ゲストブックに記帳してね!! 私のホームページへ

未菜実 - 04/09/16 12:57:55

コメント:
>田中さん
お久しぶりです。
ピーターフランクルのテレビ、やっているのは知っていたんですが、
見てませんでした。
面白そうな問題のようですね。期待しています。
あ、それから、ここは雑学のHPなので、パズルのHPの方にお願いしますね。^^;

田中 - 04/09/15 19:59:50

コメント:
未菜実さんこんばんわ、お久しぶりです。とっても。いそがしくて。久しぶりに来たらニュースですね。本が出たと聞きました。これこれ、私も店頭で見ましたよ。そしてー、あっ この中から未菜実さんに出題してやろうか・・なんて、ふと思いましたよ。そんなことしていたらお笑いぐさでしたね。「それ、わたしの問題だー」って。数理パズルはシンプルが命ですよね。今 教育テレビで「ピーターフランクルさんの人間講座 数学の愛し方」をやっていて毎回見ています。テキストも買いました。世の中の一部のマニアかもしれませんが、私もそのひとりのつもり。中に妙なパズルがありましたよ。あとねー・・・こんな逸話もありました。ある図書館の館長さんが図書館が新設されるので、図書を箱詰めして運送するのですが、本の厚さにはいろいろあって、全部の本をつめこんだら100箱でいけるとわかった。しかし館長さんは、運搬量を減らすつもりで、何百冊かを自分で車につめこんではんこだら、なんと運送屋が運ぶ本の総箱数が100以上に増えてしまった。・・・テレビでは少ない数で証明していました。これには、私も感動しました。・・約数とか、商、余り・・端数の問題かもしれません。シンプルな例ができたらお知らせします。またよろしく。あの本、買いますからね。

未菜実 - 04/09/08 13:40:10

コメント:
私のパズルのHPが協力した本が出ました。
「脳細胞に効く 算数・図形パズル」成美堂出版
\900+税 B5版の黄色い本です。
超入門編ですから、パズルの苦手な人も大丈夫です。たぶん。^^;
→http://www.geocities.co.jp/Berkeley-Labo/6317/sub1.htm
表紙の写真は↑のページに載せておきました。
よろしくね。(^_^)

未菜実 - 04/07/21 22:09:56

コメント:
言葉の誤用はVol.061に少し載せています。


未菜実 - 04/07/21 22:06:48

コメント:
改行は<br>を半角で入れてください。(^_^)


HzO - 04/07/21 22:04:08

コメント:
BBS汚しですいません、改行するのにはタグを使えばいいんでしょうか?

HzO - 04/07/21 22:02:51

コメント:
(改行したはずなのですがされておらず見にくいのでもう一度) どうも、数理パズルのほうお邪魔させていただきました。 なんかそういえば昔やったなってのが結構あって懐かしかったですが、いや、もう頭が硬くなってるようです(ダメですね)。 裏天文研究会にも伺ったんですがサイト改装中のようで会員登録ができなくて残念。 雑学のコーナーの紛らわしい日本語というので思い出したんですが、間違った日本語ってのもありますよね。 (もうすでにやったかもしれませんが) 誤り 犯罪を犯す 的を得た意見 うる覚えのスペリング 愛想を振りまく 正(おそらく) 罪を犯す 的を射た意見 うろ覚えのスペリング 愛嬌を振りまく 犯罪を犯すは明らかですが結構見ますよね発音が紛らわしいってのも混乱する理由のひとつですよね。

HzO - 04/07/21 21:58:32

コメント:
どうも、数理パズルのほうお邪魔させていただきました。なんかそういえば昔やったなってのが結構あって懐かしかったですが、いや、もう頭が硬くなってるようです(ダメですね)。 裏天文研究会にも伺ったんですがサイト改装中のようで会員登録ができなくて残念。 雑学のコーナーの紛らわしい日本語というので思い出したんですが、間違った日本語ってのもありますよね。(もうすでにやったかもしれませんが) 誤り 犯罪を犯す 的を得た意見 うる覚えのスペリング 愛想を振りまく 正(おそらく) 罪を犯す 的を射た意見 うろ覚えのスペリング 愛嬌を振りまく 犯罪を犯すは明らかですが結構見ますよね 発音が紛らわしいってのも混乱する理由のひとつですよね。

未菜実 - 04/07/19 07:12:02

コメント:
ずいぶん、興味の範囲が幅広く変わっているんですね。
私は、メインは科学関係で、後は・・・、やっぱり幅広いですね。^^;
もう一つHPをやっているのでそちらも興味をもってもらえるかも。
→ http://www.geocities.co.jp/Berkeley-Labo/6317/

HzO - 04/07/17 18:27:58

コメント:
Hello againです。 ロボットで「ロバ」「ロバ」ってのに笑いました。 彼らぜんぜんtを発音しませんよね。 そうですね、天文学に限らずなんでもです。 知ることが好きなのは未菜実さんとおそらく同じじゃないでしょうか。ただ科学に関してはちょっと特別ですかね。 科学は美しさとか力とか、危険な香りに溢れてていまだに子どもなのか自分には魅力いっぱいです。 専攻の社会学でも人間の行動をNeuropsychologyの観点から見るのが好きだったりとか、そんな感じです。 雑学好きになるとひとつのことに絞れなくて大変じゃないですか? 自分の場合興味の中心が変わって (高2)美大→(高3夏)理工学部→(受験直前)音大、留学→(二年前)ビジネス→(去年)経済→(現在)社会学部と変わっていて自分でもわけが分かりません。 最近やっと社会学を仕事にできるかな、と落ち着いてきた感じです。 ま、これが自分なのかなと言うことで結論の出たところで、また次の機会に。

