HP fic recommend
Harry Potter fanfiction recommendations おすすめファンフィクション

まだまだボリューム貧弱ですんません…。でも自信をもってご紹介いたしますヨ!ホントデス!

Legend
Glossary
Archives
I Wished For You Once by JennaMae PG-13 Spoilers:book5
Summary: An accident during Quidditch practice makes Ginny realize that she could share her past with someone who understands, if she can only break through him.
ストーリーはハリー6年生時点。グリフィンドールのチェイサーとして定着し始めたジニーだが、怪我の後遺症で、本来の力を発揮できなくなる。トム・リドルの悪夢に再びうなされるジニー。ハリーはそんな彼女に、二人きりでの自主練習を提案する。5年次以来笑顔を見せることの減ったハリーが、時折ジニーに対して見せる苛立ちと、微笑みの意味は何なのか。ジニ→ハリと同時に、ジニー自身の焦燥、無力感、小さな喜びをきめ細かく描いています。って青春だなア!!現在chapter 8まで進行中。
Original text

↑ 2004/11/03 new!

Bury the Hatchet by Silver Phoenix - Spoilers: book 4
Summary: Professor Hermione Granger is leading a perfectly content little life, having left her past behind her. However, someone shows up at Hogwarts who forces her to relive the past, remember old feelings, and - strangely enough - help him prevent a murder.
ホグワーツ卒業後、数占い学教授として平穏な毎日を過ごすハーマイオニーのもとへ、“闇祓い”になって7年間も音信不通だったロンが突然あらわれる。自分の気持ちを告げないまま別れたロンに再会して心揺れるハーマイオニー(しかも彼氏つき)、そんな彼女の不安定な態度に戸惑うロン。相変わらず不器用な二人が『くうう〜』です。やご脳内では24歳になったエマちゃんが演じてくれます。ひゃほう。全21章で完結済み。2004年7月現在、続編Perfect Worldも進行中。
Original text


Left Feet by AEM PG Spoilers: book 4
Summary: Ron and Hermione in a songfic to Lady In Red by Chris DeBurgh - i'm not a huge fan of songfics, myself, but this song is...well. nice. anyway, 'tis fluffy(!!).
'86年頃の全米ヒット "Lady In Red"(by Chris DeBurgh)を織り込んだロンハー甘々話。Songfic に良品なしと言われますがこれはイイ。是非歌いながら読みましょう。その歌知らな〜いという若いあなたはここで試聴できます。素晴らしいタイミングでコケるロンがステキすぎ。原作のロンも、早いとここれぐらい男を上げてくれるといいのですが…いつのことやら(笑)
Original text


Santiago by Luna PG Spoilers: book 4
Summary: Cho Chang has just gotten back to Hogwarts after spending her sixth year in an exchange program in Academia de Esperanza, Santiago, Chile. If she was sophisticated before, now she is even more so, with a touch of South America in her dress, a bit of the exotic in her accent. Can Draco resist? I think not.
4巻の後、失意のチョウはホグワーツを離れ、サンティアゴへ1年間留学して帰ってくる…という設定。大人びた仕草を身に着けた彼女の魅力に抗えないドラコ。ってこんなレアカップリングですいません。ラテン系の香り漂う冒頭のダンスシーンの描写が美しいです。とりあえずカップリングの根拠は気にせずに、黒髪の美女と銀髪の貴公子を、お好みのヴィジュアルでイメージして読むのが正しいかと。続編書いてくんないかなあ…。
Original text
Read in Japanese

Survey Time by Lily the Hobbit G Spoilers:Book1 to 5
Summary: Do you know those highly irritating surveys that some people insist on emailing to us all the time? What happens when Harry Potter gets a hold of one? Craziness and silliness as the whole HP crew fills it out, along with some surprises along the way.
海外ではアンケートスパムが多いんでしょうかね?もしもハリポタキャラにマグル界のアンケートメールが届いたら…という話。つうかみんなの回答集。各人のイカニモ!という回答に爆笑必至。1章一人ずつなので、好きなキャラから読むもよし、前から順番に読むもよし。(おすすめはルーピン先生とスネイプ。)それほどディープな5巻ネタばれではないと思いますが気になる方は避けてください。
Original text


This Was Falling by Thing1 - Spoilers: book 3
Summary: Remus Lupin finds love after Hogwarts, but will he let himself fall?
ルーピン先生にはいつかきっと、ごく当たり前の幸せを掴んでほしい。そんなファンの願いが形になったような、幸せ〜な fic。登場するオリジナルキャラ"Katie"、いわゆる Mary Sue ともいえますが、一部ファンの間では本編キャラ同様の絶大な支持を集めているらしいです。やごも気に入ってます。何の説明もなく話が始まるし回想シーンも多いので、読むのに少し戸惑うかもしれません。ハリー達がもうすぐ6年生になる、夏休み終わり間近時点の話です。
Original text


Werewolf of Hogwarts by JK - Spoilers: book 4
Quote: So, when trying to understand Remus, there are two sides to him which need to be considered - The Man and the Wolf.
正確にはファンフィクションではなく、ルーピン先生に関するコラム。優しい先生でありながら、危険な人狼でもあるという二面性を併せ持つルーピン。ハリポタキャラの中でも人気の高い彼を題材にしたファンフィクションは当然多数書かれていますが、作者がルーピン先生を捉えようとするとき、どのようなことを考察するべきかが、見事にまとめられています。どんなキャラにも適用しうる考察メソッドとして、大いに見るべきものがあります。
Original text







+ Legend

Title/タイトル Author/作者 Rating/対象年齢層 Spoilers/ネタばれ
Summary/作者さん本人が書いたあらすじ。
Quote/Summaryが無い場合、本文からの引用文。
Comments/やごのコメント
Original text:/原文直接リンク
Read in Japanese:/僭越ながらやご訳。作者さんの許可をいただいています

>>>>>Rating/対象年齢層
G/-: 制限なし
PG/PG-13: 13歳以上
R: 15歳以上
NC-17: 18歳未満禁止
英米圏では、年齢にそぐわない内容の図画から子供を守ろうという意識が日本よりも顕著です。fanfictionといえども、Rating表示は必ずしてあります。乱暴な言葉、暴力描写、悲劇的な内容、性描写などの度合いによって、作者自身が決めているようです。

>>>>>Spoilers/ネタばれ
この話を読むと、「ハリー・ポッター」原作○巻の内容が分かっちゃって、あなたの読む楽しみが台無しになるよ!ということわり書き。







+ Glossary

英辞郎 on the Web
まずは辞書でしらべましょう(例:"fan-fiction","ship")


同人用語の基礎知識
当サイト上のわかりにくい日本語はここで(例:「カップリング」、「萌え」)


The Sugar Quill glossary
FictionAlley glossary
fanfic業界専門用語はここで(例:"Mary Sue","fluff")

home