電脳空間独立宣言


 汚物にまみれた産業界と癒着した世界中の政府に告げる。醜く肥え太り正常な判断力を失った貴様等忌むべき独活の大木どもよ、私は魂の新世界、電脳空間からの使者だ。やがて訪れる未来の為に言う、我々に干渉しないでくれたまえ。貴様等は我々にとって歓迎すべからざる存在だ。この電脳空間に集う我々に対して貴様等は統治する術など持ってはおるまい。

 そもそも我々には政府に相当するものはないし、選挙などない。選挙で政府を造り出そうとも思わない。従って私の貴様等に対する言葉は、我々が通常一般社会において自由に話している言葉より以上の特別な権威があるわけではない。そこで私は宣言する。我々が築きつつある包括的な社会空間は、貴様等が我々に押付けようとしている暴虐なる圧政からもとより完全に独立していることを。貴様等は我々を縛ろうとする道徳倫理に裏付けられた規則も、我々が心底畏れるような強制的な手段も、たとえどんな方法であれ知らないだろうし持てはしない。

 諸政府の持つ権力とは、その政府に従う人々の合意があってこそ生ずるものだ。貴様等は我々の合意を求めなかったし、我々の合意を取り付けてもいない。貴様等は電脳空間に参画していない。貴様等は我々を知るまい。貴様等は我々の世界を知るまい。電脳空間は貴様等の枠の内にはないのだ。公共工事の如く電脳空間を構築することができるなどと思わないでくれ。貴様等には不可能なのだ。電脳空間は自然なる営みであり、我々個々人の行為が寄り集まって電脳空間自らが成長しているのだ。

 貴様等は我々の壮大なる集いの対話に参加したことがないし、我々が利用する市場を貴様等が創造したわけでもない。貴様等は我々の文化を知るまい。貴様等は我々の行動倫理を知るまい。我々には既に貴様等の社会で行われている理不尽な規制より遥かに整えられた不文律があることを知るまい。

 貴様等は我々の電脳空間に、傲慢にも貴様等が解決すべき諸々の問題があるなどと口走っている。貴様等はこの主張を足掛かりに使って我々の世界への浸透を謀ろうとしている。ところが残念なことに貴様等の主張する諸々の問題などないのだ。実際に何らかの衝突があれば、不都合があれば、我々はその問題を認識して我々の手段でその問題を解決する。我々は我々自身の社会契約を形成しつつあるのだ。この支配者のいない安定状態は、貴様等のやり方ではなく我々の世界の諸条件に因ってのみ調和が生まれる。我々の電脳空間は貴様等の世界とは違うのだ。電脳空間は蜘蛛の巣に似て、商取引・様々な関係・思想などが定常波のように際限なく広がっており、その中で我々が相互に連絡しあうことで成立している。我々の世界は何処にでもあるが同時に何処にもない。そしてそこは血の通った肉体とは無縁の場所なのだ。

 我々が作り上げつつある電脳空間は、総ての者が人種や誕生地による偏見なしに、もしくは経済力や軍事力による特権などなしに入ることができる。

 我々が作り上げつつある電脳空間は、例えどんな特異な考えであろうが沈黙や服従を強制されることなく、誰であろうが如何なる場所でも自らの信ずるところを表現することができる。

 貴様等の言う財産・表現・自我・移動・情況などの法的概念は我々には適用できないのだ。貴様等のそれは物質を元にしているが、電脳空間に物質は存在しない。

 我々の自我は肉体を持たない。従って貴様等とは違い我々は物理的圧力による強制的な秩序の構築は不可能なのだ。我々はこの電脳世界が倫理や自己啓発された利己心及び公益などから安定した秩序が生ずると信じている。我々の自我は貴様等の管轄を跨いで集散するだろう。電脳世界を構成する様々な文化を紡ぐ我々の総てが一致して認める唯一の法は、黄金律「何事も人にせられんと思う事は人にもその如くせよ」である。我々はこれを元に我々自身で問題を個別に解決する道を選ぶ。つまり貴様等の押付けようとする解決策など到底受け入れることなど出来ないのだ。

 米国では本日通信連絡改革法案なるものを世に送りだした。これは合衆国憲法を否定し、ジェファアスン、ワシントン、ミル、マディスン、トクヴィル、ブランデイスらの描いた夢を冒涜するものだ。しかし彼等の抱いた夢は我々の電脳世界で生まれ変わり花開くだろう。

 貴様等は自らの子供達に怯えている。貴様等が電脳空間への移民であるのに比べて子供達は電脳空間と共に育つからだ。貴様等は恐れ、怯えるあまり貴様等自身が向き合うべき親としての責任を愚劣な官僚どもに委ねてしまった。電脳空間は、人間性に関わるありとあらゆる感情や表現は下劣なものから崇高なものまですべて、二進法による地球規模の会話で成り立つ継ぎ目のないひとつの巨塊なのだ。我々には人を窒息させる空気と翼を支える空気とを区別するようなことは出来ないのだ。

 中国で、独逸で、仏蘭西で、露西亜で、新嘉坡で、伊太利で、そして亜米利加においても貴様等は電脳空間の最前線に見張塔を建て、自由の風が吹き込むことを食い止めようとしている。わずかの間はそれで防げるだろう。しかしいずれ二進法による通信形態が世界中を覆う時、風車に立ち向かう貴様等は敗北するだろう。

 貴様等の廃れゆく情報産業は、亜米利加及び他の国々において自らの主張を押し通すべく至る所で情報産業界を永続させる為の法律を作らんと目論むだろう。そしてその法律は発明などを銑鉄と変わりないある種の工業製品だなどと抜かして利権を発生させるだろう。電脳空間では、人間の精神が生み出すものならば如何なるものであろうと限りなく無償で再生分配することができる。思考思想の地球規模の伝達が意味するところはただひとつ、貴様等の旧式極まる工場など最早必要ないということだ。

 貴様等の陰険で植民地主義的な措置により、今我々は、かつて自由自決を願い遠方より権力を振るう支配に抵抗した人々と同じ立場にある。我々は宣言しなくてはならない。たとえ貴様等が我々の肉体を支配しようとも我々の電脳空間における自我までは支配することが出来ないことを。我々の思考・思想は地球全体に集散し、貴様等は電脳空間における我々の一切の自我を封じ込めることなど出来はしないと。

 我々は電脳空間に魂の文明を造り上げる。それは貴様等が造り上げた世界よりはるかに誇らしく素晴らしい世界となるだろう。

 スイス ダヴォスにて 一九九六年 二月 八日

 ジョン・ペリィ・バアロウ

http://www.eff.org/~barlow

 

 サイバー反体制派 電子フロンティア財団共同設立者

「過ちだけが政府の支えを必要とする。真理は自らの足で立つ」
 トマス・ジェファアスン  「ヴァアジニア覚書」


原文:ジョン・ペリィ・バアロウ 訳:鶴弥蒹成 参考:斉藤秀三郎英和中辞典


関連ページ 原文 山崎カヲル訳 鈴木啓介訳



HOME