Mar. 05, 2003

読書めも 2002年1月〜3月

◇1月の読書◇

「千のプライド」桐生典子 集英社1700
弁護士の卵、(司法見習)の可南子が担当する調査は、病気を苦に自殺した男榎本の、過去の女達に遺産分与を隠し
彼女達の愛を確認するインタビュー。小池真理子さんの死んだ男への女達の回想を連作風作品を連想したが、
最後にはひねりが効いている。未熟なところのある可南子自身が、傲慢さと脆さ、愛憎の間をゆれ、
彼女達に感じる嫌悪ているのは自分の中にある共通の感情に気づかされたからかな。


「銀杏坂」松尾由美 光文社1600
地方都市、香坂市を舞台に、オカルチックな事件を押し付けられる、ベテラン木崎と若い吉村刑事の連作ミステリ。
幽霊、予知夢、幽体離脱、サイコキネス、人体喪失などが絡んだ事件を解決していく木崎。
最終話に幽霊との不思議な会話を配して、現実とも幻ともつかない不思議なオチ。松尾さんらしい、しっとりとしたお話。


「夏の滴」桐生祐狩 角川書店1500
第8回日本ホラー小説大賞の長編賞受賞作。前半と後半で読感が全く異なるので、どちらが著者の持ち味なのか
今後が興味のあるところ。細部には破綻が多いが、何を書くかしぼれば面白そう。


「夏が終わり、愛が始まる」喜多嶋隆 光文社文庫438
逗子で、母親に逃げられた獣医の父と暮らす動物看護士。恋人は大病院の跡取でスマートな人。が、飼い猫を病院に
連れてきた頑固な漁師が気になって…、アクシデントの末、不器用者同士の恋が実り、2人は共に歩く…というお話。


「本格ミステリ2001」本格ミステリ作家クラブ編 講談社ノベルス1400
本格ミステリとはなんぞ?という疑問はともかくとして、2001年の本格もの短編のアンソロジー。
シリーズ紹介的作品も多く、ここで未読の作家さんと出会って、また読みたいリストを長くする(笑)
加納朋子、北森鴻、松尾由美、はやみねとおる、柴田よしき、西澤保彦など。


「君といたホノルル」喜多嶋隆  角川文庫514(書き下ろし) 
正月に読むハワイ
ハワイの探偵浜田麻里(マリー)(元警官の探偵さん)のシリーズ。世界中の高級食材を取り寄せたレストランの
コースよりも、潮風に吹かれながら地元の新鮮な食材を活かした素朴な料理を肴に飲むビールが最高!!ってお話でした。

◇2月の読書◇

「探偵ガリレオ」東野圭吾
東野さんは工学部出身、理系な人らしい。ロマンチックで奇想天外なSF設定の小説の印象が強いので少し意外。

「「ABC」殺人事件」講談社文庫590
お馴染みクリスティのABC連続殺人をテーマにしたアンソロジー。
有栖川有栖、恩田陸、加納朋子、法月綸太郎、貫井徳郎など


「3000年の密室」柄刀一 原書房1600
デビュー作。第8回の鮎川哲也賞で最終審査まで残りながら、受賞を逃した作品。密室状態の洞窟から発見された
縄文時代晩期のものと推定される他殺死体の男性ミイラ(サイモン)、調査と平行して起こる、現代の殺人。
密室殺人の謎よりむしろ、縄文時代の水稲栽培をめぐるロマン、大胆な推論とそれを立証する地味で、
緻密な研究の積み重ね、事実を積み重ね、新しい発見に立ち会う興奮、真実に到達する瞬間の陶酔、そんなものがあふれた、
興奮させられる作品。取っ掛かりはつれないけれど、後は魅力万才の考古学ミステリ。


「アリア系銀河鉄道」柄刀一 講談社ノベルス840
これも本格ミステリで気になった作家さんの作品。三月宇佐見のお茶の会シリーズの1。言葉遊び、理論遊びの連作、
空想推理小説とでもいうか・・・ミステリにリアリティのみを求めるのはナンセンス、こんな遊びもあり。
ただしどの物語も荒唐無稽でありながら、広範な知識と理論に裏付けられてるからこそ、遊びが面白いんだけど。


