平成荘子訳集

宋国の人でかって漆園の管理人であった荘周が著した、中国の知識人に非政治的世界・非実利的価値観を与えた書。

逍遥遊
のびのびと楽しい異境へ行く

1

北方の深い海に小魚(鯤)がいる。小魚の大きさは数千里ほどである。また化身して鵬と云う鳥となるが、背丈は何千里あるか解らない。この鳥が奮い立って飛べば、広げた翼は天に垂れこめた雲のようだ。暴風に海が荒れる時、風に乗って南方の広く深い海に渡る。斎諧という怪異を記した本によればその渡りの様子は、水を翼で打ち進むこと三千里、初めて海面から浮上し九万里の上空に舞い上がる。六カ月間飛び続け、初めて憩という。

かげろうやチリほこりは地上の生き物の呼息吐息によって起こるものだ。では空の青さは空本来の色なのか?それとも天空が遠く際限がないためにそう見えるのか?鵬が九万里の上空から下界を見ればきっと青く見えるのだろう。
また、水深が深くなければ大きな船は浮かんでいることが出来ない。杯の水を床にこぼせばチリは水に浮き上がるが杯の底は床につっかえる。これは水深がなく船が大きいからだ。そこで空気の層が厚くなければ大翼を支えることは出来ない、だから鵬は九万里の上空に舞い上がる。さらに晴天を背に負って何者にもさまたげられない。これによって南の海に渡ることが出来るのである。
蝉と小鳩が鵬の話を聞いて大笑いして云うには「夢物語もいい加減にしてくれよ!おれたちは力を振り絞って飛んでも潅木の間のことだし、時には枝にとどかずに地面に落っこちることもあるんだ」。これはどういうことかといえば、近郊に出掛ける人は三食分も用意していれば腹を空かすことはない。でも百里を行く人は前の日から食料を準備する。さらに、千里の遠くに出掛けるなら三カ月前から準備しなければならないだろう。蝉と小鳩はこのことが解っていないのだ。
小さな世界の知識では大きな世界のことは解らない。同じく短い時間を生きるものは長い時間の世界のことは解らない。朝開いて夕にはしぼむムクゲの花は夜から朝までのことは知らないし、つくつく法師は一年の季節は知らない。これらは短命のものであるからだ。楚の南に冥霊という木があり、五百年間は茂り、つぎの五百年間は枯れて落葉している。さらに、大昔には大椿という木があり八千年間は茂り、次の八千年間は落葉しているという。これらは長命のものである。これに比べれば七百歳の彭祖に人々が習おうとするのは何とはかない望みだろう。

殷の湯王が賢者棘と問答したのもこの寓話であった。
北の果ての地の広く深い海に誰もその全長を見極めたものがない雑魚がいる。鵬鳥と化身し、その背丈は泰山のようにそびえ、翼は天に垂れこめた雲のように広がり、旋風に乗って雲海の上に舞い上がる。かくて、晴天を背に南の海に渡ろうとする。
雀が笑って言う「われらは勢いよく羽ばたいても雑木林の間を飛び交い、ヨモギや雑草の間を跳ね回っていて、これで十分だと思っている。何を思ってあの鵬はどこに行こうとするのか」と。これもまた大小の世界の違いを知らないからだ。

さて、人の世界においても、その才知が一つの官に適い、また行いが一地方に知られ、また賢人として国君に見出され国を導いて賛えられ、身を立て・功績を残し・名を上げた人々が、自らをどう評価しようとそれは雀の世界のことである。宋の栄子ならばこれらの人々を平然として笑って見ているだろう。この人物は国中の人々が褒めそやしてもその気にならず、世を挙げて非難中傷しても全くくじけない。自己の真価と世間の評価の差異をわきまえ、栄誉と恥辱の真の区別を知っている。しかしまた、そこまでだ。彼は世俗のことにコセコセしていないものの、まだ乗り超えていないところがある。かの列子という人物は風に乗る術を駆使し、十五日間飛び回って再び地に降り立つという。彼も自在に世の禍福に捕われないのであるが、地上にしばられていないとしても、まだ当てにしているものがあるようだ。では真に大なる者とはどんな人か。自然界の正しさのままに心身を任せきっている。人生の出来事のままを受け入れて生き、何も当てにするものがない。功績もない、名もない、己さえもない、何も当てにするものがないのが神のような人だ。
(写真提供;momoさん)

2

尭帝は高名な賢者にして隠者の許由に国を禅譲しようと決心して云った「月と太陽が出て世の中を明るく照らし出しているのに、たいまつを灯したままでいても意味はありません。すでに恵みの雨が降っているのに、あくせく田に水を引いているのは徒労というほかありません。今や、あなたがいらっしゃるのに私が今の位に付いているのは無意味・徒労そのものです。国政をお任せいたします。」
許由は答えて云った「あなたが国を治めになられ、すでに立派に治まっています。私があなたに代わってその位に付いたとて、名誉職で実質何の変りもないのです。私は美名を求めない。ミソサザイは森林に巣を作るが、それは一枝に過ぎない。モグラネズミは渇きをいやすために河を求めるが、飲むのは一腹の水だ。私と国の関係はそのようなもので、天子の富貴はあなたのものです。貴方は今のままで安心し、帰って休んでいればいいのです。私は政治に係わってもなすこともない。料理人が料理をしないからと、神主が祭器を踏み越えて来て、包丁を握ることはないのです」。