未菜実 - 04/07/16 22:16:29

コメント:
HzOさん、今晩は!
天文に興味があるんですね。

下は、私がいつも遊んでいる天文サイトです。
裏天文研究会っていいます。
http://uratenchi.hp.infoseek.co.jp/tennmonn_k/
ここにも、ブラックホールの特集があります。
質問も受け付けていますよ! (^_-)

HzO - 04/07/16 21:16:47
電子メールアドレス:james@hotmail.com

コメント:
なによりも4年近く続けていることが素晴らしい。 ある程度の深さがあるのがこの雑学サイトの特徴であり良いところではないかと。未菜実さんの人格が伺えます。 宇宙のところでBlack holeについての記述がありましたが私の知る限りではここの研究が世界で一番進んでいるかと。http://www.jaxa.jp/news_topics/column/no7/index_j.html(もう読んでいる可能性大ですが) 小さいころから銀河の中心がなぜ明るいか、渦を巻いているのか疑問だったんですがやっぱりそういうことだったんですね。 今日はこれくらいにしてこれからもお邪魔して読破しようと思います。それでは

未菜実 - 04/07/05 10:22:50

コメント:
パズルに続いて、訪問者50,000を超えました。(^_^)
ありがとうございます。
これからもよろしくね。(^_-)

未菜実 - 04/06/10 12:31:29

コメント:
難読語の読みを載せるのを忘れてしまいました。
HPには載せていますので、そちらを参考にしてください。

未菜実 - 04/06/07 09:04:53

コメント:
お役に立ててよかった。(^_^)
これからもよろしく!

かもかも - 04/06/06 15:37:54
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/8093/
電子メールアドレス:yokamo28@yahoo.co.jp

コメント:
はじめまして。 只今韓国滞在中です。 日本語を教えている韓国人の方から「水臭い」の意味を質問されました。 使い方は知っていても意味は??? 検索してこちらへたどり着きました。 MyHP、BBSで紹介させていただきました。 ありがとうございました(^^)

未菜実 - 04/05/30 11:24:51

コメント:
下の、ぜひ聞いてみたいのは、セミの声です。^^;
何でも凄い騒音だとか。芭蕉にも聞かせたいですね。
どんな、俳句を作るやら。(^_-)

未菜実 - 04/05/30 06:51:45

コメント:
坂本龍馬のあの有名な写真がネガ方式だったことがわかったそうです。
当時の写真は銀板写真と言う、ダゲールによって発明された(1837年)焼き増しのできないものが一般的だったとされていました。
ネガ方式は1851年のアーチャーによるものが最初とされています。
が、実は1849年日本の大野弁吉がネガ方式を発明しています。
龍馬の写真は、大野弁吉の発明が使われていたのでしょうか?
興味津々! 

未菜実 - 04/05/30 06:43:00

コメント:
13年ゼミ、17年ゼミ、ぜひ聞いてみたいですね。
1997年に出された、静岡大学の吉村仁氏の説ですね。
お互い「素数」であれば、周期が一致しにくいと言うのは
少し変で、お互いに「素」であればいいわけですよね。
例えば、17年と14年の方が一致周期はもっと長くなる。
アメリカのセミの周期には氷河期が関与していているとも言いますが
なぜ羽化時期(季節)をずらさなかったのでしょうか、不思議ですね。
日本のセミは、賢く羽化時期をずらしています。
そうそう、13年ゼミにしても17年ゼミにしても、一種類ではなく、各々3種類
のセミの総称だといいます。
この3種類のセミの間の交雑はどう防がれているのでしょうか? 不思議!


さっか あやめ - 04/05/29 21:44:21

コメント:
御無沙汰してました。
昨日午後NHKの番組でアメリカの蝉の大発生のニュースを解説していました。
大発生の周期には素数が関係していると言っていたので、生物学と数学が何で
関わりを持つのか、不思議に思って聴いてみると次のような現象らしいんです。
蝉が地中で幼虫でいる期間は進化当初はランダムなものだったらしいのですが、
ばらばらに羽化したのでは異性の成虫に出会いはぐれてしまいます。そこで種に
よってそれぞれ同一周期で一斉に羽化するように進化を遂げることになりました。
ところがそうなると異種間で偶然に同じ年の夏に羽化がシンクロしてしまう現象も
起きてきます。例えば3年周期・4年周期・6年周期の種があるとすると、ある年が
この3種共通の羽化の時期にぶつかる可能性があります。そこで異種間での交雑が
発生して来ざるを得ないのが自然界の習いというわけで、混血種では周期が乱されて
子孫の繁殖生存能力が低下することになってゆきます。こうした淘汰を免れて残存する
種は、周期が他の種とシンクロしにくいものということになります。つまり他の数で整除
不可能な数を周期とする種の蝉のみが有利な繁殖を継続できるというわけです。そこで
大発生するのは素数を羽化周期とする種の蝉に限定されることになります。
13年、17年、19年の周期で蝉の大発生するメカニズムには数学的原理が
潜在しているのであって、これを発見したのは日本の研究者である、といった
解説でした。
ただし完全にお話が理解できたわけじゃないので、内容の正確性は保証できません。
未菜実さん、フォロウよろしく(^人^)

未菜実 - 04/04/26 11:25:06

コメント:
こんにちは! あやめさん。
飛行機といえばコックピット(cockpit)も、語源は闘鶏場からきているんだそうです。一説には闘鶏を入れておく籠ともいいます。^^;

そうそう、先日テレビで、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、ショウブの違いをやっていました。
何度聞いても忘れちゃうんですが、今回はしっかり覚えました。(^_^)

さっか あやめ - 04/04/25 22:10:54

コメント:
stewardessが豚小屋の番人女とは意外でした。
戦後に旅客航空便が始まったときに機内の接客乗務員の名称はアメリカ同様に
スチュワーデスだったのですが、スチュワードが下僕のようなニュアンスなので
才色兼備を誇る彼女等の気に入らなかったところ、賓客のもてなしを主宰する
女主人という意味のホステスこそ相応しいという彼女等の要望に基づいた名の
エアホステスということに決しました。それから何年かの間はエアホステスが
定着していたのですが、やがてクラブ・バー・キャバレーなどの女給さんたちも
ホステスと呼ばれるのが普通になってしまい、エアホステス嬢はオミズの人と
一緒にされたくないわということで、再び元のスチュワーデスへの復帰を要望。
そして最近はアテンダントとかいうことになったらしい。世間ではスッチーとか
呼んでるようですが。去年のNHK朝ドラ「こころ」では「客室乗務員」を連呼
してましたが、スチュワーデスというのは公共放送では使用禁止用語なのかしら?

