だいありぃ倶楽部
せかんどすていぢ

4 / 23 本日の一言
ついにだいありぃ倶楽部を閉鎖致します。
その理由は様々ですが、一番の問題は結構親しいのであろう友人が記名をせずに書き込みを行った事です。
元来名を明かさずに何でも出来るのはインターネットの良いところであり、悪いところであると思っていましたが、
少なからず私と親しい関係にある友人はわざわざ名前を隠すような真似をして投稿はしない。と信じておりました。
それが問題のある内容ではないと思っているのなら、尚の事伏せるような真似をして投稿してきた意味がわからない。ということで。

もちろん、ふざけて名前を少し変えたりする友人は居ますが、皆私に一発でわかるようにしてくれています。
そして、私が誰かわからない書き込みを一番嫌うというのも理解している物だと思っておりました。
しかしながら、様々な推論から間違いなく親しい間柄にあるであろう友人が、名前をわざとわからないようにしている

その理由が一体どこにあるのかわかりません。実際はただふざけてみただけなのかも。
ただ、○○ではお世話になりました。という文面を残しながら誰かわからないようにしたというのは、
その場所なら自らをまぎれさせる事が出来、自らが誰かを特定させないというのが可能であると考えたと推測致します。

そして二度目の書き込みにも名前は無く、タイミングの良さ、あえて接続先を変えてきたという用意周到な点から、
悪意を持った書き込みであると断定致しました。

更に、最も私の中で辛かったのが、最近仲良くなってきた場所での友人の誰かという非常に抽象的な解答を出さざるを得なかった事です。
その中から誰が書き込んだかを特定するのは難しく、記名を求めても反応は無いという事で、その結果可能性のある人間全員を疑わざるを得ませんでした。

そんな生活にも疲れてき、更にそういった輩に監視されていると思うと日記も思い通りに筆が進みません。
結果、今後だいありぃ倶楽部を更新するのは不可能であると判断しました。

ただ、HPの更新は続けます。誰も私を知らないという場所で、一からやり直そうと思います。
本来こう言った逃げるような閉鎖は好きではないのですが、迷宮入りの事件を死ぬまで気にする方がもっと嫌なので。
事件の起こった土地を捨てるような感じでしょうか。少し綺麗に言い過ぎているような気もしますが。

とにもかくにも「だいありぃ倶楽部」は本日を持って閉鎖。今後更新はありません。
そして、新橋圭太郎のハンドル、「だいありぃ倶楽部」の名前も二度と使う事はありません。断言します。もしどこかでこの名前が出てきたら、

それは私ではない全くの別人です。

長年「だいありぃ倶楽部」を見に来ていただいた方々には感謝の念が絶えないと同時に、非常に残念でもあります。

またどこかで会うことが出来ましたら・・・それまで皆様、ごきげんよう。

このページはIE6.0。解像度1024×768で動作確認を行っております。
スタイルシートを使用。ネスケだと表示されないかもしれません。