出版物のサイズ微妙ですね


 これは私自身の勝手な思い込みかもしれません。それはエホバの証人の出版物のサイズが一般的な標準的サイズと比べて微妙に異なるということです。

 一般的にはB5やA4サイズなどが主流なのはご存知かと思います。しかし、エホバの証人の出版物のサイズをチェックしてみてください。雑誌や大型の書籍はなぜかB5サイズと比べて高さが微妙に低い。さらにポケット版といわれる書籍、たとえば「イザヤの預言」「ダニエルの預言」などがありますが、これも一般的な文庫本サイズよりもなぜか微妙に余分の高さがある。

 もしかして、日本とアメリカでは印刷物、出版物の規格というのが微妙に異なるのでしょうか。エホバの証人の出版物はアメリカ発信ですから、それが原因かもしれませんね。ただ、「世と離れている」という方針から出版物に関しても一般的規格に従わずに独自の規格を押し通しているのかと思っていました。まあ、事実関係はよく分かりません。

 しかし、ものみの塔の出版物を既製のファイルに収納しようとしても、わずかな差があるためにうまくできません。世の商業体制へのわずかな抵抗でしょうか。


エホバの証人Q&Aホーム