3

肩吾が連叔に尋ねた。「わたしは接興の話を聞いたことがあるが、言うことが大きくてどこまでが本当のことか解らず、どこまでも話が膨らんでただただ驚いた。銀河の極まりがないかのようだ。常識と隔たりがあり過ぎて、とても世上のこととは思えなかった。」
連叔云う「やっこさん、何と言ったのかい。」
肩吾「ん、いつかはこんな調子だったな。われわれの俗の世界を離れたバッコヤの山には神人が棲んでいる。肌は氷雪のように白くすきとおり、しとやかで処女のよう。五穀を喰らわず、風を吸い、露を飲む。雲気に乗り、飛竜を御して、人間のいけない世界の外に遊ぶ。その心を凝らせばまわりの生き物は傷ついたり病んだりすることなく、穀物は年々豊饒に熟すと。こんな話し、私は信じないよ。」

連叔が答える「なんだ、そんなことか。目の不自由な人は名文を味わえない。耳の不自由な人は音楽を楽しめない。同じことが精神上にもあるものだな。その神人は森羅万象を統合して一つにする力を及ぼしているのだ。世の人に推されて高官の位に付き、あくせくとして一天下国家のことに係ることなど比すべくもない。このような人は何物も傷つけることが出来ない。大洪水が大空まで届いたとしても溺れない。日照りに焼かれ、石・金属が溶けて流れ、山・土がすべて焦げついたとしても熱いと思わない。この人の徳の残りかす・耳屑ででも尭・舜ぐらいの人物は作れる。どうして世上のことなどに係ずらっていれようか。」

4

おめでたさんの国、宋の商人が由緒正しい殷王朝の礼冠を売りに越に行った。ところが、越人は断髪文身の風俗で礼冠など無用の長物であった。尭帝は政マツリゴトを興し、その聖なる統治の光は世界中に及ぶほどであった。ところが、バッコヤの仙山に四隠者を訪ねた後は、うっとりとして分水のほとりに至るまで、治めてる世界のことを忘れていた。

5

荘子と親友の論理学者で宰相を勤めた恵子は荘子の日ごろの言動を皮肉って小話をこしらえた。
「魏の恵王さまから大きなヒョウタンの種を頂戴したので、さっそく植えてみるとそれにおおきな実がなった。それが五石もの容量があり、実際に水入れの容器に使おうとすると重すぎて持ち上げることが出来ない。しかたなく二つに割ってみると今度は浅くて平ぺったいのでいくらも入りゃしない。けっきょく何の役にも立たないから打ち砕いてしまったよ。それで君のことを思いだしてね…」。
荘子が云う
「そりゃー、残念だったね。でもそうなったのは君が大きなものを使うのが下手だからさ。むかし、こう言う話があった。おめでたさんの国・宋の某氏は代々あかぎれの秘薬を家伝して、真綿を洗うことを家業としていた。ある時、一人の客が来て薬の製法を買いたいと申し出た。さっそく親族集まって言うには、代々綿を洗って稼いでもいくらのカネにもならない。今これを売れば一挙に百金の大金が手に入る。売ってしまおうじゃないかと。客はこれを得て呉王に仕えた。後に越と戦いが始まると王はこの客を将軍とし、冬、越と水上で戦い大勝利を得えることができた。こうして客は領地を封ぜられることになったのである。すべてものは使いようってことさ。今君は五石のヒョウタンを持っているのなら、それで大樽をこしらえて大河や湖に浮かべて遊ぼうとは思わないのか。無用だからと打ち壊してしまうのは、実利に拘束されて心がふさがっているのではないのか。」

6

再び恵子が云うには
「私の田舎の屋敷には大樹があるが、これがあの役立たずの樗で幹は曲がりくねり、こぶだらけで縄墨を当てることも出来ない。小枝もねじ曲がっているので定規も役に立たない。切り倒して道端に捨て置いても大工も見向きもしない。君の言うことも樗と同じで誰も相手にしないんだ。」
荘子もまた答えて云うには
「あなたはあのイタチや山猫を見たことがないのか。身を低く構えて獲物を狙い、前後左右に飛び回って敏捷なことこの上ない。それでもワナに掛かり、網にとらえられて命を落とす。それに比べあの野牛はずうたいは巨大で天に垂れこめた雲のようだ。見るからに鈍重そうで、ネズミ一匹捕えることも出来ないだろう。(物の役にも立たない無用なもののようであるが、それでも草を食んで活きて差障りもない。)今また君に無用の大樹があるのならどうして君はそれを無何有の郷、広漠の野に植えて、ぶらぶらとその傍らで遊び(原文;無為)、何物にもわずらわされることなく、その下で居眠りでもしていないのか。(今君が私の説を知っているのならどうして君は何物も当てにするものがない魂の郷里、みずからの有るがままで外に何も求めない魂の原野で、ぶらぶらと遊びまわり、何物にもわずらわされることなく、安らいでいればいいではないか。)無益にみられて誰も寄り付かないので、切り倒される心配はない、そんな無用の大樹があるからと言っても何も困ることはないさ。」

この訳集は、老子、元禄期の禅僧・盤珪(盤珪禅師語録:岩波文庫)、中世ドイツの思弁的神秘主義者・Mエックハルト(神の慰めの書:講談社学術文庫)の考え方を参考にした解釈です。

TOPの目次へもどるリンクへゆく