* おしらせ *

大切に 大切に
抱きつづけているものがあります
この胸に この手の中に



*
 

       
      *

たんぽぽのあくび
にいやま かほ
新風舎
1260円(税込)


 このたび、写真詩集を出版いたしました。
 私のヘタな詩と写真、ネットという発表の場があるだけでも十分なのはわかっています。
 それでも、いつかは、自分の本を作りたいと密かに思っていました。ネットという不確かなものではなく、本という触れることのできるものへ。
 伝えたい気持ちがあります。言えなかった言葉があります。
 知ってほしい私の姿があります。それを、本にしたかった。
 いつかは。それっていつ? いつになれば。
 焦燥感とも苛立ちとも、不安ともいえる気持ちに駆られるようになったのは、ある患者さんとの別れがきっかけでした。
 
 職場で、職員による作品展があり、恥かしながらも私は写真詩を出展しました。職員はもちろんのこと、患者さんや見舞いの方たちも見にきます。
 頑張れって言葉。患者さんに面と向かって言うことはできません、無責任な励ましになるから。日々の看護で伝えるしかない。それさえも、もどかしい時がたくさんある。せめて、写真詩で、遠まわしにでも私の気持ちを伝えることができたら。
 状態の悪化から動けなくなり、精神的にも元気をなくしている、私が受け持つ患者さんにも、作品展が終わったら部屋に持ってきて見せるつもりでした。詩を書くだなんて、柄にもないことするんだねって、笑ってくれるかな。けれど、叶わなかった。
 作品展の前に、患者さんに見せていれば。
 どうして、あとで、なんて考えていたのだろう。
 見せたところで、どうにかなるものでもない。−−でも。
 伝えたかった想いや言葉は、永遠に届かない。
 後悔の気持ちを、密かに引きずり続け、そんな時、ネットで新風舎さんのサイトを見つけました。
 
 もやもやした気持ちを振り切りたくて、玉砕覚悟で新風舎さんが開催する新風舎出版大賞・ポエトリー部門に応募。2次審査通過したものの、次に届いた入賞者一覧に私の作品と名前はありませんでした(^^;
 まあ、世の中そんなに甘かぁないものね。
 担当者から、共同出版という形で本にしませんかと、お誘いいただきました。
 私だけに声をかけているわけではないのは、重々承知です。   でも、このお誘いに乗りました。いま本にせずに、いつ本にするのか。賞という箔がなくちゃとか、もっと好条件でなくちゃとか、もう少し後にしたいとか言っていたら、本にするタイミングを逃してしまう。自分の気持ちも立場も、取り巻く環境も変わっているでしょう。
本を作るなんて、呑気に夢見ていられるのもきっと今だけ。
 共同出版は、出版社側だけでなく著者側も出資して作り上げる。なので、何万部というよっっっぽど売れない限り、私に出資した分が帳消しになる儲けはでません。というか、出資した分を取り戻すこと自体無理な数字。『本は読むより書くほうが10倍楽しい』(井狩春男 新風舎)によりますと、詩集は、4、5千部売れればベストセラー、らしいです。儲ける気は、さらさらないからいいんですけれど。(…出版社的には困る話 爆)
 本になった私の作品が、誰かの目に止まって、手にとって読んでいただければ十分です。あなたの心に響くものがあったなら。

 先日、友人や職場のスタッフに本を配りました。
 みんな、驚いていました。本を作ったことはもちろんのこと、詩を書いていることを知っていた面々が少なかったので。
本当は、一番に渡したかったのは、受け持っている患者さんです。
 今私が受け持っている患者さんは、みな何ヶ月も入院していて、半分身内のような感じです(^^;
 私は患者さんをお世話する側ですが、逆にいろいろな話を伺ったり、一緒に悩んだりして、患者さんからずいぶん教えられたし、心救われてきたりしました。
 詩の大半は、患者さんと接する中で、葛藤した気持ちを綴ったものです。暗くなりがちな気持ちを、どうか明るく、和やかになるように。
 本来、患者さんとの個人的な物のやりとりはいけないです。    こそーーっと渡すにしても、どこでスタッフが見ているかわからないし、患者さんもぽろっと話してしまうかもしれないし。先にスタッフに渡して、見かけても上司には内緒にしててねーと、予防線(^^;
 頑張って、て言葉。面と向かっていえない言葉。伝えたい言葉。
 本から、感じ取ってもらえるといいな。
  
 ちーっちゃくて、うすーっぺらい本、こじーんまりと販売しています。なので、全国どこの本屋さんに行っても置いてあるとは限らません(^^;
 オンラインショッピングの利用が、購入しやすいかと思います。
 もちろん、本屋さんで注文してくださってOK!です。
 私の詩集に興味を持ってくださった全ての方に、本を譲ることができれば一番良いのですが、私の無償で渡せる持ち分は底をついて、足りない分を自腹で取り寄せている状況です(−−;
  新風舎からはこちらから
  Yahoo!はこちらから
  楽天市場はこちらから
  etc.
 本を読んだ感想を、教えてくださるとうれしいです。
 気軽にメールや掲示板に書き込んでください(^^

 長々と書いてしまった。
 ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
 


Back