養生主

私達の生命には限りがある。その生を全うして、天寿を尽くすようにすべきであろう。しかし、心の働きというものには限度がない。心を用いるのには節度を置かないと身を傷つけることとなる。善をなしても名誉には近づかない。悪をなして刑に近づかない。甚だしいことを避けることを習いにしていれば誤たず、親を養い、身を保つことができよう。

1

包丁が文恵君の前で牛を解体してみせた。手で触れ、肩を寄せ、足で踏み付け、ひざを立て掛けて、包丁の動きに添って、さくさくざくざく音がする。牛刀を進めるたびにさくさくと、古代の名曲に和するように音がする。そして、たちまち見る見るのうちに牛は見事に解体された。
文恵君はあ〜見事だな、技も極まるとここまでになるのかと喜んだ。すると包丁、刀をおいて申し上げる。「わたしめは道を求めておりまして、単なる技より勝っています。わたしめも、はじめ見習いの時は、目の前が牛でいっぱいでした。しかし三年の後にはもはや、牛の全体は目に入りません。今に至りましては心の内なる像に対していて、目によって捉えません。外部の知覚器官は止まっているままで、心の欲するところが行なわれます。肢体の仕組みにしたがって、皮と肉、肉と骨の大きな隙間では刀は走り、筋が入り組み骨と肉が絡まったところでも一刀のもとに切り込んで、やり直しはありません。ところで腕のよい者でも年に一度は刀を取り換え、たいていの者は一月ごとに刃を折るものです。しかし、わたしめの牛刀は十九年、数千頭もの牛を解体してきましたが、ほんのいま研ぎあげた刃物のようであります。それと言いますのも、あの骨・節には隙間がありますが、刃先は厚みがないようなものです。厚みのないもので隙間に入っていくのですから広々としたものでいくらでもゆとりがあって、十九年も使っているのに刃先は研ぎ出したままのようです。そうは申しましても要所を前にしましてはわたしめもその難しさに心を引き締めます。目を凝らしてしっかりと対象を捉えます。牛刀の歩みもゆっくりと進み、刃先と対象のかすかな手ごたえを確かめています。そして、ドサッと土塊が地面に落ちたように肉のかたまりはすっかり切り離されてしまいます。しばし牛刀を手に立ち止まり、仕事の結果を確かめ、心に満足ゆくものであれば、はじめて牛刀をぬぐって鞘に収めるのです。」
文恵君が言う「すばらしい!わたしは包丁の話を聞いて処世の秘訣を得た。」

{文恵君が得た処世の秘訣 1、修練が必要なこと。2、用心深くあれば行き詰まりはないこと。人生にも必ず通路があるものであるから、無理な力づくなことをして逆らわない。}

2

老子が死んだ。秦失は弔問して、型通りの三度の号泣をしただけで退出した。そこで老子の弟子が問う「あなたは先生の友人だったのでしょう。」秦失「そうだった。」弟子問う「それなら、あんな型通りの弔い方でいいのでしょうか。」「あれで良いのだ。以前、わたしはあの人を人物と見て友人としていた。しかし今ではもうそうではない。先程わたしが弔おうとして部屋に入った時、老人が泣いているようすはまるで我が子のことのようであった。若者の泣いているようすはまるで母親のことのようであった。彼らがここに集まってやったことは、その師の教えからすれば、弔いを求められもしないのに弔い、泣くことを求められもしないのに泣いていることになろう。このことは万象の真のありさまから逃れ、その中での自らの位置を忘れるものだ。古の人はこれを天性を逃れる罪だと言う。たまたま産まれて来て、たまたまこの世を去っていくことは、道理にかなったことで、心に哀楽の情が入り込む余地はない。古の人はそれを天が降した逆さずりの刑の苦しみから解かれることだと言った。薪は燃え尽きていっても火(生命)は途絶えることはないのだ。」

{この処世法の篇はボリュームにとぼしく、訳さなかったが連絡のない文章も含まれている。やはり外篇の刻意篇などにあるべきものだろう。}  

TOPの目次へもどるリンクへゆく