「提言」に関する被害実例

被害報告1
概要:「ネット上では後発者が作品を下げる。オフラインの場合はどうするのか?」という旨の手紙が届く。

被害報告2
概要:後発なら作品を下げたほうがよいと、先様のURLと提言サイトのURLが載ったメールが送られてきた。

被害報告3
概要:個人サイトの作品に対し、「作品を下げろ」という旨のメールが届く。複数サイトにおいても、「同じ設定の場合、下げなければならない」という旨のメールが届く。

被害報告4
概要:「イラストの構図及び色が似ているから下げるべきである」という旨の、先方のURLと提言サイトURLが載ったメールが送られてきた。

被害報告5
概要:「貴方のやっていることはマナー違反。サイトを閉鎖しろ」という旨の、提言サイトのURLが載ったメールが届く。

被害報告6
概要:「サイトに掲載されているSSを下げるべきである」という旨のメールが届く。

被害報告7
概要:「小説がある人のものと似ている」という旨のメールが届く。

被害報告8
概要:「小説を下げろ」という旨の、提言サイトのURLが載ったメールが届く。

被害報告9

概要:「作品を下げるか、該当箇所を修正しろ」という旨のメールが届く。

被害報告10

概要:「提言が誤ったものであったことを広げる手助けを、何故貴方はしないのか?」という旨のメールが届く。

被害報告11
概要:提言を盾に取り、「お前の小説は盗作だ。即刻削除して謝罪文を掲載しろ」という旨のメールが届く。

被害報告12
概要:同人誌即売会にて、提言を盾に作品を盗作だと罵られた。

被害報告13
概要:飲み物の感想を中心にしたサイトを運営していたところ、「被っている紅茶の銘柄の感想を下げるように」という旨のメールが届く。

被害報告14
概要:「自分のほうが後発なので、先発の意思を聞かなければならない」という旨のメールが届く。

被害報告15
概要:「貴方の作品と同じ設定を使ってよいか?」という旨のメールが届く。

被害報告16
概要:提言に関した嫌がらせメールが複数。

被害報告17
概要:「あなたのサイトに、私の作品の盗作が展示されている。下げろ」というメールが届く。

文責 砂原明


【戻る(ノンフレーム用)】