未菜実 - 04/04/16 09:17:18

コメント:
こんにちは。大城さん or arareちゃん? どちらがいいのかしら?
これからもよろしく!(^_^)

norimaki arare - 04/04/16 08:42:11
ホームページアドレス:http://www.osgco.com
電子メールアドレス:ohsiro@osgco.com

コメント:
新人研修の材料つくりで検索中に見つけました。 社内ランでドキュメントレビューをしています。 楽しみにしています。今後とも宜しく

大城一郎 - 04/04/16 08:41:02
ホームページアドレス:http://www.osgco.com
電子メールアドレス:ohsiro@osgco.com

コメント:
新人研修の材料つくりで検索中に見つけました。 社内ランでドキュメントレビューをしています。 楽しみにしています。今後とも宜しく

田中 - 04/03/31 23:26:30

コメント:
みてしまいました。アメリカの数学パズルのページの中 minami kawasaki・・・・そうかー、川崎さんだったのか・・・。本名なのかな? ペンネームかな?・・・ それはそうと、未菜実さんの雑学メール読むのたまってしまいました。すぐ読みます。

未菜実 - 04/03/30 10:06:26

コメント:
見ました、綺麗ですね。
あんな写真自分で撮れるとすばらしいんだけど・・・。^^;
私がよく見るサイトです。NASAとHubbleのサイトです。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/calendar/allyears.html
http://hubblesite.org/gallery/

田中 - 04/03/30 00:26:44

コメント:
天文の質問掲示板にすばらしい写真サイト紹介しておきました。ご覧あれ。

未菜実 - 04/03/25 09:11:55

コメント:
あやめ節が戻ってきた〜〜!(^_^)
いつもながら、詳しい情報をありがとう。
そうそう、白川静さんの本を買おうかと思っているのだけど、どうなのでしょう?
テレビ番組などを見てると、確かにすごいと思うのだけど、どこか、独断に過ぎるような点もあるように感じるのだけど・・・。


さっか あやめ - 04/03/24 17:03:13

コメント:
さてここまで読み進んで「魔羅といえば現代の日本では普通に使われてるあの単語は
佛教の用語と関係があるんだろうか?でもあやめは上品なこのサイトにそぐわないので
遠慮して話題にするのを避けているんだろうか?」とお思いの方、やっぱり書きますわ。
関係あるんです。佛道の障害になる困ったシロモノということで比喩的に呼ばれるように
なったみたいです。

長々と連続カキコ御免なさい。でもまた興味あるテーマが取り上げられたら、
お邪魔いたしますわね。

さっか あやめ - 04/03/24 16:43:35

コメント:
ところが殷と周の革命を記述した文献に「魔」が用いられている事例があるのです。それは西周初期の史料で「尚書」の
逸篇とされる「逸周書」の中の「世俘解」という、周の武王の革命征服戦争における捕虜の処分についての文書において、
「魔億十萬七千七百七十有九を馘(くびき)る」という句が見られます。しかし清の盧文弨はここの「魔」は誤写であり
「レキ(フォントがありません、厂の中に秝、下に石)」が本来のテキストの正文であったとしています。つまり当初の
「レキ」が禾に从がうか木に从がうかの別で「磨」と酷似していて、「磨」と誤写されたテキストが流通するうちに、
「磨」を「魔」と改写する例が普及するようになり、悪虐の紂王の兵士だから魔と書いたんだろうと解釈された結果、
周の武王が魔軍を処刑というありえない記述が成立してしまったというわけです。「レキ」については支那古代史学の
疑古派の開祖の顧頡剛は奴隷を指すものと考証しており、白川静さんは「レキ」は軍門を意味するものでありどうたら
こうたらと主張しています。なお盧文弨は下文の「億十萬七千七百七十有九」の「十萬」は衍字であって元来は本文に
存在しなかったと主張しています。というのは当時は数値の桁上がりは専ら単純な十進法であって十百千萬億と数え、
億=十萬というシステムだから「億十萬」ではダブった唱え方になるというのです。
さてこの「世俘解」の魔兵を億人余も斬首したというガセな記述が独り歩きするようになった影響で、後世ある小説が
作られてしまいました。現代の日本でも持て囃されるようになり未菜実さんまで虜にしてしまった神怪小説―といえば
お分かりになったでしょうか? そうです、「封神演義」一名「封神榜」ですね。截教に属する戦士たちは正に魔軍の
将兵に相当するということになります。

さっか あやめ - 04/03/24 16:39:15

コメント:
「魔」という漢字について言っておかなければならないのは、昔から用いられていたわけではないことです。
支那には古来から鬼神や怪物は存在していましたが、佛典に出てくる上述のような深刻なデーモンが語られることはなく、
従ってマーラに適切に翻訳できる文字もありませんでした。そこで已むなく意義は異なるが音価の近い「磨」という
文字で対応することとしたもののようです。明の張自烈の「正字通」には「譯經論」という書物を引用して、「魔は
古くは石に从(した)がひ磨に作る、・・・梁の武帝は改めて魔と爲す」と説いています。武帝は達磨大師と問答したと
伝えられている佛教フリークの天子です。梁の武帝が云々というのはともかくとして、「魔」や「魔羅」が現れるのは
確かに唐代以後の典籍のようで、それまでの経文は「磨羅」としていたものとされています。

