域大会
  世の中はサタンによって支配されている
  デートは不道徳の始まりである!
  思春期の大混乱、オナニー問題
  日本から来た熱血の開拓者姉妹たち
  どのムチが一番効くか?
  サタン、サタンを連呼する信者たち、母親との闘い

■高校時代―信者としての自覚の芽生え

  平和なニューヨークに引っ越す
  世の終わりの年代計算方法 
  一九一四年がエホバの証人の根拠の全て
  クリスチャンとしての自覚が芽生える
  ウォークマン事件
  日本で初めてのクリスチャン生活
  ママチャリを猛速で漕ぐ熱血兄弟
  将来は新聞配達をしろと言い出す母親
  日傘、帽子、カバン、地味なスカートの伝道者
  羊と山羊を分ける業
  いきなりのピンタ事件!
  ファッション母とカメラマン・オヤジの家族
  カラオケ禁止令?

■開拓時代―信者としてのアイデンティティ

  自分の意志か?神の意志か?
  ベルリンの壁崩壊!いよいよハルマゲドンか!?
  日系のおじいちゃんおばあちゃんに囲まれて
  私のバプテスマ、弟のバプテスマ、衝撃のバプテスマ
  夕食はティファーニーで
  証人の活動を指揮する、地域監督と巡回監督
  ブルックリン本部から返事が来た

■本部時代―激動の活動時代

  124コロンビア・ハイツ
  製本工場に配属
  ベテル奉仕者の一日
  ニューヨーク日本語会衆
  エホバの証人とセレブ 
  ダヴィディアンとオウムによるカルト問題爆発
  エホバの証人に教祖はいるのか?
  もともとは神秘主義者であった創始者
  名物ツアーガイドになる
  日本語会衆でトラブル炎上
  審理委員会にかけられる
  ニューヨークに別れを告げる

■結婚と仕事―芽生える疑問

  ハワイで一休み
  結婚、セックスの仕方が分からない
  二五歳で手に職ナシ、学歴ナシ
  海外に出たがる熱心な二世たち
  一九九五年の教義変更ショック
  芽生えてくる小さな疑問の塊
  なぜか鬱病が多い日本からの旅行者
  ゲイ・ミュージックで悩む
  マルチの本社はユタ州?
  貧乏生活に嫌気がさして

■権太坂時代―アイデンティティの闘い

  日本での初めての仕事
  一番新しくて一番古い組織?
  お腹の中の息子からのメッセージ
  エホバは本当に家庭を幸せにしてくれるのか?
  狭い門と組織拡大の矛盾 
  協会への寄付に関して
  血を流す輸血問題
  ネットはサタンと背教者の巣窟?
  またしても貧乏、ひっくり返る評価
  ゲイで悩む兄弟
  友人の排斥
  拍車のかかるネガティブムード
  生きている感じがしない
  アイデンティティとの闘い
  子供の自閉症が発覚

■ロス時代―脱宗教洗脳

  マザーテレサは楽園に入れるのか?
  楽園に入る意味が分からなくなる
  陰謀説にはまる
  アルコール、やまとなでしこ、アイデンティティ崩壊
  プリンス・ネルソン兄弟
  突然訪れた「マトリックス」現象
  教団の調査に没頭する
  決め手となった出版物のオカルトシンボル
  初めて遭遇する霊能者
  主観性と客観性と宗教
  妻の洗脳が解ける
  共産主義のソ連の真っ只中で?

■ミッション・インポシブル―親族洗脳解約

  泣き叫ぶ親を解約すると決める
  妻の実家をひっくり返す
  ベテル長老の義理兄と正面から対決
  父親は家族サービスだった?
  母親への手紙で突破口を開く
  一つづつ教義の洗脳の塊を砕いていく
  ついに母親をひっくり返す
  続く弟の脱退
  妹の解約失敗
  ジェームズ・ボンド作戦
  聖書にメスを入れる
  ネットでカリスマになった真理真
  脱退届けで人生をリセット 

■死と再生―人生バージョン2・0

  人生の価値観、道徳、倫理の再構築 
  冒頭に戻って
  再び生れた者となる
  撒いたものは刈り取るという言葉の難しさ
  現在の私の価値観
  自分にしか出来ないこと

■おわりに

■推薦図書―エホバの証人に関して

 

前のページへ戻る

 

1