安部公房の本名

安部公房の本名は果たしてどう読むのか?死後10年目に唐突に出現した新たな問題を紹介します。

安部公房解読工房へ戻る

紫色の波線

 2003年1月末に安部MLにおいて、加藤弘一氏から安部公房の本名について新説があるということを教えていただきました。
 従来の定説は、本名は「あべきみふさ」というもので、私もこれに従っていました。新潮日本文学アルバム「安部公房」の谷真介による略年譜にもそう書かれています。
 しかし、新説では、本名(戸籍上という意味で)も「あべこうぼう」となっています。(成人まで両親から「きみふさ」と呼ばれていたそうです。)これには、確かな裏付けがあるようです。詳しくは、加藤弘一氏の「ほら貝:作家事典」を参照して下さい。

安部公房解読工房へ戻る