さっか あやめ - 04/03/24 16:39:28

コメント:
このように佛教では「悪魔」は元来が観念の産物です。正覚に向かおうとする者に対し、常にこれを乱し妨げ壊そうと
付込んでくる全ての存在というわけです。魔障の具体的な様相としては、龍樹(ナーガルジュナ)の著述で後秦の
鳩摩羅什(クマーラジーヴァ)が漢訳した「大智度論」の「釋魔事品」に「魔に四種有り、煩惱魔、五眾魔、死魔、
天子魔なり」として解説しています。煩惱魔とはいわゆる百八煩惱で更に八萬四千の諸煩惱に分かれるそうです。
五眾魔というのはお経によっては五蘊魔とか陰魔とか呼ぶこともあります。色眾・受眾・想眾・行眾・識眾の五種で
要するに人間の認識や感情の働きに内在する魔障です。死魔は無常の因縁から人間の肉体的存在を断絶する魔障です。
天子魔というのは欲界の主として支配し、一切の聖賢の涅槃道法を憎嫉する根源的な魔障です。
上述の「覺知魔事」ではこの天子魔を鬼神魔と呼んでおり、前の3魔は世間普通の現象で自己の心から生れるもので、
心掛けによって除くことができるが、鬼神魔については特別の知識と修法によって対抗しなければならないとして、
その種類を精魅・堆剔鬼・風惱魔に分け、その出現の態様と除却の方法を解説しています。しかしその実相となると
物の怪であったり幻覚であったり気の迷いみたいな神経症だったりで、「釋魔事品」の所説より矮小化した印象です。
「涅槃經」ではこの四種魔を凡夫魔と規定しており、二乘(自己一身の証悟を指向する者)魔として無常・無我・無楽・無浄の
四魔を併せ、八魔を説いていますが、「華嚴經」では四種魔に業魔・心魔・失善根魔・三昧魔・善智識魔・不知菩提正法魔の
六魔を加え、十魔を説いています。

さっか あやめ - 04/03/24 16:37:21

コメント:
御主人様わたしの名をお呼びでしたね、悪魔でございます。たいへん御無沙汰をいたしておりました。
って、アクマで冗談ですけど久しぶりでカキコしますね。
漢字の「魔」はサンスクリット語の「マーラ」"mara"に対応した音写の「魔羅」に由来します。
「魔羅」の省略形が「魔」で漢訳佛典には頻繁に出てきます。
天台宗の開祖である隋の智擇蓮崗止觀」の「覺知魔事」の章で「梵音の魔羅は秦(支那)にては殺者を言ふ、
行人の功の財を奪ひ、行人の智慧の命を殺す、是の故に之を名づけて惡魔と爲す」
また法相宗の事実上の開祖である唐の窺基(慈恩大師)の「大乘法苑義林章」には「梵にては魔羅と云ひ、此にては
擾亂、障礙、破壞と云ふ、身心を擾亂し、善法を障礙し、勝事を破壞するが故に、魔羅と名づく、此にては略して魔と云ふ」
唐の慧琳の「一切經音義」には「魔羅は唐にては力を云ふ也、即はち他化自在天(第六天)中の魔王・波旬の異名也、
此の類の鬼神は大神力を有し、能く出世法を修する者と留難の事を爲す、名づけて魔羅と爲す」などとあります。
「魔」の字の日本での読み方としては平安時時代の辞書では、編者未詳の「類聚名義抄」に「オニ、ココメ、タマシヒ」
昌住の「新撰字鏡」には「ナヤマス、マジナフ、サハル」とあり、前者は日本の民俗を背景にした即物的な理解、
後者は佛典の釈義に対応した観念的な理解を示した訓と言えましょうか。

未菜実 - 04/03/22 16:37:31

コメント:
最近、書き込みがないですね。^^;
私は、最近は塩野七生の「ローマ人の物語」を読んでいます。
現在、既発行分の12冊の内10冊目に突入です。
読むだけでも疲れちゃうのに、書くのは大変ですね。

未菜実 - 04/02/15 23:13:16

コメント:
マッキントッシュはまったく知りません。^^;
Excelにはマニュアルに載ってない命令がいくつかありますけど。
ロータスからの移転を意識した救済用のもので、なぜかオープンにしていない。

田中 - 04/02/15 09:53:20

コメント:
まっこと申し訳ない。ありました。よりによってウインターエッグまで説明してありましたね。変だな、検索でチェックしたんですけど。では、+蛇足で・・・マッキンドッシュのOSの中にあるたくさんのイースターエック゜を知っていますか?開発者が、こっそり作った隠しコマンドです、あるキーを押しながら複数のキーを押すと何か始まったり、画面の模様の一つが反応したりです。お楽しみですよね。ウィンドウズにもあるかも。

未菜実 - 04/02/15 08:25:52

コメント:
「琥珀の間」、ナチスが持ち去さったものですね。発見されたの?
再現された「琥珀の間」はテレビ番組で見ました。
綺麗そうなんだけど、テレビではあまりよくわかりませんでした。
機会があれば一度見てみたいものですね。(^_-)

未菜実 - 04/02/15 08:12:26

コメント:
「Vol.182 卵」に一応書いたつもりなんだけど・・・。^^;

今日は日曜なのに出張です。今から富士山の麓まで・・・。(^_^) 