「エリオットひとりあそび」水樹和佳子 ハヤカワJA文庫
SFではないこれが文庫化されたということは、これまでの文庫化SF作品の評判がよかったってことだ。エリオット、
やっぱりいいキャラだぁ。今読んでも全く古くない。むしろ時代が水樹さんに追いついた?やっぱ漫画書いて欲しい。


「江戸の検屍官 江戸の闇女」 川田弥一郎 講談社2000 
同心、北沢彦太郎と医者玄海、絵師お月のシリーズ。自害か他殺か不明娘、お民の死を調べるうちに、
連鎖して殺人が起こる。明らかになるのは、若い男への執着、若旦那の移り気、女の嫉妬、げに女は恐ろしい・・・という話(笑)
筋とは別に、脇に登場する江戸の娘たちが実に生き生きとしていていい。


「M.G.H.楽園の鏡像」三雲岳人(がくと) 徳間書店
第1回日本SF新人賞を選考会場満場一致で受賞した本格SFミステリ。
ひきこもりがちの研究者の鷲見崎(すみさき)凌と従妹森鷹舞衣(もりたかまい)。凌との結婚を狙う舞衣の画策により
新婚夫婦として宇宙ステーション『白鳳』へ。ところが無重力空間で、墜落死と見られる死体が発見される。
奔放な舞衣を仲介に冷静な凌の調査と推理。見事な科学トリック、宇宙にあこがれた子供時代を過ごした人には嬉しい一冊。


◇3月の読書◇

「隣人」永井するみ  双葉社1800
著者得意の女性を主人公にしたちょっと怖い短編集。一緒にいながら理解されなかったこと、
エゴに近い勘違いの話が多い気がする・・・怖い、怖い。


「ふたたびの虹 All the Colors of Rainbou」柴田よしき 祥伝社1700
過去のあるらしい女将(吉永悦子)の小料理屋「ばんざい屋」を舞台に、
アンティーク小物やおいしい家庭料理といった小物を散りばめ、お客が持ち込む謎の種明し。
真相をつきつめるというより、穏やかに物事を収めようとする感じがいい。柴田さんらしく最後には因縁の事件も。


「雨天炎天−ギリシャ・トルコ辺境紀行−」村上春樹 新潮文庫362
ギリシャの紀行文「遠い太鼓」と双璧の旅の記録。ギリシャ正教を奉信する聖職者の暮らす聖地、修道院の半島、アトス。
「遠い〜」ではひたすらビールが飲みたくなったが、俗世を離れ、女人禁制、ひたすら神と向かい合う地での
思いのほか厳しく、自分の足と僧侶の親切のみを頼りとする旅にはやはり、現地のウゾーが似合う。
ムラカミさんは、宗教にも無縁で自分を懐疑的なタイプと言う。その彼をして“リアル・ワールド”と言わせるものが
アトスにはある。それは人の生き方の確信の問題らしい。およそこちらの世界の人たちの迷いをよそに、
世界の果てに、私は一生足を踏み入れることのできない、濃密な確認に満ちた地がある、なんだか嬉しい。


「天使などいない」永井するみ 光文社1800 
いろんな女性が登場するライトミステリ。永井さんは東京芸大音楽学部中退、北大農学部卒の経歴の持ち主。
なかでも「マリーゴールド」がいい。電車で見かけたキャリアウーマン。家では夫(女好きの)と子供達に頼られる太っ腹
おっかさんの顔。そして火事による夫の死・・・少しの不幸、苛立ちとほんの少しの希望の交錯する物語。


「図書室の海」恩田陸 新潮社1400
短編集。表題は「六番目の小夜子」の姉妹篇で小夜子の鍵を1年持ち、次に渡す役として、関根夏が登場。
関根親子(父親、秋、夏)は恩田さんの他作品に様々な年齢で、何度か登場しているキャラ。
恩田さんの到底現実とは思えない幻想的な設定の物語やSFなども実はつながっているのかも?
・・・どういう順番で読むべきかは判らないけど、じっくりと恩田ワールドを読み返さなくちゃ、と思うのだった。


「悪意」東野圭吾 
友人の流行作家の死体を発見することになった男(これも作家)の記録と、彼を知る刑事の記録が交差し、
作家が意図した、’新事実’(作家の妻との不倫と殺人未遂、それをネタにしたゴーストライト)。が、更に裏があり・・・と複雑。


 Booksメニューへ

 J'sJunkBox Owner Jへのメール