※これは既に撤回されている提言です。
この提言の意図するものは先発優位思想であり、それは著作権の見地から見て明らかな誤りであり、使用すると重大な著作権違反をもたらす恐れがあります。
どなたもこれを見て提言を使用されないよう、ご注意願います。

 



◇オリジナルジュネ小説サイト間における作品内容の重複
その対処について考える集い◇










私達は、オリジナルジュネ小説サイトをWEBの片隅で営む管理人の集まりです。

なにを集まってごそごそしているのかというと、私達サイトの間に時として起こるトラブルのひとつ、『作品同士の内容の被り』について、その円滑な解決策を皆で考えていきましょうというので、ごそごそしています。
書いている作品は男性同士の恋愛なので、世間様にはチョトばかり疚しい感じですが、この集まり自体は真面目かつ一生懸命です。



*ことのはじまり * 私達の考え * 私達の動き *


* これからについて * 皆様へのお願い * サイトオーナーさまへ *






** 私達の動き **


さて、以下の考えに達した私達は、Aの管理人さんにこのようなメールを送りました。→MAIL

何故Aの管理人さんにメールをしたのかというと、3つの問題の全てにおいてAが後発だったからです。他意はありません。Aの管理人さんを集団で攻撃しようなどという行為でもありません。それはメールの文面を見ていただいてもおわかりいただけると思います。
それから特定のサイトに与して動いているわけでもありません。そんなんだったら、もっとこそこそっと卑劣に情け容赦のない活動をします。のどかに自分のサイトやハンドル名出して、やりません。(なお、私達の一連の動きについては、B〜Eの管理人さんに了解をいただいております)

私達がAの管理人さんに望むのは、とりあえず先発さんとよく話し合って欲しい。先発のオリジナリティに敬意を払い、その意向を尊重して自作の扱いを決めて欲しい。それだけです。

私達は同じ書き手ですから、ひとつの作品を生み出す苦労は自分自身のこととして理解しているつもりです。自作に対する思い入れもプライドも、みんな同じく胸の中に持ち合わせています。
だからAの管理人さんのお気持ち、愛する自作がたまたま後発だったその悔しさも、それ故に盗作よばわりされた無念さも、全てわかった上で、それでも敢えてこのメールを送りました。
これがとても残酷な行為だということは、私達全員ちゃんとわかっています。

しかし、書き手としてお互いを尊重しあい、共にWEBでこれからも活動していくために、そして新作の発表を待っていてくださるお互いのサイトの読者さんのためにも、Aの管理人さんにはご英断を、早期の問題解決に向けて動き出されることを、切にお願いしたいのです。












◇◇◇◇◇◇◇◇







** これからについて **


Aの管理人さんには、1月11日に上記のメールを送りました。応答くださるようでしたら、またこの場で簡単に報告致します。
そしてAの管理人さんからの応答の有無に関わらず、この集いによる活動は2月10日を持って一旦終了します。問題解決の一助になればと集いましたが、私達はこの集いをしてAの管理人さんに圧力をかけるつもりもありませんし、このメールに応答がなければ更になにか行動するということも考えておりません。

私達の活動の目的は、あくまでも上記のような考え方の提言にあることを、どうかご理解ください。

しかしながら私達の提言そのものについては、これからも起こりうるであろう同種の問題について、僅かながらでも解決の指針になるのではと期待しております。そのため、このページは件の問題における活動が終了した後には、問題についての説明部分を削除し、提言そのものとそれにご賛同いただけるサイト様及びオーナー様のお名前だけを残していこうと考えております。

もし、同様の問題でお困りの方がいらっしゃいましたら、是非この提言を参考になさってください。そして当事者同士よく話し合い、お互いのオリジナリティを尊重しあって問題の早期解決に努めてください。

○なお、この提言を基に問題を解決されたサイトさん、特に後発のサイトさんで、作品をサイトから下ろすことになった場合、サイトに掲載される挨拶文の雛形を用意いたしております。→定型文

明快な説明なので、サイトを訪れる読者さんに混乱や誤解を招くことが少ないと思います。