田中 - 04/02/14 23:30:54

コメント:
未菜実さん こんばんわ 一応、未菜実さんのページを探しましたが、なかったので話題を提供しましょう。わたしからのプレゼントです。「世界一高価な卵」・・インペリアル・イースターエッグをご存じでしょうか?もちろん、キリスト教の復活祭の卵は、知っていますでしょう。しかし、ロシアの近世にある宝飾家が、技術の粋を集めて宝石やカラクリしかけをもつ「飾り物の卵」を制作して国王に献上したのです。多数の作があり全世界でその卵を欲しがる収集家のあこがれの的だそうです。最も高価なのは、「ウィンターエッグ」ここにありますよ。http://www6.shizuokanet.ne.jp/kishimh/EGGworld/romanov/romanov8.htm 古いロシアのこの手の話に私は、とても興味があります。この前は、「琥珀の間」が発見されたということも知っているでしょう。

未菜実 - 04/02/14 11:18:50

コメント:
ちょっと調べてみましたが、
血液の凝固は血小板が出血部位に貼り付き、血小板どうしが塊を作るようです。
更に、血液の凝固には多くの凝固因子も絡んでおり、簡単なお話ではないようですね。


田中 - 04/02/13 20:03:04

コメント:
「血液」読みました。O型は、0型・・・へーーです。トリビアに使いたい。覚えました。いろいろ高校で習いましたが、なぜ血管の中で固まらないで、血管から破れて出たとき固まるか。というしくみ・・なんだか先生がうやむやにして授業を終わらせたのですが、なんでしたっけ。衝撃で、血小板が壊れて何かかが出て・・とあったようですが、血管内でも衝撃はあるのでは?・・・血小板は壊れて固まるのではと追求した覚えがあります。

未菜実 - 04/02/12 09:07:24

コメント:
毛皮や皮革の手入れは、素人だと失敗します。
毛皮専門のクリーニング店などに相談した方が良いですよ。

白熊 - 04/02/11 18:42:42
電子メールアドレス:kamadamt@soleil.ocn.ne.jp

コメント:
お尻につけるキツネの毛皮をもらいました。山登りで使っているので汗だらけになります。お水で洗ったら皮の裏側がバリバリになり、縮んでしまいました。元に戻す方法を知っていたら教えて下さい。宜しくお願い致します。  ミンクオイルを付けてみましたが、バリバリは直らず 縮んだままです。 誰か助けて下さい。

田中 - 04/02/06 19:35:58

コメント:
未菜実さんこんばんわ、すぐ調べましたね。宇宙樹・・なんか、すばらしい響きです。わたくし、外国の知られざる「秘密めいた言葉」に強く引かれます。その最初は、中学くらいで映画の題名をみたときです。「ジャガーノート」・・というものアクションで爆弾処理の内容ですが、ジャガーのノートではないのです。この言葉は英語ですが、インドの伝説に基づいているとのこと。英和辞典てみてハッとした次第です。相変わらず正方形問題に没頭しているようで、お体を大切にね、

未菜実 - 04/02/05 22:23:06

コメント:
北欧神話ですね。手元の資料だとトマス・ブルフィンチの「ギリシャ・ローマ神話」におまけ的に北欧神話が出てきます。
もちろんユッグドラシルも。
北欧神話は神話としてはメインではないので。(^_-)
とはいっても、Wednesdayは北欧神話の最高神オーディン(参照Vol.074 曜日)ですし、Tuesday、Thursday、Fridayも彼の家族ですが。^^;


田中 - 04/02/05 21:46:42

コメント:
このごろ私しか書いていないので、ちょっと恥ずかしい。「宇宙」読みました。・・・ふむふむ、普通だな。さすがの未菜実さんもあれは、知らないのね。やったー 勝ったー。あれとは・・・・「イグドラジル」・・または「イグドラジルの木」

未菜実 - 04/02/05 08:52:09

コメント:
今日のメルマガで天文掲示板を紹介したのですが、今メンテ中で繫がりませんね、ごめんなさい。
下のほうから行って下さい。
→ http://uratenchi.hp.infoseek.co.jp/tennmonn_k/

未菜実 - 04/02/02 11:53:45

コメント:
掲示板の12/12以前の分、過去の掲示板の方に移しました。
少しはこれで軽くなりますね。^^;

未菜実 - 04/01/23 11:47:17

コメント:
訂正です。 オリンポスの標高は高さ7800フィート→78,000フィートが正解です。メートル表記はあっています。^^;

未菜実 - 04/01/23 10:44:18

コメント:
>あなたは、いったい何者。
さあ? (^_-)
例えば「山」から発想出来るものはそれほど難しくないんです。
でも、当たり前すぎて面白みに欠けます。
それより、そんなことが「山」に関係するんだと、思われる内容の方が面白いんです。
でも、これはを探すのは大変です。
そういうのを、見つけるのが楽しいのかしら? (^_^)

田中 - 04/01/23 02:49:19

コメント:
なんと・・・、あなたは、いったい何者。すべてをおみとーしだ。あの「トリック」の仲間さん演じる女手品師のよーだ。わたし、トリックが深夜にひそかにやっていたころファンでした。でも、未菜実さんの雑学メールには、「蛇足」は載らないんですね。ほとほと感心しました。あなたは、きっと占い師をやったら儲かるのでは。

未菜実 - 04/01/22 22:53:52

コメント:
「山をかける」は蛇足を見てね。^^;

田中 - 04/01/22 20:27:30

コメント:
「山」読みました。おもしろいです。ブルーマウンテンそう、気になっていました。それなら、「安山岩の由来は、・・・」と書こうして、・・・未菜実さんだから・・・やっぱり 雑学ページの石に載っていました。アンデス山脈この山なんですね。では、質問 「テストの ヤマをはる。ヤマをかける」って ヤマは何なのですか? あと、火星のオリンポス山の高さとか、わくわくします。

未菜実 - 04/01/14 14:47:05

コメント:
お肉の安いのは考え物です。
ハンバーガーの肉はコストの安い肉を求め、アマゾンの熱帯雨林を切り開いて牧場を広げています。
ハンバーガー1個で5平方メートルと言う試算もあったと思います。
牛丼が熱帯雨林を破壊していなければいいのですが・・・。

田中 - 04/01/13 21:48:48

コメント:
はいはい、同感です。私、以前、安い吉野家の牛丼ファンで、隠れファンかと思っていたら、もう、これは、お父さんや学生たちの命綱で、メジャーな食べ物であるのを知りました。マイノリティーではなかったのです。「つゆだく、ねぎ多く」とか通の人は、一言注文をつけるそうで、感動しました。また以前は、牛肉ってお高い肉だったのてはないでしょうか。それが、300円以下のどんぶりというのは、不思議でした。日本で問題になったとき、アメリカのあの大ざっぱな畜産で、問題おきていないのかなーと思っていましたが、案の定きましたね。肉って、動物体だから生育を急いだりするとDNAが傷ついて異常タンパクが発生するんじゃないでしょうかね。あるすごい可能性・・あの高級松阪牛だってあぶないとしたら・・・。ないことはない。市場大暴落ですね・

未菜実 - 04/01/13 18:45:34

コメント:
BSEで牛丼屋さんは大変ですね。
ところで、私は牛タンが大好きなのですが、仙台の牛は二枚舌で、うそつきなのだと思っていました。
でないと、あんなに沢山あるわけないですよね。(^_-)
ところが、牛タンは75%がアメリカからの輸入だそうで、牛丼と同じように、牛タンが食べられなくなるかも知れないそうです。


未菜実 - 04/01/13 16:50:01

コメント:
覆面算に関しては下のページにデータベースが。
→http://bach.istc.kobe-u.ac.jp/llp/cryptstat.html 新しいものを発見するのは大変そう。(^_-)

田中 - 04/01/13 16:25:25

コメント:
なるほど。SEND+MORE=MONEYは、どこかの郵便局の職員が考えついたとか、でも、今後は、その登録制度をやれば良いと思いませんか?コンピュータ時代ですから、いとも簡単でしょう。ヨッシーの部屋で、かなり取り組んでいるみたいに見えます。でも、管理人さん大変ですよね。国でやる特許申請料5万とか、取るから、だめですよね。わたしのいつまでも忘れられない数学証明は、オイラーの多面体の辺と面と頂点の関係式です。数学の神髄を中学生の時初めて見た思いがしました。

未菜実 - 04/01/13 09:25:45

コメント:
数理パズルの著作権はどうも存在しないようです。
ただし、付帯する図などには存在します。例えば、迷路の問題など。
もう一つ、パズル自体には存在しないのですが、具体的な個々の問題には存在するのかも知れません。
例えば、虫食い算自体には存在しないのでしょうが、個々の問題はどうなのでしょう?
現実は、多くの問題が歴史的に古いものが多いことや、新しくても、発案者がはっきりしないもの。また、孫引きが多くて、一つ一つその起源を調べることが難しいなど、いろいろ難しい点があります。

私個人の考えとしては、インターネットなど無料で提供しているものには、著作権がなくていいような気がします。
と言うのは、特許のもともとの考え方は、個人の権利を認めると同時に、他の人が同じことを考えるのを防ぐことにより、無駄な時間を減らし、技術の進歩に寄与させると言う意味合いがあるように、パズルの場合もオープンにしてパズルの発展や普及を図るのが良いように思うんです。
一方、有料で提供するものは、はっきり起源のわかっているものにはそれなりの対処が必要でしょうね。

田中 - 04/01/12 12:08:27

コメント:
えーー、中村さんが先輩とは・・・? はて、どんな会社なんだろう?まっ それはいいか。だから あんなにすごいレベルなんでしょうね。数学の部屋の常連のY.M.Ojisanのサイトみたら、未菜実さんの問題 解いていましたよ。ところで、数理パズルの著作権ってあるのでしょうか。たしかブルーバックスで、ある数理パズルの問題集を発刊したとき確かに難問揃いで評価が高かったけれど、その著者はサイトや参考書にあった問題を無断で集めてまとめただけ。いわば、編集者ですよね。売れた印税は、ちゃんとその問題を発案した人に払ったのでしょうか。秋山仁さんもおもしろい問題をだすので好きですが、数学イベントのときに使った道具とかは、多くの先生や教授のパクリだったとか。日本ってこれだからだらしがないと思います。知識や知性に対して尊重する姿勢が薄いです。

未菜実 - 04/01/11 23:25:33

コメント:
中村さんは、私が以前いた会社の大先輩筋にあたります。
その影響なのか、数理パズルの権威が結構いらっしゃったりしました。(^_-)

田中 - 04/01/11 21:30:45

コメント:
すばらしいです。数理パズルの歴史に未菜実さんは載るのでは? 中村義作さんのように。一度、数学セミナーに投稿しては? ・・わたくし、実は何度か掲載されています。本名と内容は秘密。もしかして、未菜実さんも何かを書いていたりして。今年も1つか2つ載せたいので、ネタを温めています。そのうち、未菜実さんの著作ががどんなにすごいかを、わたくし、あちらこちらに吹聴しておきますので。

未菜実 - 04/01/11 14:13:43

コメント:
パソコンでは21,22あたりが限界でした。
今日は63の場合の解答を見つけました。(^_^)

田中 - 04/01/11 11:31:45

コメント:
未菜実さん こんにちわ みつけました。別の掲示板をみたら、未菜実さんたちは、正方形分割の問題に没頭していたのですね。わたしも、この問題は知っていますが、コンピュータで、プログラムを作ってみようとしたのですが、難しくてあきらめました。逆に、中心の方から埋めていって、全体が正方形になるようにしてみようと思ってやってみましたがまだできていません。これは、古くからある難問の1つでしょう。

未菜実 - 04/01/08 09:16:50

コメント:
>田中さん
今回の火星の写真は解像度もよくてすばらしいですね。
火星人の存在と同時にタイムマシンの存在もだめですね。
タイムマシンができたら、きっといたずら者が、火星探査機のカメラの前でピースサインをして写っていると思うから。(^_-)

中国も火星探査計画を発表したようですし、日本がんばれ!!

未菜実 - 04/01/08 07:27:04
電子メールアドレス:訂正です。

コメント:
Vol.209で安政年間(1864-1860)→安政年間(1854-1860) の間違い。
Vol.211でパルミジャーノ・レッジャーノ(伊)、パルメザンチーズ(伊)は同じもので重複していました。 m(__)m


田中 - 04/01/06 18:26:48

コメント:
火星・・・魅力ある惑星です。スピリットは、着陸成功です。その映像、「空が、まずまず明るい」・・大気のある証拠だ。バイキングのときは、「空が青くて」 色調整がうまくいかないとか言い訳していたが、ある人は、地球で撮った風景だとか、火星には酸素があるとか、いろいろ言っていました。 火星には、薄い大気があるし、砂ぼこりもあるから、光が散乱しているのですよね。しかし、あの風景、ぞくぞくします。ゴミもばい菌も、コーラの缶、アリンコ一匹もいない、完全に無垢の星ってどんなでしょうね。処女地、その名にふさわしい・

未菜実 - 04/01/04 21:14:15

コメント:
NASAの火星探査機が着陸に成功したとニュースで言っていました。
これで火星の研究がもっと進みますね。
今回の火星探査競争に日本の衛星が失敗して入れなかったのは残念です。

未菜実 - 04/01/04 21:11:47

コメント:
>田中さん おめでとうございます。 今年もよろしく!

日本にいると日本の技術の話が耳に入りやすいので、結構頑張っていると思ってしまいますが、欧米の技術は決して侮れるものではありません。
日本の場合、技術者が頑張っても、その評価がうまくできないという弱点があります。
ノーベル賞をもらった後になって日本の賞をもらうのなんて、評価ができていない証拠です。
日本の技術成果の無視できない数のものが、いわゆる「闇研」の研究結果だというのも、その一つです。
斬新なアイデアは外国で発表した方が、国内で発表するより反応が正しく得られるなんて言うのはざらです。
若者の技術離れ、豊かな社会に育ったためのひ弱さ、今後はもっと心配です。

田中 - 04/01/04 12:26:34

コメント:
未菜実さん こんにちは。新年おめでとうございます。ことしもよろしく。 家では、のんびりとテレビをみています。先ほど NHKのデジタル技術の番組をみていました。つまらない番組の中 真実ほどすごいものはないと思わずにいられませんでした。CGの新技術の開発についてです。最新のCGの展示会のシーグラフ2003の様子も紹介されていました。「イメージ・ベースト」という技術で、風景や人物写真からCGのモデルを作成してしまうものです。これまで、手作りのような作業が、あっという間にできてしまうのです。これを見るに、やはり、欧米の研究者や芸術家、技術者でさえ、「神」を意識しているのだなと思います。ちゃちなものではなく 神をに近づくかのように研究や技術を進めているのだと思います。とにかく感動しました。デューラーの銅板画を見たことがありますか?その緻密さ、見る者を圧倒します。マトリックスのCGもこのイメージ・ベーストの技術がふんだんに使われてるとのことです。いまいちど私「日本の精密技術びいき」でしたが、欧米のあの「狂気に近いしつこさ、執念深さ、悪魔のようなもの凄さ」を見直したいです。ただし、それに手を染めるときは「悪のに魂を渡す」というファウスト博士のような決意が必要かも。新年早々、濃すぎる話題で失礼しました。

未菜実 - 04/01/01 04:36:26

コメント:
あけまして、おめでとうございます。(^_^)


今回の衛星の失敗のいくらかは太陽活動が活発だったことに影響されているのかもしれませんね。
ただ、日本の度重なる失敗の根は深いところにあるような気がしてなりません。
がんばって欲しいですね。

田中 - 03/12/31 18:09:58

コメント:
未菜実さん こんばんわ 大晦日ですね。ものすごーく 久しぶりに 天文の部屋に行ってきましたら、いろいろあったんですねー。南極の日食くらいしか注意していませんでした。 「米航空宇宙局(NASA)の探査機マーズ・オデッセイは、ビーグル2が発信する信号を確認できなかった。ビーグル2、探査絶望的 電波望遠鏡でも信号確認できず」という、知らせ。火星ですよねー。以前 成功していましたよね。バイキングとか、バルーンで、バウンドして着陸したのとか。はて、それより 何年もたってますますコンピュータも性能が上がっているのになんで失敗するんですか?すごーく 疑問です。まさか・・・以前のあの成功の映像は、スタジオで撮した・うそでは。それは、・・映画 カプリコン ワンのシーンですね。しかし、本当に疑問だし、残念です。第2のアースにならんとしている惑星の探査に苦労しているとは。

未菜実 - 03/12/28 20:28:31

コメント:
石はいいですね。宝石はもっといいけど。^^;
実家に学生時代に集めたいろいろな石を置いていたけど、どうなったかしら?
宝石で一番すきなのは、誕生石のルビー、真紅の輝きがなんともいえず好きです。

田中 - 03/12/28 19:38:05

コメント:
未菜実さん こんばんわ、もう年の瀬ですね。私は、仕事も終わって、くつろぎモードです。テレビも年末モードの特番ばかりですねー。そこそこ面白いですけど。ラーメン特番はまいったなー、いい歳した名だたる俳優さんが、駆り出されてラーメン食ってコメントをねー、ギャラのためとはいえつらくないかなー。うまい物食うからいいか。それはそうと、見るだけで胸がスーッとする美しいもののHP見つけました。宝石ページです。これのブルートパーズのカタログをご覧下さい。嫌なことを忘れるような感動の輝きです。むー、石は神秘だ。http://www.rakuten.ne.jp/gold/jewelclimb/up_index.html 全ページはここ。 http://www.rakuten.co.jp/jewelclimb/

未菜実 - 03/12/25 23:39:06

コメント:
>田中さん          ・
  メリークリスマス。私は今年も♪一人きりの・・・♪でした。^^;
私は一神教は好きではありません。多神教が好きです。
他人の神様も受け入れる余裕がいいですね。最近はローマ時代に凝っています。
もっとも、個人的には無神論者ですが。
お勉強? 最近していない。(^_-)

田中 - 03/12/25 21:50:14

コメント:
未菜実さん メリークリスマス! わたし、とくに信心深くないのですが、クリスマスは、好きです。教会にも幼い頃行っていました。名作のクリスマスキャロルは何度も読みましたよ。今ちまたのクリスマス、贅沢と傲慢なおかつ恋愛ごっこの背景になってますよね。なんだか気が滅入るほど愚かに見えて仕方ありません。この日が、あの砂漠の荒れ地で絶え間ない飢えと迫害の土地での救い主の生まれた日を祝うものであることを全く知らない人々のふるまいか。・・でも私もスーパーでチキンは買います。未菜実さんも勉強しすぎないで、ワインでものみましょう。未菜実さんにも健康と幸せがありますように。

未菜実 - 03/12/24 08:59:11

コメント:
楠田枝里子さんの本は一冊「不思議の国のエリコ」と言う科学エッセイのような本を持っています。
それによると、東京理科大理学部卒ですね。
いま、子供の理科離れが進んでいますが、テレビでの科学番組はほとんど見当たらない状態だし、彼女のような人がもっと科学知識の普及に尽力してくれるといいのだけど・・・。^^;

田中 - 03/12/23 22:39:47

コメント:
ありがとうございました。ぴったりです。すごいです。わたしもいろいろ検索しましたが、ありませんでしたので。感謝申し上げます。しっかりそのページをセーブしておきました。話は変わって、未菜実さんは、楠田絵里子さん知っていますか? 世界丸見えテレビ特捜部の司会。絵里子は違う字かも。私ファンです。以前はアナウンサーでしたが、あの美貌ですから映画に出たり、今はタレント。でも、その内面は理科系の知識豊富なサイエンスレディーです。それだから、先の番組でも科学話題の紹介が多いのでしょう。アンデスの地上絵の取材本も書いていました。宇宙についても詳しいらしく、たぶんまだ独身。硬派だと思います。

未菜実 - 03/12/23 12:48:33

コメント:
オペラの件、次のページにのっていますね。^^;
→http://www.cdjournal.com/main/research/research.php?rno=787

未菜実 - 03/12/22 18:32:31

コメント:
あまり元気がありません。^^;
二日ほどお家を開けていたので、今からぬかどこをかき混ぜないと・・・。
すっぱくなるのは漬け過ぎかしら? 先日作った白菜漬けはずいぶんすっぱくなっちゃった。
トリビアの泉は、ビデオにとって肝心なところだけ早送り(音声付)で5〜10分で見ています。だから、エンディングは多分聞いてない。もっとも、聞いていても曲名はわからないかも。(^_-)


田中 - 03/12/21 22:00:17

コメント:
未菜実さん こんにちは、お元気ですか。当方、このごろ漬け物作りに挑戦。でも、難しいです。すぐ酸っぱくなってしまいます。さて、質問。相変わらず、トリビアの泉面白いです。毎回ビデオ取りして、知識を貯めています。トリビアの泉のエンディングの時に流れるオペラの歌曲がありますでしょ、なんかあちらこちらで耳にするのですが、曲名はご存じでしょうか。

未菜実 - 03/12/17 15:39:56

コメント:
見ました。^^;
民放の科学番組はほとんど信用していません。
出る出ると言って絶対でない、埋蔵金とか・・・。
絶対見つからないUMAだとか。
私は、暇つぶしにしか考えていません。(^_-)

田中 - 03/12/16 21:36:14

コメント:
未菜実さん、このまえのリサーチ2000見ましたか?「スカイフィシュ」という化け物の正体の種明かし。私、マジコレという番組でみたとき、はて?みんな何で騒いでいるのだろう?と疑問に思いました。細長くて羽がベールのようで目にもとまらぬ速さで我々のそばを飛び回っている謎の生物。私はすぐにビデオカメラのシャッター時間に飛んでいる虫がブレたんでしょー。きっとハエかカナブンとかでしょー。とテレビ局に投書しました。でも無視されました。それをこの前リサーチ2000で、実験してあかしてしまいました。テレビ局わすれましたが、恥ですねー。スカイフィシュでもーすこし番組引っ張ろうと思っていたのでは。

未菜実 - 03/12/12 22:24:24

コメント:
ニュートンの2002.10月号62〜71pにも、同様の記事が載っていました。
有力な説が二つあって、一つはマイクロフレアと言われる小規模な爆発現象が太陽表面で無数に起きていて、小さなフレアの積み重なりがコロナを加熱していると言う説と
もう一つは、コロナループが振動してコロナを過熱するという説です。
最近、いろいろ研究されているので、その内、明らかになるのでしょう。

未菜実 - 03/12/12 21:55:46

コメント:
コロナの問題は不思議ですよね。
手元の資料では、日経サイエンスの2001.9月号80〜89pに「太陽のパラドックス コロナは表面よりなぜ熱い」と言う記事が載っています。
一言で言うと、よくわかってないいらしい。有力な説としては、どうも磁場が熱以外の形でコロナにエネルギーを渡しているのではないかと言うことです。


私のホームページへ | Bookendのページへ | メイン | 今すぐ登録